カテゴリ:トンボ見て歩記( 239 )

今日も渓流へ

  2019年5月12日(日)晴れ

 今日は、静岡のトンボ友Fさんと渓流に入りました。
 Fさんは、昨年、八重山を案内してくれた人です。
 自宅から90Kmの道を来てくれました。

 

 ポイント①

a0122264_17335037.jpg
a0122264_17123181.jpg
a0122264_17114793.jpg
a0122264_17034603.jpg
a0122264_17035959.jpg
↑ 車からすぐの所で見つけたクロサナエと思える羽化個体です。

a0122264_17132988.jpg
a0122264_17134417.jpg
↑ 定位しようとしているヤゴがいました。
a0122264_17142454.jpg
a0122264_17192403.jpg
↑ 他を見て、戻ると、右の方に移動してましたが、
5分ほど経って戻ると、???消えてました。
観察してれば良かったですが、タラレバでした。

a0122264_17063751.jpg
a0122264_17064556.jpg
a0122264_17223361.jpg
↑ 羽化殻もいくつかありました。


  ポイント②

a0122264_17340447.jpg
a0122264_17231594.jpg
↑ ヒメクロサナエの羽化殻です。

a0122264_17242406.jpg
a0122264_17252444.jpg
a0122264_17271130.jpg
a0122264_17244715.jpg
↑ 羽化中のヒメクロサナエです。

a0122264_17353737.jpg
↑ ムカシトンボの深雌飛翔です。

♀は、3度見たのですが、コケなどでほんの少し産卵をしただけで、
上流に行ってしまいました。


数は、少なかったですが、目的のトンボが観れて良かったと話すFさんでした。









by tombo-crazy | 2019-05-12 21:41 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

みなさんと渓流へ

  2019年5月11日(土)晴れ

 トンボ狂会のみなさんと、渓流のトンボ見に行って来ました。
現地へは10時頃着。いつもの駐車スペースの手前に見覚えのある車。
支度をして近くの渓流に入ると、Kくん。上流にはtomboさん。
と言うことで、トンボ狂会メンバー6名でのトンボ見となりました。
心がけの良い人がいたようで、たくさんの羽化個体を見ることが出来、
識別は今一でしたが、楽しい1日になりました。



 その① 駐車地に近い渓流です。

a0122264_16505821.jpg
a0122264_11575052.jpg
a0122264_11580704.jpg
a0122264_11483394.jpg
a0122264_11490842.jpg
a0122264_11492704.jpg
a0122264_11494592.jpg
a0122264_11500065.jpg
a0122264_11543618.jpg
a0122264_11545034.jpg
a0122264_11542549.jpg
a0122264_11541578.jpg
a0122264_11535853.jpg
a0122264_11534755.jpg
a0122264_11532741.jpg
a0122264_11531187.jpg
a0122264_11525787.jpg
a0122264_11501506.jpg
↑ クロサナエやダビドサナエと思われますが・・・。


その② 1Kmほど上流です。
a0122264_11563732.jpg
a0122264_11553343.jpg
↑ 支流の観察ポイントのひとつです。
a0122264_16510952.jpg
↑ ヒメクロサナエを求め、更に沢を詰めます。
a0122264_11503496.jpg
a0122264_11504724.jpg
a0122264_11551365.jpg
a0122264_11514381.jpg
↑ ヒメクロサナエのようです。
a0122264_11520516.jpg
a0122264_11521535.jpg
a0122264_11522514.jpg
↑ ムカシトンボの産卵です。
a0122264_11554446.jpg
↑ ムカシトンボの産卵痕です。

a0122264_11550168.jpg
↑ サワガニもいました。
a0122264_11524168.jpg
↑ エンコウカエデでしょうか、若葉がきれいでした。









by tombo-crazy | 2019-05-11 22:12 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ムカシトンボが産卵してました。

  2019年5月10日(金)晴れ 気温19℃(12:30)

 サナエ類の羽化状況確認で、渓流へ行って来ました。
途中立ち寄ったA川では、羽化中のヒメクロサナエらしい個体を2つ見つけましたが、
飛び立つところまで観ていては、目的としていた川の羽化が終ってしまうと考え、
10分ほどで、更に奥の、目的地にしていたT川へ移動しました。
が、T川では1時間半ほど探したのですが、羽化殻をひとつ見つけただけで、
サナエトンボも、ムカシトンボも姿がなく、空振りで、
昼飯を食べて帰ろうと思ったのですが、
A川の羽化が終ってない可能性があったので、再びA川へ行きましたが、
すでに飛び立った後でした。

