<   2018年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小学校と共に

2018年5月29日 うすぐもり 気温25℃(10:30)

 今日は、五ヶ丘東小学校で「プールのヤゴ救出大作戦」があり、
カエルの分校も応援に行って来ました。
今年が、10年目です。

 五ヶ丘東小学校のある町は、かつて自然豊かな山々があった所に出来た町で、
失われた自然を少しでも甦らせ、子どもたちに伝えようと、ビオトープ活動をしていて、
なつかしい生きものたちを次の時代に引き継ごうと、自然再生の活動をしている
カエルの分校の理念に賛同頂き、一緒に歩んでいます。
 
a0122264_21334032.jpg
a0122264_21364947.jpg
a0122264_21355943.jpg
↑ ヤゴを捕まえ、大きさ別に層別る子どもたちです。
a0122264_21352564.jpg
↑ たくさんの羽化殻がありました。
a0122264_21380140.jpg
↑ ヤンマのヤゴです。 ギンヤンマのようです。
a0122264_21430937.jpg
↑ トンボ科のヤゴです。ヨツボシトンボでしょうか?
a0122264_21381955.jpg
↑ イトトンボ科のヤゴです。

打水産卵以外のヤゴもいるのは、下記のような産卵床を9月始めに設置しているからです。
ただ、イトトンボや、小さなヤゴは、大きなヤゴに食べられているようで、
プールのヤゴ救出作戦で捕まるヤゴの6割強はヤンマ科のヤゴです。
プールと言う、あまり隠れる所の少ない環境が、結果に影響しているようです。

a0122264_08030311.jpg
↑ トンボたちの産卵床です。
毎年、子どもたちが、校庭隅にある水辺の草を刈り、運んで来ます。
a0122264_09585285.jpg
↑ 年間計画などです。
a0122264_21351113.jpg
↑ プールサイドに、羽化が上手く行かなかったギンヤンマが留まっていました。



下の写真は、昨日のビオトープの手入れの様子と、トンボなどです。
a0122264_21433487.jpg
a0122264_21434634.jpg
a0122264_21432678.jpg
a0122264_10021350.jpg
a0122264_10022956.jpg
↑ 今年からビオトープの草刈りや水の管理をする4年生です。
5月23日の総合的な学習の時間で、
五ヶ丘の昔の自然や、ビオトープのこと、野性の生きものとペットの違い、トンボのことなどを学習しました。
五ヶ丘東小学校は、ビオトープとの接し方が学年別にカリキュラム化しています。

a0122264_21445653.jpg
a0122264_21450896.jpg
↑ 五東小ビオトープの特徴は、
校庭の隅に創った水辺だけでなく、
隣の見晴らしの丘や、プール、学校敷地内の草原、樹木など
野性の生きものがいる全てをビオトープ「五東の里」として
維持管理し、観察していることです。
a0122264_21441467.jpg
a0122264_21442893.jpg
↑ トンボは翅があるので、多様な環境を創りだすことで、
いろんな種が来てくれ、世代交代をしています。
a0122264_21462337.jpg
a0122264_21463506.jpg
↑ そのような地道な活動が認められ、大臣表彰も受けることが出来ました。
今後は、地域を今以上に巻き込んで、トンボのいる五ヶ丘の町に出来たらと思います。










by tombo-crazy | 2018-05-29 21:47 | トンボを残すために | Comments(0)

草刈りをしました。

2018年5月21日 (月) 晴れ 気温20~23℃(9:30~15:40)

 今日はカエル谷の作業日でした。
3人で草刈りをしました。

 昼少し前に、ご婦人が二人、差し入れを持って来てくれ、
楽しくおしゃべりをしてから、
モートンイトトンボや、クロスジギンヤンマや、チョウなどを観て、
尾根にも上がって、楽しんで帰られました。
 一人の方は、来週大きな手術とのことでした。
無事終了し、再び元気になって、カエル谷へ来れることを願っています。

 午後2時半頃、小学生の女の子が遊びに来ました。

 タベサナエの産卵があるかと待っていたのですが、
今日は、ありませんでした。
八重山に行っている間に終わってしまったのかな?
でも、モートンイトトンボ、モノサシトンボと、シーズン初のトンボが2種観れたので良かったです。
a0122264_21045228.jpg
a0122264_21052495.jpg
a0122264_21053912.jpg
a0122264_21055858.jpg
↑ みなさんです。
a0122264_21121289.jpg
a0122264_21122286.jpg
a0122264_21122931.jpg
↑ モートンイトトンボの♂です。
a0122264_21123954.jpg
a0122264_21125109.jpg
↑ モートンイトトンボの♀です。
a0122264_21145877.jpg
a0122264_21150893.jpg
↑ 羽化間もないモノサシトンボの♀です。
a0122264_21221089.jpg
↑ クロイトトンボの♂です。
a0122264_21240191.jpg
↑ シオヤトンボの♂です。
a0122264_21244446.jpg
↑ ヤマサナエの♂です。



  今日のおまけです。
a0122264_21260341.jpg
↑ 実を付け始めてたミヤマウグイスカグラ(スイカズラ科)です。
小さな実は、みずみずしくて、ほんのりとした甘味があります。
a0122264_21484311.jpg
↑ ヒメギスです。
a0122264_21502156.jpg
↑ 無人カメラに撮れていたニホンアナグマです。
他には、ニホンジカやニホンリスなどが写っていました。







by tombo-crazy | 2018-05-21 22:02 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

八重山遠征

2018年5月7日~12日 

 静岡のトンボ友Fさんに誘って頂き、八重山諸島の石垣島と西表島のトンボを観て来ました。
屋久島より西へ行ったことがありませんでしたから、私にとっては、ほとんどのトンボは初見です。
 一方のFさんは、4度目ですので、これまで観れてなかったトンボが目的ですから、
見て回るところは、Fさんにお任せでした。




1日目  宿から直線で4.5Kmほどの、バンナ岳( 標高230.1m )北西にある
    公園の人口池と、薄暗く水のほとんどない、人手の入ったせせらぎで、
    16時20分頃から2時間ほどトンボ観。
     石垣島に着いてすぐだったのと、暑かったこともあり、
    夜は爆睡でした。

