<   2018年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

久々のベニイトトンボ

 2018年8月31日 曇りのち雷雨 気温 29℃ (9:07)

今日はカエル谷へ、知多半島にある「東浦町自然環境学習の森」(通称:ごろちんの森)の関係の方々が視察に来られました。
台風などで延期になっていた今回の視察ですが、学校の先生もおられるため、学校が始まる前にと言うことで今日になりました。

 視察と言っても、カエル谷を観て、自然再生の参考にとのことだけではなく、
メダカやタガメを捕ったり、トンボを観たりして、楽しむこともして頂きました。

a0122264_10381047.jpg
a0122264_10390445.jpg

 カエル谷から、第2の目的地「大給城跡」へ移動しょうとした時、雷が鳴り、雨が降り出したので、
里山の雑木林のモデルとして観て頂きたかった「大給城跡」は、次の機会にし、
今回は登り口まで行って、解散しました。
 点在する巨岩の中に、コナラやアベマキを主にした「大給城跡」の雑木林は、
歴史好きでなくとも、林床の植物や、眺望も楽しめ、特に春や秋はお薦めです。

 なお、カエルの分校は、ごろちんの森の立ち上げの頃から暫く、ご協力させて頂いた関係で、
何名かの方は、顔なじみです。

 みなさんをご案内しているとき、とても嬉しいことがありました。
久々にベニイトトンボを確認したのです。
今日は時間がなかったので、近いうち、生息数を確認したいと思います。

a0122264_20201004.jpg
a0122264_20202170.jpg
↑ トンボ上池にいたベニイトトンボの♂です。
前回(2014年9月8日に♂1頭)は、トンボ池で確認されています。
このときの確認は、巴川の東にある旧松平町での初認でした。

豊田市では、日進市や瀬戸市の境近くの地域で、
少数が確認されているベニイトトンボです。
そこからカエル谷までは、直線で16~17Kmほどありますが、
ベニイトトンボは、新天地を求め、一気に飛んで来たのでしょうか?
ロマンを感じます。

a0122264_20232541.jpg
↑ 東浦の方が黄色いトンボもいる…とのことで、
キイトトンボの♂も載せておきます。

a0122264_20253665.jpg
↑ クロイトトンボの♂です。

a0122264_20244413.jpg
↑ アジアイトトンボの♂です。






今日のおまけです。

a0122264_20270138.jpg
↑ ミズオオバコ(トチカガミ科)の花も咲き始めました。
a0122264_20274311.jpg
↑ サワギキョウ(キキョウ科)の花も咲き始めました。
a0122264_20283087.jpg
↑ オモダカ(オモダカ科)の花です。

かってオモダカに似たアギナシが、カエル谷の3段目の水辺に突然現れ、
びっしり生えたときがありましたが、
どう言う訳か、数年で姿を消しました。

突然現れたのは、
前年の掘り下げにより、地下で休眠していた種子が発芽したものと思われます。
古代ハスと言われる大賀ハスもそうですが、
植物の種子は、地中深くで、長い年月を休眠出来るため、
自然や、人為的撹乱で、突然現れることがあります。
イノシシも、それらに一役かっています。









by tombo-crazy | 2018-08-31 20:42 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

オオルリボシヤンマが止っていました。

 2018年8月29日 晴れ 気温 31℃(16:00)

 昨日に続き、ヤブヤンマの状況確認と作業でカエル谷へ入りました。
残念ですが、ヤブヤンマは探雌飛翔の個体をチラッと見ただけでしたが、
湧水小池にオオルリボシヤンマが止っていました。
a0122264_06450418.jpg
a0122264_06431473.jpg
↑ オオルリボシヤンマの♂です。
背中の方からも撮ろうと、土手を下りて登り返したら、消えてました。
a0122264_06481801.jpg
a0122264_06482674.jpg
a0122264_06483646.jpg
↑ ヒメアカネの♂です。
a0122264_06475747.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。



今日のおまけです。
a0122264_06494736.jpg
↑ サワギキョウ(キキョウ科)です。

a0122264_06495846.jpg
a0122264_06500521.jpg
↑ トノサマガエル (アカガエル科)です。














by tombo-crazy | 2018-08-30 06:31 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