 しかしです。早く戻って正解でした。
昼飯を食べていたら、目の前のオタカラコウで、ムカシトンボが産卵していたのです。
今シーズン初めてです。
私が入る前から産卵していたようで、ゆっくり観察出来ました。
a0122264_20205128.jpg
↑ サナエ類の羽化殻です。
a0122264_19195217.jpg
a0122264_19201981.jpg
↑ ヒメクロサナエらしい羽化個体2つ (A川にて9:45~10:03)
a0122264_20182757.jpg
a0122264_20184858.jpg
↑ 羽化個体の近くにいたサワガニ

a0122264_20260482.jpg
a0122264_20231873.jpg

a0122264_20261499.jpg
a0122264_20231873.jpg
a0122264_20225769.jpg
a0122264_20224220.jpg
↑ ムカシトンボの産卵です。(A川 13:05~13:28)
a0122264_20314190.jpg
↑ ムカシトンボの産卵環境です。
椅子に座って弁当を食べていたら、目の前のオタカラコウで産卵してました。
車にカメラを取りに行き、無事撮影。











by tombo-crazy | 2019-05-10 20:50 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

寄り道のトンボ見

  2019年5月7日(火)晴れ


 備中鍬が、修理可能か診てもらうため、下川口の鍛冶屋さんへ行って来ました。
「治るよ。」とのことで、近日中に残りの2本も持ち込むことになりました。

 下川口は、矢作川の右岸に寄り添う小さな集落ですが、
大半が愛知高原国定公園内にあり、縄文時代の遺跡もある、落ち着いた佇まいの所なので、
冬の間は山歩きで、春から秋にかけてはトンボ見と、
時間をとっては訪ねている所ですから、今回も、寄り道して来ました。


a0122264_12145323.jpg
↑ 加茂橋と下川口の集落です。(三角点月原から 2015.12.17)
加治屋さんは橋のたもとにありました。

a0122264_12281450.jpg
↑ 下川口の北西にある無名の山の尾根からは大好きな聖岳が見えます。( 2015.12.28)
と、言うことで、早速初日の出を見に、暗いうちから山へ登りました。

a0122264_12341398.jpg
↑ ヤブウツギで休むアサヒナカワトンボの♀です。
a0122264_12342548.jpg
↑ アサヒナカワトンボの♂です。
a0122264_12343915.jpg
↑ クロイトトンボの♂です。

a0122264_12345528.jpg
↑ クロスジギンヤンマの♂です。
a0122264_12353456.jpg
↑ シオヤトンボの♂です。
a0122264_12362988.jpg
↑ 虫を食べるタベサナエの♂です。



おまけ

植物も楽しめました。
a0122264_12372125.jpg
a0122264_12390463.jpg
↑ クサソテツです。 若芽は、コゴミと言われ、山菜として食べられます。
a0122264_12393090.jpg
↑ シロモジの若葉です。
a0122264_12400287.jpg
↑ タニウツギです。
a0122264_12401887.jpg
↑ ダンコウバイの若葉です。
a0122264_12404518.jpg
↑ ヤマツツジです。
a0122264_12500670.jpg
↑ クロミノニシゴリです。

a0122264_12504475.jpg
↑ カワセミもいました。


















by tombo-crazy | 2019-05-07 21:34 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

トンボを求めて

  2019年5月5日

 tomboさんと待ち合わせて、ヒメクロサナエの羽化の様子を見に行きました。


その① 待ち合わの町で

 待ち合わせの町に早く着いたので、A川や山裾で、トンボや植物を見ました。
a0122264_17444695.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂です。
a0122264_17470044.jpg
↑ アオサナエの羽化殻でしょうか?

a0122264_17504596.jpg
↑ ウマノアシガタです。
a0122264_17515528.jpg
↑ カキドオシです。
a0122264_17512324.jpg
↑ シャガです。
a0122264_17513280.jpg
↑ ホウチャクソウです。


その② 渓流

 トンボの姿はありませんでしたが、サンショウウオを捕まえることが出来ました。
a0122264_17572202.jpg
↑ ヒダサンショウウオ  (tomboさん撮影)