    以下、確認順に。
    なお、写真は、後日、他のポイントで撮ったものも含まれます。



 (1) アオビタイトンボ
a0122264_21255086.jpg
a0122264_21271437.jpg
↑ アオビタイトンボの♂です。(公園の池で)
開放水面がないせいか、トンボの数は少なかったです。
a0122264_21275295.jpg
↑ アオビタイトンボの♂です。(翌日の水辺で)

2日目の水辺は、明るく、面積があり、近くには草原や、山もあり、
たくさんのトンボがいました。

繁殖時期(時間)に早いのか、
水辺にいたのは全て♂で、♀は見つけることが出来ませんでした。
アオビタイトンボは大分以来の再会です。




 (2) アカスジベッコウトンボ 初
a0122264_21325403.jpg
↑ アカスジベッコウトンボの♀です。
a0122264_21325839.jpg
↑ アカスジベッコウトンボの♂です。


アカスジベッコウトンボは、♂も♀も魅力的でした。

写真は、全て公園以外で撮ったもので、
公園では、一度だけ、上空を飛んでいるのを、チラッと見ただけでした。

なお、リュウキュウアカショウビンが、
池の上空を飛んで行くのを、二度、見ることが出来ました。




 (3) クロイワカワトンボ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_21410946.jpg
a0122264_11074054.jpg
↑ クロイワカワトンボの♂です。
a0122264_11075470.jpg
a0122264_21411735.jpg
↑ クロイワカワトンボの♀です。

薄暗い所にいて、探すのも、撮るのも苦労しました。




 (4) コナカハグロトンボ 初 沖縄県RDB(2005)絶滅のおそれのある地域個体群
a0122264_21462477.jpg
a0122264_21464789.jpg
a0122264_21470486.jpg
↑ コナカハグロトンボの♂です。
a0122264_21480331.jpg
a0122264_21481058.jpg
↑ コナカハグロトンボの♀です。

a0122264_22075270.jpg

↑ コナカハグロロトンボの交尾です。(西表島にて)

コナカハグロトンボは、生息数が多い感じで、
川から離れたとこでも目にしました。
アオイトトンボのように、翅を半開きにして止まっていたり、
閉じた状態で止まっていました。
どちらかと言うと、薄暗いところが好きなようです。




 (5) ヒメホソサナエ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_22035420.jpg
↑ ヒメホソサナエの♂です。
a0122264_22040326.jpg
a0122264_22041152.jpg
↑ ヒメホソサナエの♀です。

6日間で、2度見ただけでした。




 (6) リュウキュウベニイトトンボ 初
a0122264_21583121.jpg
a0122264_21562868.jpg
a0122264_21560660.jpg
a0122264_21555187.jpg
↑ リュウキュウベニイトトンボです。

本州のベニイトトンボと違い、眼が緑色でした。
環境の適応能力が高いようで、公園の池や、小さな水辺、田んぼにもいました。
特に、時期が合ったのか、午前中の田んぼには、連結や交尾態がたくさんいました。




 (7)  アカナガイトトンボ 初
a0122264_22080285.jpg
a0122264_22080925.jpg
↑ アカナガイトトンボの♂です。

上記、写真は、全て公園以外で撮ったもので、
公園では、流れ込んでる川?の薄暗い所で、チラッと見ただけでした。




 (8)  コシブトトンボ 初
a0122264_22105349.jpg
↑ コシブトトンボの♀です。
a0122264_22104809.jpg
↑ コシブトトンボの♂です。

500円硬貨ほどの大きさしかなく、ヒメトンボと間違えて観てました。
パソコンでアップして、コシブトトンボと判りました。


上記、写真は、全て公園以外で撮ったもので、
公園では、ハスの葉に止まっていた♂1頭をチラッと見ただけでした。
距離があったのと、池の構造から、トンボの観察には不向きな所でした。
a0122264_06353800.jpg
↑ 公園の池です。
桟橋で囲まれているため、全て見下ろす形になります。
ハスとスイレンが繁茂し過ぎていて、開放水面がないのは、
トンボにとっては、良い環境とは言えません。
実際、トンボは種類、数共に少なかったです。
利点としては、車から降りて、すぐ見れることくらいでしょうか。

人間本位の池づくりではなく、
トンボなど水生生物などのことも配慮した池づくりであったならと悔やまれます。

周囲をフェンスで囲み、良い子はここで遊ばない…
との看板がある所を、各地で、見かけますが、
池の改修時に、堤体側の法面の構造や部材を工夫して、
滑りにくく、這い上がりやすくしたり、
堤体側以外は、出来るだけ緩やかな駆け上がりにした上、
遊べるゾーンを設けるなど、利用区分をすることで、
仮に子どもが池に落ちたとしても、
這い上がりやすく、助けに入る方も安心です。
また、緩やかな駆け上がりを増やすことで、水生植物も生育でき、
生きものにとってもプラスになります。

子どもは、池があれば入りたいものです。
注意看板とフェンスで囲って子どもを近づけないようにするよりも、
池の造り方を工夫することで、子どもにも、生きものにも良い池になります。

そのような池は、まだ少数ですが、各地に出来つつあります。
ぜひ、ご検討願います。

a0122264_14143039.jpg
↑ 池の近くにあったギランイヌビワ(クワ科)と言う珍しい植物です。

果実のように見えるのは花で、イチジク状花序と言うそうです。
一般的な花と違い、枝先からではなく、
太い枝や、幹から、直接、花(実)が出ていました。
食べられるとのことでした。





2日目  昨夜のニュースで、八重山諸島は梅雨入り宣言とのこと。
    いつ降り出してもおかしくない雲行きでしたので、
    昨日の公園で、雨が降り出すまでの20分ほどトンボ観。
    6種のトンボが見れました。
     雨脚が強くなったので、開館時間前の昆虫館へ入れて頂き、
    館長の山田守さんから八重山の昆虫のレクチャーを受けて
    10時半まで楽しい時間を過ごしました。
     山田さんはチョウで、私たちはトンボですが、共通項はいっぱいです。
    橿原昆虫館と言う、私との接点もありました。
a0122264_09274274.jpg
↑ 世界の昆虫館です。
a0122264_09281101.jpg
↑ 沖縄県指定天然記念物のアサヒナキマダラセセリの標本と写真。
5月が成虫の見れる時期とのことでした。
   