その後のヤブヤンマ

 2018年8月27日 晴れ 気温 30.3℃~33.5℃ (9:06~15:40)

 今日は、カエル谷の作業日でした。
蒸し暑い中でしたが、水周りの点検、補修と、草刈りをして、
昼からは、おしゃべりをしたり、トンボの観察をしました。
ヤブヤンマは、奥池と湧水小池で、探雌飛翔と思われる♂を、チラッと見ただけでした。
でも、ギンヤンマとオオシオカラトンボの産卵が観ることが出来ました。
a0122264_05420293.jpg
a0122264_05421026.jpg
a0122264_05421505.jpg
↑ ギンヤンマの産卵です。 (10:50~10:57 3段目とトンボ小池で、同一個体)
3段目の水辺の畔の草刈りをしているとき、産卵個体を見つけたので、
みなさんに連絡し、みんなで観察と撮影を楽しみました。

a0122264_05265488.jpg
↑ 木漏れ日の中のオオシオカラトンボ♂です。

古池と奥池ゾーンでは、いつも、3頭のオオシオカラトンボが縄張りを守っています。
彼らは、相手が自分より大きなオニヤンマや、ヤブヤンマであっても、
スクランブルを仕掛けますが、
ヤンマたちは、ひらりと交わすだけで、相手にしません。
オオシオカラトンボ同士だと、激しく争います。
a0122264_06202091.jpg
↑ オオシオカラトンボの交尾です。
12時~15時半の間で、2例の交尾と産卵がありました。
a0122264_05280691.jpg
↑ 産卵するオオシオカラトンボです。 (13:11)
写真には写っていませんが、♂は警護してました。 

a0122264_05482803.jpg
a0122264_05494865.jpg
↑ マユタテアカネの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_05492161.jpg
↑ ヒメアカネの♂です。
a0122264_06031586.jpg
↑ リスアカネの♀です。

ヤブヤンマやタカネトンボを観るため、奥池と湧水小池の間の叢を通るのですが、
少数ですが、マユタテアカネやヒメアカネ、リスアカネなどのアカネ属が、
木漏れ日の中で休んでいます。




今日のおまけです。

a0122264_06054926.jpg
a0122264_06055452.jpg
↑ ニホンアカガエルです。

林の中へ入ったヤブヤンマを探しに行ったらいました。
落ちている赤い実は、アズキナシ(バラ科)の実です。
アズキナシは、カエル谷の森を彩る落葉広葉樹で、
春は、ガマズミのような白い花を咲かせ、
秋には、パステルカラーの紅葉が、私たちを楽しませてくれます。
ただ、コナラのように大きくなるため、枝先に付く花の写真が中々撮れません。

a0122264_06053127.jpg
↑ ネムの狂い咲きです。
今年の異常気象が、実がなっているにも関わらず、
もう一度花を咲かせてしまったようです。







 

by tombo-crazy | 2018-08-28 05:16 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

みなさんとヤブヤンマを観る

2018年8月26日 晴れ 気温33℃(10:10)

 仕事で忙しかったMさんが、姪御さんを連れてカエル谷へ来られるとのことで、
10時頃、カエル谷へ入りました。
1時間ほど前に来たとのことで、Mさんたちは古池畔にいました。
10:40位に、ヤブヤンマが2頭来て、古池と奥池の周辺を飛び始め、
内、1頭が、数か所で産卵をしてくれました。
産卵が始まった頃、Iさんも合流。
池で体を冷やしていたオニヤンマも、近くのヤブムラサキの枝に止まってくれ、
みなさんと堪能することが出来ました。

a0122264_05062180.jpg
a0122264_05063468.jpg
a0122264_05065522.jpg
a0122264_05070942.jpg
a0122264_05071797.jpg
a0122264_05073709.jpg
a0122264_05074753.jpg
a0122264_05075803.jpg
a0122264_05081956.jpg
a0122264_05082974.jpg
a0122264_05100443.jpg
↑ 土塊や、草の中などで産卵するヤブヤンマです。
a0122264_05170962.jpg
a0122264_05142812.jpg
a0122264_05145549.jpg
↑ 産卵場所を変えるため、飛びまわるヤブヤンマ。

