<   2019年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋雨前線の中をアキアカネを観に

  2019年8月29日 曇り 気温18℃ (11:30 馬の背にて)

 週間天気予報では金曜日まで雨模様でしたが、朝起きると何とか持ちそうだったので、
 降られたら車にすぐ避難出来て、アキカアネがいる所と言うことで、
 とりあえず、治部坂峠から入った、標高1457mの馬の背へ向かいました。
 途中、朝方、誘いのメールを入れていたIさんから「今向かっているよ。」との電話。
 途中で合流し、私の車で目的地へ向かい、現地へは11:20着。



その① 馬の背

 歩き出してすぐに、赤くなりかけたアキカアネ1頭を見たものの、他には姿なし。
 かつては、この時期、多数のアキカアネが確認出来たのですが、
 下伊那地方も、愛知同様、アキカアネが減っているようです。

a0122264_21450857.jpg
↑ 馬の背です。
大川入山は雲の中でした。


a0122264_21451626.jpg

↑ アキアカネです。


 〔追記〕

  馬の背にアキアカネがほとんどいなかった要因の一つが判りました。

  8月29日、一緒に行ったIさんが、9月7日に、
  馬の背から更に登った蛇峠山の山頂付近で、たくさんのアキアカネがいたと、写真を送ってくれたのです。

  どうやら、今年の夏の暑さが、アキアカネたちを、更に上へと移動させていたようです。
  ちなみに蛇峠山の標高は1664mで、馬の背よりも207m高いです。


〔参考〕

 「日本百名山」を著した、作家で登山家だった深田久弥さんが、登山中に亡くなられたのは、甲斐の茅ヶ岳でしたが、
生前最後に登られた山が、下伊那にある蛇峠山でした。
蛇峠山からは、南アルプスの悪沢岳から赤石岳、聖岳、光岳へと続く稜線や、恵那山を望むことが出来ます。
その上、聖岳も恵那山も、ピラムダルに見える位置にあります。



a0122264_06181127.jpg
a0122264_06175299.jpg


 
その② K池

 と言うことで、次の目的地へ。
 昼食をとりながら池を見ていると、それらしいヤンマが、水面を行ったり来たり。オオルリボシヤンマでした。

a0122264_21544246.jpg
a0122264_21544922.jpg
a0122264_21545525.jpg
a0122264_21552583.jpg
a0122264_21553597.jpg
a0122264_21553173.jpg
a0122264_21561393.jpg
a0122264_21561940.jpg

↑ オオルリボシヤンマの産卵です。



おまけ

a0122264_21574918.jpg

↑ モリアオガエルの幼体です。

a0122264_21574278.jpg

↑ ツリフネソウです。




その③ 茶臼山(根羽側)

 茶臼山にいる友人の誘いがあり、茶臼山のアキカアネを確認しようと移動。
 馬の背同様、アキカアネは数頭見ただけでしたが、ルリボシヤンマを見ることが出来ました。

a0122264_22291677.jpg
a0122264_22292197.jpg
a0122264_22290998.jpg
a0122264_22293234.jpg

↑ ルリボシヤンマオスの飛翔と、産卵です。

a0122264_22301581.jpg

↑ アキアカネです。




おまけ

a0122264_22284870.jpg

↑ エンシュウツリフネソウです。


 
 
 


by tombo-crazy | 2019-08-29 21:53 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

再びオニヤンマを見に


 2019年8月21日 晴れ 気温31℃(14:00)

 先日に続き、オニヤンマを見に出かけました。
 ただ、今回は、目的地はなく、かつて見れた所を見て回りましたが、・・・。


 立ち寄り地 ① ( A川沿い )

  スーパーが休みだったので、コンビニでパンを買い、川の中の木陰で食べました。
  食べている間、トンボを探したのですが、いたのはコオニヤンマとハグロトンボだけでした。
a0122264_06032077.jpg
a0122264_06022813.jpg

↑ コオニヤンマの♂です。

a0122264_06030602.jpg
↑ ハグロトンボの♂です。      

 立ち寄り地 ② ( Tの棚田 )

  いたのはシオカラトンボだけで、オニヤンマもアカネ属も見れませんでした。
a0122264_06395748.jpg



 立ち寄り地 ② ( K原 )

  久々に訪ねました。
  標高が900mほどあるだけに、木陰はとても涼しく、着いて間もなく、オニヤンマも見ることが出来ました。

a0122264_06592644.jpg
a0122264_07000709.jpg
a0122264_07002782.jpg
  
a0122264_07014782.jpg
a0122264_07015230.jpg
a0122264_07015762.jpg
a0122264_07020690.jpg
a0122264_07021156.jpg
a0122264_07021578.jpg
↑ オニヤンマの産卵です。


a0122264_07073313.jpg
↑ 1頭だけいたミヤマカワトンボです。



おまけ

a0122264_07103776.jpg
↑ ニホンジカです。(車の中から)









  



by tombo-crazy | 2019-08-21 21:06 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