 公園の池では、ヒメトンボとムスジイトトンボがいましたが、
離れていて写真は撮れませんでした。


 (9) ヒメトンボ 初
a0122264_22151326.jpg
↑ ヒメトンボの♂です。

尾部の黒色部を除けば、ナニワトンボにそっくりでした。
a0122264_22155033.jpg
a0122264_22155952.jpg
↑ ヒメトンボの♀です。

コシブトトンボとヒメトンボは、どちらも小さく、雰囲気が似ていて、
同じ生息地にいることが多く、
しっかり観ないと、間違えやすかったです。

 



 (10) ムスジイトトンボ
a0122264_22212473.jpg
a0122264_22215424.jpg
↑ 八重山にもいたムスジイトトンボです。どちらも♂です。


どちらも、初見は、公園の池でしたが、写真は、他のポイントで撮りました。



午後も雨の予報でしたので、昆虫館を出た後は観光に変更し、
於茂登トンネルを通り、石垣島の北を目指しました。

再び海が見える頃、雨も上がり、素晴らしい景色と、出会いがありました。

a0122264_10203043.jpg
↑ シロハラクイナです。 初
この後も、石垣島郊外のいろんな所で見ました。

a0122264_10220555.jpg
a0122264_10221479.jpg
↑ カンムリワシです。 初

これが木の枝や枯れ木だったらと悔やまれます。
こんな所にとまっているせいか、猛禽類特有の風格は感じられませんでした。

a0122264_10294724.jpg
↑ 平久保崎から浦崎へと続く海岸線です。

サンゴ礁の関係か、中部地方とは違った海の色でした。
a0122264_10300236.jpg
↑ 平久保崎灯台と大地灘(島)です。
a0122264_10302008.jpg
↑ 平久保崎の南西側の景色です。

平久保崎周辺は、車も人も少なく、離島の雰囲気を感じることが出来、
今回の石垣島で一番気に入りました。





3日目  午前は、石垣島最高峰の於茂登岳( おもとだけ 標高525.5m )の南西にある
    宿から直線で9Kmほどの、水辺群と田んぼで、2時間ほどトンボ観。    
     午後は、某林道?脇の親水公園と、登山道を横切る流れでトンボ観。
   

 (11)  アオモンイトトンボ
a0122264_08435389.jpg
↑  アオモンイトトンボの♀です。
a0122264_08434713.jpg
↑ アオモンイトトンボの♂です。

愛知周辺で見る アオモンイトトンボよりも、小さく感じました。

       (参考) アオモンイトトンボ♂の体長比較
           沖縄のトンボ図鑑では…32
           近畿のトンボ図鑑では…30~35


 (12) ウスバキトンボ
a0122264_09135870.jpg
↑ ウスバキトンボも少数ですが飛んでいました。
これらのトンボたちは、これから更に北上するのでしょうか?




 (13) オオシオカラトンボ
a0122264_09165927.jpg
↑ オオシオカラトンボの♂です。
a0122264_09170992.jpg
↑ オオシオカラトンボの♀です。

本州にいるオオシオカラトンボとは微妙に違うようで、
八重山諸島個体群として扱われているそうです。




(14) オキナワチョウトンボ 初
a0122264_09250780.jpg
a0122264_09270413.jpg
↑ オキナワチョウトンボの♂です。

初日と3日目にチラッと見ただけでしたが、
4日目に念願が叶い、たくさん見ることが出来ました。




(15) コフキショウジョウトンボ 初
a0122264_09312258.jpg
a0122264_09314246.jpg
↑ コフキショウジョウトンボの♂です。
a0122264_09313217.jpg
↑ コフキショウジョウトンボの交尾です。

池のような所にもいましたが、田んぼにもいました。



 (16) タイリクショウジョウトンボ 初
a0122264_09344602.jpg
a0122264_09343795.jpg
↑ タイリクショウジョウトンボの♂です。

私の眼には、愛知周辺にいるショウジョウトンボとの差異が判りませんでした。




 (17) ヒメハネビロトンボ 初   および その仲間
a0122264_10254193.jpg
a0122264_10271142.jpg
↑ ヒメハネビロトンボの♂です。
a0122264_10274486.jpg
↑ ヒメハネビロトンボの産卵です。

a0122264_10261147.jpg
↑ ハネビロトンボの仲間ですが、同定出来ません。

a0122264_19134111.jpg
↑ コモンヒメハネビロトンボです。(Fさん観察・撮影)


 (18) ハラボソトンボ  
a0122264_10305639.jpg
a0122264_10321035.jpg
a0122264_10314333.jpg
a0122264_10333065.jpg
↑ ハラボソトンボの交尾です。
a0122264_10322508.jpg
a0122264_10360259.jpg
↑ ハラボソトンボの産卵です。
a0122264_10365400.jpg
↑ 縦に並んで止まるハラボソトンボとアカスジベッコウトンボです。


上記のトンボたちを観た於茂登岳山麓西側の水辺群は、
石垣島滞在中、一番トンボを数多く観ることが出来ました。
    この日はチラッ見も含めると18種確認し、今後に期待が持てました。


お昼は、近くに店もなかったことから、県道を走り、奮発しました。
a0122264_11122512.jpg
a0122264_11063414.jpg
↑ 八重山の郷土料理の定食で、とても美味しかったです。


食事の後は、明日の下見で林道へ行き
途中、親水公園に立ち寄りトンボ観。
a0122264_20314283.jpg
↑ 林道?脇にあった親水公園。

アカスジベッコウトンボ、アカナガイトトンボ、コナカハグロトンボ、
ベニトンボ、ヒメキトンボ、ムスジイトトンボがいて、
楽しめました。




 (19) ヒメキトンボ 
a0122264_10442257.jpg
↑ ヒメキトンボの♂です。
a0122264_10442881.jpg
↑ ヒメキトンボの♀です。

魅力的なトンボでした。




 (20) ベニトンボ 初
a0122264_10493966.jpg
a0122264_10495981.jpg
↑ ベニトンボの♂です。
a0122264_10502587.jpg
a0122264_10500929.jpg
a0122264_10503733.jpg
↑ ベニトンボの♀です。