腹部を観察しようと、何度か、ひっくり返そうとしたのですが、
体をくねらせて、写真のような姿勢をとってしまうため、
結局諦めました。
いつまでも手の上に乗せていると良くないので、
1分ほどで、元いた辺りに放しました。


a0122264_18070426.jpg
↑ クマシデの果苞

a0122264_18071877.jpg
↑ キランソウ


 
その③ T湿地

 渓流が今一だったので、昼食後、T湿地を目指しました。

a0122264_18172959.jpg
a0122264_18173886.jpg
a0122264_18174806.jpg
↑ ムカシヤンマの羽化殻です。
ただ、今年は、時間が取れず、トンボは見ていません。

  ホソミイトトンボの水辺は、
 ① 畔が壊されていて水位が下がっていたことと、      
 ② サクラバハンノキが急成長して、日影を作っていたためか、
 ホソミイトトンボの姿は、全くありませんでした。
 例年、たくさん確認出来たトンボたちは、どこへ行ったのでしょうか?


 奥の小池に向かう道端で、思わぬ植物に出合いました。(↓)
a0122264_18242614.jpg
a0122264_18244262.jpg
↑ カザグルマです。


1時間ほど待つと、タベサナエが産卵に来てくれました。
ただ、ストロボを持って来なかったので、16:30頃、私は帰宅。
a0122264_18293314.jpg
↑ 産卵するタベサナエ

a0122264_18305757.jpg
↑ ホソミオツネントンボ ♂
a0122264_18312688.jpg
a0122264_18313292.jpg
a0122264_18314036.jpg
↑ 出始めたハッチョウトンボ

a0122264_18335485.jpg
↑ シオヤトンボ ♂

a0122264_18352901.jpg
↑ レンゲツツジが咲いてました。(持ち込みかな?)















by tombo-crazy | 2019-05-05 21:31 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

やっと見れたムカシトンボの羽化

 2019年5月3日(金)晴れ

 トンボ狂会の仲間と、ムカシトンボの羽化狙いで、某渓流に入りました。
今年は厳しく、3度目の挑戦です。
 1時間ほど探し、羽化殻を一つと、何者かに襲われたモモンガの死体と、シマヘビなどを見ただけで、
2度あることは3度あるで、空振りか?と思い始めていたとき、
上流側で、♀1発見。
うれしかったです。

a0122264_06374018.jpg
↑ ムカシトンボの羽化殻です。
見つけたのは、この1個だけでした。

a0122264_06375762.jpg
a0122264_06381811.jpg
a0122264_06380658.jpg
a0122264_06383965.jpg
a0122264_06384831.jpg
a0122264_06390662.jpg
a0122264_06391421.jpg
a0122264_06392495.jpg
↑ ムカシトンボの羽化です。
みなさんを呼びに行き、飛び立つまで、2時間ほど観察。


a0122264_06404209.jpg
a0122264_06405046.jpg
a0122264_06405807.jpg
↑ モモンガの死体です。
食べ方から、フクロウなどの猛禽類に襲われた可能性があります。
テンの可能性も否定出来ませんが…。


a0122264_06370674.jpg
↑ きれいなシマヘビでした。



花もきれいでした。

a0122264_07005729.jpg
↑ チャルメラソウです。
a0122264_07004567.jpg
↑ フデリンドウです。


おまけ

a0122264_06170082.jpg
カエル谷の小屋に掲げる絵を描きました。
絵筆を握るのは久々です。

カエル谷へ来る子どもや女性にも好かれる絵にしました。(ヤマアカガエル)
デフォルメはしてありますが、カエルは、下の方から見ると、絵のように栗の上に、突き出た眼が二つ並び、中々可愛いですよ。






by tombo-crazy | 2019-05-03 20:35 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ムカシトンボを探す

  2019年4月20日(土)うすぐもり

 トンボ狂会の友人たちとムカシトンボを探しに行きました。
 まだ暖かくなってないせいか、羽化は見つかりませんでした。
 ヤゴは2頭観ることが出来ました。

a0122264_20044272.jpg
a0122264_22095613.jpg
↑ 渓流
a0122264_22091672.jpg
a0122264_22090014.jpg
↑ ムカシトンボのヤゴ
a0122264_20031790.jpg
↑ シロモジ
a0122264_20040150.jpg
↑ オオカメノキ(ムシカリ)
a0122264_20034526.jpg
↑ フモトスミレ
a0122264_20021967.jpg
↑ シュンラン
a0122264_20041585.jpg
↑ ムラサキケマン
a0122264_22115973.jpg
↑ キブシ
a0122264_22111920.jpg
↑ コバノミツバツツジ




by tombo-crazy | 2019-04-20 22:03 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