a0122264_05190761.jpg
a0122264_05191725.jpg
a0122264_05192615.jpg
↑ 涼みに来てくれた後、休んで行ったオニヤンマ。
3人がレンズを20cmほどまで近づけても逃げませんでした。
水浴び(飛びながら水面に体を浸ける行動)は、
いろんなトンボで観ることがあるのですが、
オニヤンマは、特に多いように感じています。
それと、セセリチョウも水浴びをするのに驚きました。

a0122264_05220100.jpg
↑ みなさんです。



今日のおまけです。
a0122264_06040365.jpg
a0122264_06041887.jpg
↑ アキノタムラソウの蜜を吸うチョウ。
イチモンジチョウの仲間のようですが、
シジミチョウ位と小さいかったのと、羽のパターンが違う感じでした。



下のトンボとタガメの写真は、前日にMさんと、Iさんが撮られたものです。
お二人は、午前と午後のすれ違いだったようです。

a0122264_05224616.jpg
a0122264_05225625.jpg
↑ オオルリボシヤンマの♂です。 ( 25日 14:32 Iさん撮影 )
a0122264_05230646.jpg
↑ タガメがウシガエルを捕食しているところです。
凄かったとのことでした。 ( 25日 9:14 Mさん撮影 )

(注)

 これまでカエル谷には、ウシガエルやアメリカザリガニなど、
生態系に悪影響を起こす外来種はいなかったのですが、
この春、ウシガエルが確認されました。
まだ、大きい個体はいませんが、どのようなルートで侵入したのかは不明です。


 考えられることは、

①人為的に持ち込まれた。 (オタマジャクシか卵塊) 
②鳥により運ばれた。 (卵塊)           
③ウシガエル自信が生息範囲を広げて侵入した。   


いずれにせよ、とても残念です。










 

by tombo-crazy | 2018-08-27 05:55 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

今日もカエル谷

2018年8月21日 うす曇り 気温 31.2~31.6℃ (10:01~12:56)

 ヤブヤンマのことが気になったので、今日もカエル谷へ入りました。
奥池へ着くと、♀が2頭、古池と奥池の周りを飛んでいました。
飛び方から、産卵場所を探していると思われたので、支度をしながら眼で追っていると、ほどなく産卵開始。
久々に、ヤブヤンマの産卵を観ることが出来ました。
ただ、不思議なのは、♂が1頭も見かけなかったことです。

 ♀は、♂の行動パターンを把握していて、彼らが来ない時に、産卵に来たのでしょうか?

 夕方までいて、♂が入って来るか、確認したかったのですが、
高校野球の決勝を観るため、1時頃にカエル谷を後にしました。

a0122264_11385633.jpg
a0122264_11452609.jpg
↑ 山際の草むらの中で産卵するヤブヤンマです。 (10:15~30)
このような習性が、名前の由来になったと思われます。
対岸なので、近づけず、これがやっとでした。
ただ、もう1頭が、近くに来たので、こちらの個体を狙います。
a0122264_17575068.jpg
↑ 産卵管が見えてます。
a0122264_11355578.jpg
↑ 土塊に産卵管を刺して、産卵するヤブヤンマです。
a0122264_11371278.jpg
a0122264_18010031.jpg
a0122264_18020537.jpg
a0122264_18025606.jpg
a0122264_18034896.jpg