紫色の小さな花が、道端などにたくさん咲いていましたが、名前が判りません。
どなたか、知ってられたら、下記アドレス宛に、教えて頂けますか?
YMN1415@NIFTY.COM  (アルファベットは小文字にしてください。)




a0122264_10444484.jpg
↑ ヒメキトンボの♂とベニトンボの♂です。
どちらもきれいな色合いでした。



 (21) ホソミシオカラトンボ 初
a0122264_22153333.jpg
↑ ホソミシオカラトンボの♂です。

a0122264_10572810.jpg
↑ ホソミシオカラトンボの♀です。

ちょっと見ただけでは、愛知県などで観るシオカラトンボとの見分けが出来ませんでした。




(22) オオキイロトンボ 初
a0122264_11141529.jpg
a0122264_11152974.jpg

↑ オオキイロトンボの連結飛翔です。
最後の日に撮った写真です。




4日目  8時に宿を出て、某山の登山道沿いと、M川へ向かう林道とM川、
     於茂登岳西山麓の水辺群と田んぼ、バンダ公園の池の順で、トンボを観ました。


   目的地 その① 某登山道

     Fさんが、今回のトンボ観で観たかったトゲオトンボと、チビカワトンボを観るのが目的です。
      登山口に付くと、机と椅子があり、パトロールの方が見えました。
     アサヒナキマダラセセリの保護活動で、密猟者のパトロールとのこと。
     あいさつをして、私たちの目的を告げ、お話をしていると、
     石垣島のトンボ情報を教えてくださいました。
     どこかで、お見かけした感じだったので、お名前を伺うと、
     昨年、私の住む町で行われたトンボのシンポジウムに来てられた方で、
     日本トンボ学会会長の渡辺さんでした。 ご苦労様です。
     せっかくの機会なので、いろいろお話をお聞きしたかったのですが、
     Fさんは、目的のトンボに早く会いたかったらしく、林道を奥へと行ったので、
     後を追いました。



     林道と登山道を合わせ、1時間ほど歩き、
     小さな、渇水気味の沢に出合うたびに、トンボを探しましたが、
     見つかりませんでした。
a0122264_16560281.jpg
a0122264_16023030.jpg
↑ 標高280m付近です。
a0122264_16030051.jpg
↑ オモトの滝です。

     滝壺の隅で、Fさんが観たかったトンボを観ることが出来ましたが、
     薄暗いのと、足場が悪く、写真は今一でした。(下記2種)



(23) チビカワトンボ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_12190870.jpg
a0122264_12193800.jpg
a0122264_12220240.jpg
↑ チビカワトンボの♂です。



(24) トゲオトンボ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_12242283.jpg
a0122264_12245345.jpg
↑ トゲオトンボの♂です。
チビカワトンボと同じ環境にいました。

薄暗い所で、最初の1頭を見つけるまでは大変でした。

下記は、同じ環境で見つけたサナエトンボの仲間と思われる羽化殻です。
a0122264_12320186.jpg
a0122264_12313123.jpg
a0122264_16033159.jpg
a0122264_16040418.jpg
↑ スダジイ(別名イタジイ、オキナワジイ)の巨木です。

三角点のある頂上へも行きたかったのですが、
トンボは期待できないらしいのと、次のポイントへ行く関係で、
この樹の所で引き返しました。

歩いた割には、観れたトンボは少なかったですが、
トカゲなども観れて、良かったです。
a0122264_16222919.jpg
a0122264_16232575.jpg
↑ サキシマキノボリトカゲです。
a0122264_16235418.jpg
↑ イシガキトカゲの幼体です。
a0122264_17572941.jpg
a0122264_18004610.jpg
↑ 巨大なゼンマイと言った感じのヒカゲヘゴの新葉です。
食べられるとのことでした。
a0122264_17560070.jpg
↑ 葉が落ちてしまったヒカゲヘゴです。
大蛇のように見えますね。




   目的地 その② 某ダムに注ぎ込む川 

山を下りた私たちは、渡辺さんに教えて頂いた近くの川へ向かいました。
林道入り口へ車を置き、奥へ向かったのですが、
林道沿いで、ヒメホソサナエ♀、ベニトンボ♀を観ることが出来ました。

この林道には、たくさんのチョウ屋さんがいました。

a0122264_16560281.jpg
↑ M川です。

コナカハグロトンボがいました。


 

   目的地 その③ 於茂登岳西山麓の水辺群と田んぼ 

a0122264_18233704.jpg
a0122264_18263403.jpg
↑ プール状の水辺群です。

水のあるプールや、乾燥し草地になっているプールもありました。
石垣島のトンボの将来を考えた時、
これらの水辺をトンボの生息地として維持出来たらと思います。
広さ、水質、周囲の環境共、申し分ないように思いました。


 (25) ミナミトンボ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_12353481.jpg
a0122264_12360490.jpg
↑ 穂が出始めた田んぼの上の、一定範囲をホバリングするミナミトンボの♂です。
なわばり飛翔のようでした。

集合時間を決めて、別行動をしているとき、山裾の田んぼで見つけました。
エゾトンボの仲間であることは判りましたが、
八重山が初めての私には、何トンボかは判りませんでした。
携帯でFさんに連絡し、確認して頂くと、
「1時間延長しましょう。」とのこと。
Fさんは、まさか、こんな所で観れるとは思わなかったと、喜んでられました。
3頭いました。




( 参考 ) 

「沖縄のトンボ図鑑」(いかだ社)に記載されているミナミトンボの生息地

平地から低山地の植生豊かな池沼や、抽水植物が茂る緩やかな流れに生息。
未熟な個体は、林縁や林内の小空間を旋回して接触する。
成熟した♂は、水面上でホバリングを交えて一定の空間を往復飛翔し、なわばりを持つ。
交尾は周辺の植物などに静止して行われ、
♀は単独で水域を訪れ、不規則に飛びながら間欠的に打水して産卵する。



私の場合、予備知識がなかったことで先入観念を持ってなかったことと、
耕作を止めた山間の田んぼを、カエルやトンボなど、
なつかしい生きものたちが絶えないようにと、
水辺として維持管理しているカエル谷での20年の観察結果が、
発見につながったようです。

定着は、別として、トンボには翅がありますので、
意外といろんな所へ飛んで来ると感じています。
ちなみに、カエル谷でこれまで確認されたトンボは65種で、定着は40種ほどです。




a0122264_12421707.jpg
↑ サキシマハブが左手上のほうに写っています。(田んぼの縁で)

Fさんは、対岸で撮っていたので、テンションが下がってはと、黙っていました。
カエルの動きで蛇がいることが判りました。
a0122264_12473179.jpg
a0122264_18020005.jpg