タベサナエの羽化

 2019年4月5日(金) うすぐもり 気温18℃(11時)

 今年初めてのタベサナエの羽化です。例年より、1週間ほど遅れています。
a0122264_11274878.jpg
a0122264_11273593.jpg
a0122264_11272715.jpg
a0122264_11271293.jpg
a0122264_11280579.jpg
a0122264_11351808.jpg
a0122264_11353452.jpg
a0122264_11364084.jpg
a0122264_11372424.jpg


  花も見ることが出来ました。
a0122264_15425159.jpg
↑ シデコブシです。
a0122264_15433342.jpg
↑ ミツバツツジです。
a0122264_15430420.jpg
↑ シハイスミレです。
a0122264_15431714.jpg
↑ ハルリンドウ(左)とショウジョウバカマ(右)です。


 

by tombo-crazy | 2019-04-06 11:33 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

2日続けての遠征



 2018年10月18日 (木) うす曇り 気温21℃(10:10)

 昨日に続き、Iさんと県外へトンボ観に行って来ました。
距離的には、昨日と同じくらいですが、今度は岐阜県です。
現地には10時少し前に着きました。
 目的のマダラナニワトンボとキトンボは、各10頭ほど観れましたが、
マダラナニワトンボの産卵は観れませんでした。
a0122264_07450982.jpg

a0122264_07041254.jpg
a0122264_07044686.jpg
a0122264_07045409.jpg
↑ 10:40頃から池畔に現れたマダラナニワトンボの♂たちです。

11時半を過ぎると、連結ペアの姿も見えたのですが、池の中ほどを横切り、
どこかへ消えてしまいました。

a0122264_07211251.jpg
a0122264_07212318.jpg
a0122264_07213629.jpg
a0122264_07310478.jpg
↑ キトンボたちです。

ただ、この池のキトンボたちは、岸辺に向かって打水産卵をせず、
池の中央で打水産卵をしていて、撮影に苦労しました。
a0122264_07390231.jpg
a0122264_07404185.jpg
a0122264_07363322.jpg
a0122264_07365264.jpg
a0122264_07372482.jpg
↑ リスアカネの連結産卵です。

リスアカネたちは、日影の草の間で、場所を変えながら産卵することと、
あぶれ♂がちょっかいを掛けるので、
撮影は難しかったです。
a0122264_07353064.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_07352146.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。
a0122264_07442149.jpg
↑ アオイトトンボの交尾です。


今日のおまけは、美味しそうなガマズミの実です。(↓)
今も食べられますが、霜が降りてからだと、甘みが増します。
a0122264_07495047.jpg










by tombo-crazy | 2018-10-18 21:17 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

静岡県へ遠征

2018年10月17日 (水) 晴れ 気温23℃(10:15)

 1年ぶりに、Iさんと静岡県の海岸近くの水辺へ行って来ました。
現地には、9時半に着きました。11時頃、森町のFさんが見えました。春の八重山以来です。
 目的のスナアカネは10頭ほど観れましたが、産卵は空振りでした。
去年は、異常に多かったとのことです。
a0122264_21330217.jpg
a0122264_06461667.jpg
a0122264_06093145.jpg
a0122264_06095405.jpg
a0122264_06093793.jpg
a0122264_06092373.jpg
a0122264_06100171.jpg
↑ 11時頃から現れたスナアカネの♂たちです。10頭ほどいました。


他には以下のようなトンボがいました。
a0122264_06335209.jpg

a0122264_06340610.jpg
↑ コノシメトンボの連結産卵です。
a0122264_06354160.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_06372915.jpg
↑ マイコアカネの♂です。
a0122264_06364880.jpg

↑ ノシメトンボの♂です。
a0122264_06531578.jpg
↑ ムスジイトトンボの交尾です。
a0122264_06420404.jpg
↑ アジアイトトンボの♂です。
a0122264_06444750.jpg
↑ ギンヤンマの♀です。








by tombo-crazy | 2018-10-17 22:07 | トンボ見て歩記 | Comments(0)