↑ 古池への導水のため掘り下げた土塊に産卵するヤブヤンマです。 
時々、場所を変えて産卵をしてました。

直ぐに近づかず、産卵を始めて1分ほど待って行けば、
産卵に集中しているために、1m位まで近づいても逃げません。

(10:18~10:55)

a0122264_11375212.jpg
↑ 左下にツチガエルが写っています。

カエルは、動くものに反応し、餌として飲み込むのですが、
相手が大き過ぎるのか、15分ほど見つめているだけでした。
トノサマガエルや、ウシガエルなら、食べていたと思われます。
トンボには可哀そうですが、その瞬間を撮ってみたいです。
ただ、♀でなく、♂のトンボです。


a0122264_17121385.jpg
a0122264_17123020.jpg
↑ モノサシトンボです。
a0122264_17181063.jpg
↑ マユタテアカネです。
a0122264_17111883.jpg
a0122264_17092014.jpg
↑ オオシオカラトンボの産卵です。

a0122264_17142268.jpg
↑ 奥池と古池を覆う落葉広葉樹です。
a0122264_17143838.jpg
奥池畔から北西のトンボ池方面を見たところです。
木漏れ日しか日差しがないため、体感温度は5℃位低いです。



今日は、ミンミンゼミも鳴いていました。




おまけです。
a0122264_17124706.jpg
↑ ヤマカガシです。
a0122264_11490613.jpg
↑ 今年生まれのニホンアカガエルです。
涼しそうですが、蛇に気をつけてね。

a0122264_18192837.jpg
a0122264_18200972.jpg
a0122264_18203955.jpg
a0122264_18210956.jpg
a0122264_18213989.jpg
↑ オオアメンボたちです。
奥池畔は涼しいので、オオアメンボを観て暫し涼みました。
オオアメンボが創る影が、きれいです。
















by tombo-crazy | 2018-08-22 06:26 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

ヤブヤンマのその後

2018年8月20日 うす曇り 気温 22.8℃ (9:30)

 今日は、カエル谷の作業日です。
先日の続きの草刈りと、土砂で埋まり、詰まってしまった取水口のパイプの交換などをして、
午後からはトンボなどを観て過ごしました。

 ヤブヤンマは見かけませんでした。
涼し過ぎたせいでしょうか?
ミンミンゼミやヒグラシも鳴いていませんでした。
昨日も、今日も、鳴いているのはツクツクボウシのみ。

a0122264_10334736.jpg
↑ ヒメアカネの♂です。



おまけです。
a0122264_10354196.jpg
↑ 今年生まれのニホンアカガエルです。

a0122264_10374494.jpg
a0122264_10381488.jpg
a0122264_10384420.jpg
a0122264_10371454.jpg
↑ カマキリの脱皮殻です。高木の枝から、水面にフワ~っと落ちて来ました。
脱皮時は無防備になるので、高い所で脱皮しているようです。
水面だけでなく、林の中にも落ちていました。
a0122264_10432617.jpg
↑ 林の中に落ちていたカマキリの脱皮殻。













by tombo-crazy | 2018-08-21 06:22 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

ヤブヤンマのその後

2019年8月19日 うす曇り 気温 27.1~26.8℃ (13:33~16:00)

 17日に、なぜ、たくさんのヤブヤンマの♂が水辺に来たのかを探るため、
今日も午後からカエル谷へ入り、夕方まで居ましたが、
結果は、偵察飛行?で来た♂を、ちらっと1頭見ただけでした。(14:40頃)
気温が低かったことと、曇っていたことが影響したのでしょうか…。

 なお、昼前に入ったIさんは、奥池と古池の境で、♂1頭を写真に撮ることが出来ました。
 私は、ヤブヤンマは空振りでしたが、カエル谷の自然再生に共に取り組んで来たSさんが、
リハビリも順調で、奥さんと一緒に、久々にカエル谷へ見え、
雑談したり、トンボを見たりと、楽しい時間を過ごすことが出来、良かったです。

a0122264_09412689.jpg
↑ Iさん撮影のヤブヤンマ♂です。(12:57)

a0122264_09542147.jpg
↑ オオシオカラトンボの産卵です。
なぜか、この杭の所で産卵する個体が多いです。

赤とんぼたち(アカネ属)も、成熟し、腹部が赤くなった個体が増えて来ました。
a0122264_10084392.jpg
↑ マユタテアカネ ♂です。
a0122264_10113564.jpg
↑ ヒメアカネ ♂です。
a0122264_10151591.jpg
↑ 奥池畔でトンボを観るみなさんです。
左手奥は古池です。







by tombo-crazy | 2018-08-20 09:30 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