↑ サキシマヌマガエルです。(田んぼの縁で)
背中線のあるもの、ないもの、どちらもいました。

石垣島の山間の田んぼで気づいたことがあります。
それは、畔の一部が垂直でなく、緩やかな駆け上がりになっていることです。
これらの構造は、田んぼとその周辺で暮す生きものにとっては、
素晴らしい環境となり、実際、たくさんの生きものを観ることが出来ました。

イネのない時期は、駆け上がり部に、水があるのかは知りませんが、
とても良い田んぼの構造に思います。




田んぼの近くでとても小さなセミを見つけました。
a0122264_18004345.jpg
↑ 全長16~25の小さなセミです。

Fさんの話では、サトウキビの害虫のイワサキクサゼミとのことでした。






 目的地 その④ バンダ公園の池とせせらぎ

      宿へ帰る途中、20分ほど寄って来ましたが、トンボはあまりいませんでした。






5日目  キイロハラビロトンボ、ヤエヤマサナエなどを目的に、
     日帰りで、西表島の某川と某林道へ行って来ました。
    
 
 目的地 その① 某川

      県道脇のちょっとしたスペースに車を停め、川に沿って上流を目指しました。
a0122264_21465885.jpg
↑ 10分ほど歩いた所の流れ
a0122264_21471944.jpg
↑ 流れを横切るかつての作業道?(奥の砂利の部分)
渡渉をしながらこの道を進みました。
a0122264_21473431.jpg
↑ 40分ほどして辿り着いた地点です。
堰があり、取水口のようです。

私たちは、ここを少し上がった所で折り返すことにして、
Fさんは、200mほど下流に戻り、私はこの辺りでトンボを探しました。

左岸に少し開けた草地の丘があったので、
もしかしたら、休んでいたり、採餌しているトンボがいるかもと上がってみると、
珍しいトンボに出会えました。

最初に見つけたのは、腹部が鮮やかな黄色の小型のトンボです。
写真は撮れませんでしたが、
キイロハラビロトンボの若い個体だったように思われます。

最初のトンボを逃がしてしまったので、更に慎重に探すと、
1頭のサナエが止まるのを見つけました。
静かに近づき、何枚か撮ることが出来ました。
前日お会いした渡辺さんが発見したと言う、ワタナベオジロサナエでした。

つづいて、草地の上をフ~と飛ぶ、
色は違いますが、モノサシトンボのようなトンボを見つけました。
止まったところで、何枚か写真を撮り、
Fさんも来てもらい、一緒に観察することが出来ました。
どちらも、これまで観てないトンボとのことで、喜んで頂けました。
お役に立てて良かったです。

いずれも1頭だけでしたが、自分で見つけたので嬉しかったです。


      他に観れたトンボは
     アカナガイトトンボ、コナカハグロトンボ、キイロハラビロトンボです。
    


 (26) キイロハラビロトンボ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種  および その仲間
a0122264_13040205.jpg
a0122264_13051565.jpg
a0122264_13053728.jpg
↑ キイロハラビロトンボの♂です。
a0122264_13061007.jpg
a0122264_13044482.jpg
a0122264_13054894.jpg
↑ キイロハラビロトンボの♀です。

とてもきれいな明るい色のトンボで、楽しい時間を過ごせました。


a0122264_19152384.jpg
↑ オオハラビロトンボの未成熟♂です。(Fさん観察・撮影)
a0122264_19155768.jpg
↑ オオハラビロトンボの未成熟♀です。(Fさん観察・撮影)




 (27) ワタナベオジロサナエ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_13081082.jpg
a0122264_13082008.jpg
↑ ワタナベオジロサナエの♀です。

もしやと思って、胸のパターンなど、予習しておいて良かったです。



 (28) マサキルリモントンボ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_13115026.jpg
a0122264_13120231.jpg
a0122264_13121558.jpg
a0122264_13123389.jpg
a0122264_13124557.jpg
↑ マサキルリモントンボの♂です。

雰囲気のある、とても、きれいなトンボでした。



なお、この川沿いでは、うれしい発見もありました。
絶滅危惧種のコガタハナサキガエル(アカガエル科)に出会えたのです。
支流を横切ろうとした時、動いたものがいたのです。
長年の勘で、カエル!と判りましたから、
静かに、石の下を覗き込むと、いてくれたのです。
a0122264_07151508.jpg
a0122264_07143403.jpg
↑ 環境省絶滅危惧ⅠB類コガタハナサキガエルです。
とても、うれしかったです。



 目的地 その② 某林道

     林道を往復8Kmほど歩いてのトンボ観と言うか、トンボ探しです。
    チョウは、たびたび目にするものの、トンボの姿はほとんどありません。
    Fさんの目的のトンボは、ヤエヤマサナエとのこと。

a0122264_22452327.jpg
↑ 車を停めた所から1.3Kmほど入った所にあった水道施設です。

ここからFさんは更に奥へ向かい、私は、仲間川の船着き場を目指しました。
船着き場へ下る途中の草地でヒメトンボの♀や、きれいな花に出会えました。
a0122264_07273931.jpg
↑ ノボタンの仲間のようですが、名前は判りません。
a0122264_07273154.jpg
↑ イジュ(ツバキ科)と思われます。

a0122264_22530741.jpg
↑ オヒルギの群生林です。
a0122264_22513690.jpg
↑ ミナミトビハゼです。
a0122264_22510734.jpg
↑ 種名は判りませんが、小さなカニがたくさんいました。
a0122264_22533766.jpg
↑ 船着き場から見た仲間川の支流です。

a0122264_23113822.jpg
↑ 水道施設前の林道入口です。

船着き場から戻った私は、Fさんの後を追いました。

a0122264_23154435.jpg
a0122264_23145693.jpg
↑ ゲートの所から2.8Kmほど入った展望台から観た仲間川です。
ここで、Fさんと合流し、引き返しました。
以下、帰りの林道で観たトンボたちです。


 (29) イリオモテミナミヤンマ? 不明 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_11022352.jpg
↑ イリオモテミナミヤンマでは…とのことでしたが、
ケシ粒大の上、ボケていて、私には判別不能です。


追記
Fさんから、アップ後、イリオモテミナミヤンマの♀との連絡が入りました。
ただ、私の肉眼と写真では、同定に至らないため、?としておきます。
いつの日か、巡り合える時が来たらと思います。
a0122264_19161197.jpg
↑ イリオモテミナミヤンマの♀です。(Fさん撮影)



 (30) ヤエヤマサナエ 初 沖縄県RDB(2005)準絶滅危惧種
a0122264_12074530.jpg
a0122264_12081412.jpg
a0122264_12084552.jpg
↑ ヤエヤマサナエの♀です。
a0122264_12110171.jpg
a0122264_12113103.jpg
a0122264_12120253.jpg
↑ ヤエヤマサナエの♂です。

どちらも、西表の林道の帰りに見つけることが出来ました。
案内役のFさんは、往きに見つけたとのことでしたが、
仲間川を見たかった私は、始めに船着き場へ降りていたので、
観れてませんでしたが、
帰り道で、それも自分で見つけることが出来、うれしかったです。
片道4Kmあまりの林道を歩いた一番の目的のトンボだったようです。

この林道では、クジャクや、イノシシの子ども(ウリ坊)1+2頭、ナンヨウショウビンなどを観ることが出来ました。



昨日、今日と、いいトンボがたくさん観れたので、
Fさんに感謝と言うことで、
今夜は、奮発して食べました。




6日目 (最終日) 始めは、於茂登岳西山麓の水辺群と田んぼでトンボ観。
        その後、観光。
        トンボは、17種観れました。
        以下、追加分です。
 

 (31)タイワンウチワヤンマ
a0122264_09003102.jpg
↑ タイワンウチワヤンマの♂です。
a0122264_11242735.jpg
a0122264_09004590.jpg
↑ タイワンウチワヤンマが近づいたら
腹部拳上するタイリクショウジョウトンボの♂です。



 ( 参考 ) 

腹部拳上姿勢をとる理由として定説化しているのは
強い日差しの受光量軽減とされていることが多いですが、


私の観察結果では、

               ① 日陰でも腹部拳上姿勢が観られること。
                ② 太陽の位置とトンボの腹部の位置が必ずしも合わないこと。
               ③ ♀よりも♂により多く見られること。
               ④ 縄張りを張っている♂によく見られること。
               ⑤ 今回の事例。
                 などから、受光量軽減だけではなく、
               自分の存在をアピールする手段としても行われているように思います。
               それに、暑ければ、水の中にダイビングすればいいです。
               実際、いろんなトンボで、ダイビングを目にしています。


 


 (32) リュウキュウギンヤンマ?の♂ 初
a0122264_11263091.jpg
a0122264_11264507.jpg
a0122264_11270228.jpg
↑ 腹部の班などから、もしかしたらオオギンヤンマではなく、
リュウキュウギンヤンマの♂かも知れません。


追記
アップ後、Fさんからリュウキュウギンヤンマの♂との連絡が入りましたが、
近くでしっかり観れなかったのと、上の不鮮明な写真しかありませんので、
この場では、?をつけておきたいと思います。
同じトンボを長いレンズで撮っていたFさんの写真がお借りできれば、
追加でアップしたいと思います。


a0122264_19153447.jpg
a0122264_19154625.jpg
↑ ウミアカトンボの♂(上)と♀(下)です。
(Fさん観察・撮影)


観光は、川平湾と西側の海岸線を見せて頂きました。
先回とあわせ、ほぼ、島を一周したことになります。
a0122264_08161747.jpg
a0122264_08163282.jpg
a0122264_08172379.jpg

おかげさまで、初めての八重山諸島のトンボ観でしたが、
楽しく充実した旅になりました。
手配から現地の案内まで、やってくださったFさんに感謝感謝です。

また、現地で、貴重な情報を提供くださった山田さんと、渡辺さんにも、
この場をお借りして、お礼申しあげます。



a0122264_18134475.jpg

終り





by tombo-crazy | 2018-05-15 22:24 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

今日はカエル谷

2018年5月14日(月) 晴れ 気温26℃(11:15)

 今日は、カエル谷の作業日でした。
先日の強い雨の影響で、どの取水口も、土砂で埋まっていました。
コンクリートなどで造れば、少々の雨で塞がらないのは解っていますが、
生きものたちのことを考え、敢えて土で固め、石で囲ったただけにしています。
と言うことで、水草の間引きや草刈りは中止にして、土木作業をしました。
それでも、神様が見方してくれたのか、さわやかな風が吹き、
汗びっしょりになることはありませんでした。
 ヤマサナエやシオカラトンボの交尾や、クロスジギンヤンマの産卵も観れて
良かったです。
a0122264_16335281.jpg
a0122264_16365965.jpg
a0122264_16381378.jpg
a0122264_16382724.jpg
a0122264_16455932.jpg
↑ ヨツボシトンボを食べるヤマサナエの♀

ヤマサナエの♀がヨツボシトンボを捕食していたのに、
♂が無理やり交尾し、ヨツボシトンボ毎連れ去ろうとしたのですが、
♀に拒否され、連結を解かれてしまいました。
a0122264_16455000.jpg
a0122264_16453606.jpg
↑ こちらは別のヤマサナエです。
上は♂、下は♀です。

a0122264_16565700.jpg
↑ ヤマハゼの葉で休むクロスジギンヤンマの♀です。
a0122264_16570990.jpg
↑ 産卵するクロスジギンヤンマ

a0122264_16585659.jpg
a0122264_16590379.jpg
↑ シオカラトンボの交尾です。

a0122264_17000139.jpg
a0122264_17001209.jpg
↑ アサヒナカワトンボの♂(上)と♀(下)です。
ちなみにこの♀は、下の写真の尾根にいました。
繁殖期が来るまで、林の中で過ごしていることが多いです。
a0122264_17024653.jpg


 今日のおまけです。
a0122264_16414764.jpg
a0122264_16413300.jpg
a0122264_16415492.jpg
↑ 繁殖期に入り、大忙しのトノサマガエル。
a0122264_16401904.jpg
↑ 道具を片付けようとしたら、スコップに留まって、まったりしていたシュレーゲルアオガエルです。
彼らの繁殖は一段落しました。
a0122264_17114166.jpg
↑ 回収した無人カメラに写っていたヤマドリの♂です。
他にも、ニホンジカやハクビシン、リスなどが写っていました。








by tombo-crazy | 2018-05-14 21:36 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