今日も古池と奥池へ

2018年8月18日 うす曇り 気温27.9~25.3℃ (13:05~16:44)

 昨日は、夢のような1日でした。
カエル谷で、たくさんのヤブヤンマを見れたのです。
初めての経験でしたので、今日も観ることが出来るのか、カエル谷へ行ってみました。
時間は、昼からにしました。
理由は、昨日、ヤブヤンマの姿を見始めたのが昼頃だったからです。

 ヤブヤンマの産卵も期待して16:45までいたのですが、
♂も♀も、姿を観ることはありませんでした。
これが、通常のパターンですから、気落ちはしてません。
なぜ、昨日は、あんなに出て来たのが不思議です。
と、言うことで、今日も、昼から出掛けることにしています。

 ヤブヤンマは、観れませんでしたが、カエル谷で初めてコシボソヤンマの写真が撮れました。
これまでも、それらしいトンボをちらっと見ることはありましたが、確認が出来ないままにいたので、嬉しかったです。
a0122264_08351839.jpg
a0122264_08353356.jpg
↑ 古池への導水路の取水口近くに止まっていたコシボソヤンマの♀です。
下は小さな沢になっています。


日向の3段目の水辺では、ギンヤンマたちが飛び回っていました。
a0122264_08381156.jpg
a0122264_08375993.jpg

a0122264_08442124.jpg
↑ 左手前が古池、右手が、この春造成の奥池です。
a0122264_08452014.jpg
a0122264_08443068.jpg
↑ 左手が奥池、右手が古池です。
右手奥から導水路経由で沢の水が古池に入ります。
濁っている辺りは、新たに掘り下げ、古池と奥池を繋いだ辺りです。

タカネトンボが時々、入ってましたが、産卵は確認できませんでした。
惜しかったのは、ミルンヤンマです。
古池に入って来たと思ったら、オオシオカラトンボに追い出されてしまいました。


a0122264_08400314.jpg

↑ カエル谷の気温は、27.9℃でした。 (13:05)
a0122264_08401118.jpg
↑ 帰るときの気温は25.3℃でした。(16:44)


ただ、この涼しさも、あと数日だけのようです。












by tombo-crazy | 2018-08-19 08:49 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

たくさんのヤブヤンマ

2018年8月17日 晴れ 気温 27.2~27℃ (10:15~16:40)

 朝、起きて、窓を開けたら、気持ち良い風が部屋の中に入って来ました。
酷暑続きのこの夏でしたが、久しぶりにいつもの夏の天気になるようです。
と、言うことで、やり掛けの池の整備で、カエル谷へ入りました。
 これまで、池の造成や整備は、カエルの産卵が始まる前の冬場にやって来ました。
そうすることで、生きものたちへのダメージを低く抑えられることと、
暑くありませんから、作業をする私たちも、きつくないことです。

 なら、どうして今…。
湧水池である古池が、7月の日照りと、厳しい夏の暑さで、干上がりそうだったことでした。
それに、頑張れば、タカネトンボや、ヤブヤンマの産卵に間に合います。

 木漏れ日程度位しか、日差しのない、古池と奥池ですが、油断は大敵。
疲れる前の休憩と、水分補給、そして、沢の水で身体を拭きながら作業をしました。

 昼を過ぎていたことも忘れて作業をしていたら、開放水面が広がって来た池の上をヤンマたちが飛び始めました。
ほとんどがヤブヤンマです。 時々、オニヤンマも来ました。
直ぐ近くにも飛んで来ました。
ヤブヤンマは、5、6頭います。

 既に12:50になっていました。
遅い昼食をとっていると、木に止った個体がいました。
大抵の生きものは、人間の行動を掴んでいますから、
彼らよりも先にいた私には、警戒を解いているはずです。
 食事を済ませ、一息着いてから、止っている木にカメラを持って近づくと、
2頭、それも近い位置に止まっていました。
こんなことは初めてです。