キイロサナエの羽化が観れました。

2018年5月5日 晴れ 気温25℃(10:30)

 今日は、月曜からの八重山行きの準備のため、家に居る予定でした。
ただ、キイロサナエの羽化が観れずに今年も終わるのかと思うと、少し残念な気持ちでいました。
 そんなときに、2人のトンボ友からメール。
     「定位二つ…」 
tomboさんが見つけたとのことでした。
前日までのように、観れずに帰ることもありません。
支度をして出掛けました。I川には、10時頃着きました。

 Monさんが姪御さんと来ていて、定位したヤゴの位置を教えてくれました。
tomboさんは、飛び立つまで時間がかかるからと、他のポイントへ移り、不在でした。

a0122264_16240440.jpg
↑ 定位したヤゴです。(個体①)
a0122264_16241792.jpg
↑ 定位しようとしていたヤゴです。(個体②)
個体①②共、左岸で、両者の距離は、4mほどでした。

 翅が開くまでには暫く掛りそうだったので、遅れて上がって来るヤゴを探すと、
対岸の草と灌木に隠れた形で、翅の伸びた個体③がいました。
a0122264_16310186.jpg
↑ 個体③です。
対岸にいたMonさんにも観てもらった後…

右岸の個体③より10mほど上流で、Monさんが個体④を見つけました。
a0122264_16360698.jpg
↑ 個体④です。

以後、これら4つの個体を観察しながら、遅れて上がるヤゴを探しました。
結果としては、今日は4個体でしたが、意外なトンボを観ることが出来ました。
それは、ほぼ、成熟したアオサナエです。
a0122264_16392450.jpg
↑ アオサナエの♂です。
この辺りをポストにして、堰のある上流側を観ていました。
♀が来るのを待っているようです。
ちなみに、この川でアオサナエを観るのは、初めてです。



以下、キイロサナエの羽化個体の写真です。
a0122264_16422660.jpg
a0122264_16423789.jpg
↑ 個体②です。
a0122264_16432092.jpg
a0122264_16432707.jpg
a0122264_16433988.jpg
a0122264_16434557.jpg
↑ 個体③です。
ボケていますが、処女飛行の瞬間と、最初の軟着陸を写すことが出来ました。

なお、個体①は、私が帰る11時10分頃になっても、定位はしているものの羽化は始まりませんでした。


4月29日からのイロサナエの羽化詣ででしたが、友人たちのサポートのおかげで、
4日目にして、羽化を観ることが出来ました。
ただ、今日の羽化個体は♀ばかりだったので、来年は♂の羽化を観たいです。
tomboさん、Monさん、お世話になりました。
感謝申し上げます。




 今日のおまけは、飛びきりのおまけです。

  キイロサナエの羽化が観れて、ご機嫌で帰宅し、
庭を眺めながら、昼ご飯を食べていたら、すーっとイトトンボが左手から右手に飛ぶのが見えました。
 食事を中断し、庭へ出てみたら、意外なトンボでした。
a0122264_17200491.jpg
↑ ホソミイトトンボの♀です。
庭で観たのは、初めてです。
嬉しかったです。

どこから飛んで来たのだろうか…。不思議です。











by tombo-crazy | 2018-05-05 16:52 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

今日もキイロサナエを見に行ったのですが…

2018年5月4日 うすぐもり 気温14℃~16℃(8:15~11:00)風やや強し


目的地 その① I川

 昨日は天気が今一でしたからトンボやカエルはお休み。

 今朝は早起きして、キイロサナエの羽化を観に行こうと考えていたのですが、
起きてみると、気温が低く、空も曇っています。
と言うことで、遅めの出動。 目的地のI川には8時頃に着きました。
しかしです。丹念に調べたのですが、羽化殻一つありません。
昨夜の夢では、翅が伸びたキイロサナエが、水際に2個体並んでいたのですが、
正夢にはなりませんでした。




目的地 その② I池

 仕方ないので、直線で750mほどのI池に向かいました。
林の道を歩いていると、前方にヤマサナエの姿。
近くの木の若葉の中に入りました。
そ~っと近づき、覗き込むと、ヤマサナエの若い♀が小枝に止まっていました。
今シーズン初めての♀個体です。
a0122264_18414980.jpg
↑ ヤマサナエの若い♀です。
キイロサナエは空振り続きですが、ヤマサナエは、今のところ順調です。


 目的地の池畔に着くと、Monさんが、ハッチョウトンボの羽化個体を探していました。
傍らには若い女性。
姪御さんとのことで、この4月に、就職で九州から愛知に来られたとのこと。
a0122264_19395334.jpg
 私も探索に加わり、少し経って名古屋からお見えの方も加わって、4人で探すのですが、
羽化個体は発見出来ず。
 昨夜の雨と、気温の低さ、風などが影響したのか、ハッチョウトンボの羽化個体も見つかりませんでした。

 でも、羽化間もないハッチョウトンボと、成熟間近のハラビロトンボの♀を見ることが出来ました。
a0122264_19384664.jpg
↑ ハッチョウトンボの羽化間もない♂です。
a0122264_19383161.jpg
↑ 成熟間近のハッチョウトンボの♀です。
a0122264_19385657.jpg
a0122264_19390350.jpg
↑ 成熟間近のハラビロトンボの♀です。

 どちらも、今シーズンの初認ですから、良しとしましょう。
と、納得せさようとする私たちでした。
が、キイロサナエの羽化には未練たらたらの私たちで、
もう少し気温が上がれば、もしかしたらと、タラレバを繰り返すのでした。

 と言うことで、池を後にし、コーヒータイム。
モーニングサービス(コーヒー+野菜サンドイッチ)を頂きながら、おしゃべりをして、11時頃、再び入川。
でも、やはり、キイロサナエの羽化個体は見つかりませんでした。
こんなときは、諦めるのが肝心と、12:10に帰宅。




 今日のおまけです。
a0122264_19393395.jpg
↑ 名古屋からお見えの方手づくりの赤とんぼです。
竹とビーズと裏打ちに和紙が使われていました。
とても素晴らしい作品でした。

a0122264_19402504.jpg
↑ ニガナ(キク科)です。
a0122264_19400620.jpg
↑ モウセンゴケ(モウセンゴケ科)です。

a0122264_16574571.jpg
a0122264_16582538.jpg
↑ ヒトツバダゴ(モクセイ科)の花です。
I川に通うとき、見つけました。
29日頃が、見ごろでした。

対馬には、山全体が雪が積もったようになる自生地があります。
愛知周辺は、植えられたもので、通称:なんじゃもんじゃの樹と言われています。








by tombo-crazy | 2018-05-04 20:03 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

再度キイロヤマサナエの羽化を見に

2018年5月1日 晴れ 気温25℃~27℃(9:30~14:30)


 今日は、6つの水辺を回り、ちょっとした山へも登って来たので、
さすがに暑く感じ、いつもの水筒だけでは足らず、お茶を2本買い足しました。
今シーズン一の暑さだったかも…。



 目的地① I川

 目的地には7時半に着きました。
しかし、キイロサナエの羽化は見つけることが出来ませんでした。
なぜか、キイロサナエには、縁がありません。



 目的地② サラサヤンマの湿地

 今シーズンは、調査のため、通えるだけ通っています。
羽化個体は、前日と思える個体も含めて、3体。(↓)
今シーズンのサラサヤンマの羽化も、そろそろ終わりのようです。
a0122264_22211068.jpg
a0122264_22211624.jpg
a0122264_22213103.jpg

 標識を付けてない羽化殻も6ヶありました。一部を載せます。(↓)
a0122264_22233190.jpg
a0122264_22233833.jpg
a0122264_22234814.jpg

入口近くにヤマサナエと、アサヒナカワトンボがいました。(↓)
a0122264_22254288.jpg
a0122264_22260433.jpg

 おまけは、カナヘビです。(↓)
a0122264_22270575.jpg

 サラサヤンマの湿地を出て車へ戻る途中に、Mさんの車がありました。
やはりキイロサナエ狙いかなと、思ったら、すぐ傍の休耕田にいました。
ヨツボシトンボを狙っているとのこと。
おしゃべりをしていたら、若いハラビロトンボの♂が数頭飛んでました。
先日はいなかったのですが、その後、羽化したようです。
と言うことで、寄って行くことになりました。



 追加目的地③ I川北の休耕田
a0122264_22351330.jpg
a0122264_22352014.jpg
↑ ハラビロトンボの若い♂(上)と、ほぼ成熟した♂(下)です。
ハラビロトンボは、今シーズンの初認です。


 Mさんは、サラサヤンマの羽化を見てないとのことで、
既に飛んでしまっているかも知れないですがと、今日の様子を話すと、
「今から、行ってみます。」とのことで、私は、次の目的地へ。




 目的地④ K池

 目的地へは、11時頃着きましたが、
暑かったためか、オオイトトンボの羽化はほとんど終わっていて、辛うじて飛び立つ寸前のが数個体。(↓)
a0122264_22422941.jpg
a0122264_22424827.jpg
a0122264_22451958.jpg
a0122264_22452656.jpg
a0122264_22453279.jpg
a0122264_22454087.jpg
↑ オオイトトンボの羽化殻です。
a0122264_22521815.jpg
a0122264_22522871.jpg
a0122264_22523331.jpg
↑ 羽化間もないオオイトトンボたちです。


 他には、縄張りで♀待ちのタベサナエとフタスジサナエの♂や、
交尾中のシオヤトンボやホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボなどがいました。
a0122264_22460283.jpg
a0122264_22460909.jpg
a0122264_22462244.jpg
↑ タベサナエの♂たちです。
a0122264_22483258.jpg
↑ フタスジサナエの♂です。

a0122264_22495422.jpg
↑ シオヤトンボの交尾です。

a0122264_22505681.jpg
↑ ホソミオツネントンボの交尾です。




 目的地⑤ KK池

 KK池には、12:20に着きましたが、まずは、休憩しがてら弁当を食べました。
a0122264_06045499.jpg
↑ KK池です。
3年前までは、この半分ほどで、笹などが茂っていたのですが、トンボ友と、少し整備した池です。
同じ谷筋には、KK池の他に、三つの水辺があり、トンボなどが楽しめます。
a0122264_22584263.jpg
↑ クロスジギンヤンマの産卵です。今シーズンの初認です。

a0122264_22595840.jpg
a0122264_23000498.jpg
↑ バトルです。 

a0122264_23091680.jpg
a0122264_07003473.jpg
a0122264_23080166.jpg
↑ シオヤトンボの産卵です。
a0122264_23105568.jpg
↑ 警護するシオヤトンボの♂です。

タベサナエの腹部挙上姿勢も観ることが出来ました。(↓)
a0122264_23115495.jpg
a0122264_23124661.jpg
a0122264_23120361.jpg
a0122264_23121147.jpg
a0122264_23122442.jpg
ここは♀待ちには、飛びきりのポストらしく、タベサナエとシオヤトンボが、
位置取りを争っていました。
それでも、疲れる?のか、並んで止まることもありました。 (↓)
a0122264_06131025.jpg
他には、ヨツボシトンボ、ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボなどがいて、
ヤマサナエらしいトンボも、ちょっと顔を出しましたが、
飛んで行き、写真に撮ることが出来ませんでした。
a0122264_06143000.jpg
↑ ヨツボシトンボの♂です。
a0122264_06140986.jpg
↑ ホソミオツネントンボの連結産卵です。



時間があったので、K集落の池にも寄って来ました。




 目的地⑥ K池…Kのイニシャルの池が多いです。漢字で書くと全く違いますが…。
a0122264_06210488.jpg
↑ K池です。
もしかしたらと、オオヤマトンボの初認を期待したのですが、まだでした。
a0122264_06244136.jpg
↑ タベサナエの♂です。

a0122264_06245937.jpg
↑ ホソミオツネントンボの連結産卵です。
a0122264_06261786.jpg
↑ ホソミイトトンボの連結です。


 おまけです。
a0122264_06303128.jpg
↑ サワフタギ(ハイノキ科)の花です。
a0122264_06315031.jpg
↑ ホウノキ(モクレン科)の花です。
a0122264_06355171.jpg
↑ コウヤミズキ(マンサク科)の若葉です。



 田んぼに水が張られ、一部は田植えも済んでいたので、山から眺めて来ました。
a0122264_06385139.jpg
↑ K集落の田園風景です。
a0122264_06400027.jpg
↑ 鯉のぼりが上がっていました。


















by tombo-crazy | 2018-05-01 23:14 | トンボ見て歩記 | Comments(0)