 作業を再開すると、すぐ傍まで飛んで来る個体もいました。
そして、彼らは、時々、休むことも判りました。
羽化や産卵は観れても、中々観れないヤブヤンマの成虫が、今日は、たくさん観ることが出来ました。
 ヤブヤンマたちには、自分たちのための池を造っていると解ったのかも知れません。
それで、覗きに来たのかも知れません。
いずれにしても、夢のような、たくさんのヤブヤンマに出会えた1日になりました。

a0122264_07523820.jpg
a0122264_07525997.jpg
a0122264_07534059.jpg
a0122264_07535057.jpg
a0122264_07542973.jpg
a0122264_07543745.jpg
a0122264_07551588.jpg
a0122264_07554141.jpg
a0122264_07560290.jpg
a0122264_07565487.jpg
a0122264_07572919.jpg
a0122264_07574095.jpg
a0122264_08005976.jpg
a0122264_08003303.jpg
↑ ヤブヤンマの♂たちです。
明日以降は、産卵する♀も観れると思います。


池の整備を、始めから見ていたのは、オオシオカラトンボたちでした。
彼らは、日向が好きな個体と、木陰が好きな個体がいるようです。
a0122264_08380766.jpg
a0122264_08383717.jpg
↑ オオシオカラトンボの♂(上)と♀(下)です。


a0122264_08432109.jpg
a0122264_08431001.jpg
a0122264_08433265.jpg
↑ 古池への導水路も完成し、古池と奥池をつなぐことも出来ました。
もう少し、浚渫し、掘り上げた土を畔に盛れば完成です。



ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシの声がしてました。

16:40に、カエル谷を後にしました。









 

by tombo-crazy | 2018-08-18 08:03 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

静岡から小学生が来ました。

2018年8月13日 晴れ 気温32℃(10:15)

 6月16日に続き、静岡市から、水生昆虫大好き小学生と、お父さんがカエル谷へ来ました。
K君は、毎週のように来たかったらしいのですが、何しろ静岡市からは距離がありますし、
高速代も無視出来ません。
それに、人間、我慢することも大切なので、「無理のない範囲で来てね…」と言ってありました。 
夏休みに入り、お父さんの仕事などと折り合いをつけて、やっと来れたのでした。


 先回持ち帰ったタガメの幼虫5頭は、
2頭が共食いにあったものの、3頭は無事成虫になったとのことでした。(時々近況報告あり)
お父さんと、図書館に行って調べたり、
餌の確保のため、農薬の使ってない水辺を探し、餌となる生きものを確保したり、
水の管理など、頑張りましたね。
来年は、卵を産ませ、育った子どもたちをカエル谷へ連れて帰るのが、目標とのこと。
と、言うことで、今回は♀を捕まえて、持ち帰って頂くことにしました。


 待ち合わせ場所と時間は、先回と同じです。私より10分ほど早く着いていました。
再会のハイタッチをして、カエル谷へ向かいました。

 今回は、お父さんに買ってもらったウェーダーをはいてのタガメ探しです。

a0122264_06165557.jpg
a0122264_06175632.jpg
a0122264_06183865.jpg
a0122264_06193605.jpg
↑ 1時間ほどで捕まえることが出来たタガメです。

この後、休憩を挟んで、水辺やトンボなどの観察をし、
昼からは川へ行って遊びました。

a0122264_06283354.jpg
a0122264_06403526.jpg
↑ ギンヤンマです。

a0122264_06240910.jpg
a0122264_06245738.jpg
↑ 湧水小池では、初めてのヒメタイコウチも見つけることが出来ました。
ヒメタイコウチは、静岡でもいると思うよと、生息環境を話してあげました。
a0122264_06380536.jpg
a0122264_06381593.jpg
a0122264_06382448.jpg
↑ 湧水小池にいたタカネトンボです。

a0122264_06303119.jpg
a0122264_06315777.jpg
↑ 仁王川で遊ぶK君とお父さんです。

また来ますと言って、3時頃、川を後にしました。
帰りは、R301から新城へ抜け、新城ICから新東名経由で帰りました。

ペットでなく、野性の生きものを通して、多くを学び成長してほしいものです。










by tombo-crazy | 2018-08-13 21:42 | トンボの棲む環境 | Comments(0)