オニヤンマを観に

  2019年8月13日 晴れ 気温32℃(12:00)

 暑い日が続き、トンボ見も、躊躇するこの頃です。
 と言うことで、多少は涼しいだろうと、奥三河の某所まで行って来ました。
 生憎期待したオニヤンマは、いつもの小川に姿はなく、
 その代わり、隣の田んぼでミヤマアカネを数頭見ることが出来ました。

a0122264_15565679.jpg
a0122264_15570103.jpg

↑ ミヤマアカネの若い♀です。

a0122264_15570736.jpg

a0122264_15571493.jpg


↑ ミヤマアカネの若い♂です。



おまけ

a0122264_15580017.jpg
a0122264_15580560.jpg

↑ オモダカの花です。










by tombo-crazy | 2019-08-13 20:47 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ミルンヤンマを探しに

  2019年8月10日 うす曇り 気温35℃(14:30)

 午後から、市の北西の外れの丘陵地に、ミルンヤンマを探しに行って来ました。
 かつて、マダラナニワトンボが生息していた池とつながる小さな川です。
 それらしいのが2頭、堰の前後を飛ぶのを見ましたが、しっかり確認出来ませんでした。
 と、言うことで、秋の産卵にと、朽木をセットして返りました。

 見たかったトンボは空振りでしたが、
 ネアカヨシヤンマとハッチョウトンボとマユタテアカネなどを見ることが出来ました。
a0122264_15033737.jpg
a0122264_15040460.jpg
a0122264_15042958.jpg


↑ ネアカヨシヤンマです。

a0122264_15052767.jpg


↑ マユタテアカネです。

a0122264_15012814.jpg


↑ ウスバキトンボです。
今年は、群れてる姿が見れません。

a0122264_15051270.jpg

↑ ハッチョウトンボです。






 


by tombo-crazy | 2019-08-10 20:48 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

草の間引き

 2019年8月5日(月)晴れ 気温34℃(12:15)

 今日はカエル谷の作業日でした。
 ここ3週ほど、雨などで作業が出来なかったので、やっておきたいことが溜まっていました。
 当初、道路工事で消えた水辺を補填す新しい水辺を創るつもりでしたが、猛暑続きのため、
 水草の間引きにしました。
 水の中に入っての作業ですから、多少は涼しいかと考えての作業でしたが、
 1時間もすると、汗汗汗で、しんどくなるので、休み休みやりました。

 秋になると、アカネ属が産卵に来ますから、それら合わせた環境づくりです。

 午後からは、トンボを楽しみました。

a0122264_14370925.jpg


↑ タカネトンボです。

a0122264_14372191.jpg


↑ ヤブヤンマの♀です。

a0122264_14373065.jpg
a0122264_14375117.jpg

↑ ヤブヤンマの♂です。


ご参考

a0122264_14380302.jpg

a0122264_14380935.jpg

↑ 道路工事の様子です。 
東の沢が様変わりし、かつての小屋の所から、市道が見えています。



おまけ

a0122264_14365938.jpg


きれいなくもの巣がありました。








by tombo-crazy | 2019-08-05 21:32 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

ヤブヤンマの産卵

 2019年8月4日 (日) 気温30℃(15:10木陰)

 岐阜からトンボ友のTさんが見え、一緒にトンボを楽しみました。
 目的の一つのヤブヤンマ♂のぶら下がりは、時間が3時近かったこともあり
 観れませんでしたが、ヤブヤンマの産卵を観ることが出来ました。

a0122264_08032173.jpg
a0122264_08032775.jpg
a0122264_08033902.jpg
a0122264_08042821.jpg
a0122264_08043390.jpg
a0122264_08045158.jpg
a0122264_08045774.jpg
a0122264_08052913.jpg
a0122264_08053526.jpg
a0122264_08054015.jpg
a0122264_08060101.jpg
a0122264_08060793.jpg
↑ ヤブヤンマの産卵です。 (14:21~16:43)
若い個体と、成熟した個体がいました。
湿った所だけでなく、やや乾いた土にも産卵してました。
水面からの高さも、30cmほどから5mほどとバラツキがありました。
彼女たちは、気に行った産卵ポイントでは、
産卵管で産卵位置を探るようにして、繰り返し産卵してました。
産卵ポイントの共通項は、水面から駆け上がった急な斜面上でした。

a0122264_08130590.jpg
a0122264_08131156.jpg
↑ ヤブヤンマ♀のぶら下がりです。
このように、暫く休んでは産卵してました。

a0122264_12240367.jpg
a0122264_12240855.jpg
↑ ヤブヤンマ♀の飛翔です。

a0122264_08145237.jpg
a0122264_08145801.jpg
↑ タカネトンボの産卵です。
a0122264_12221293.jpg
↑ ギンヤンマ♂です。

a0122264_12255182.jpg
↑ ヤブヤンマとタカネトンボを狙うTさんです。


ご参考

カエル谷を横切る道路工事も本格化しました。
お出でになる方は、工事関係者の指示に従い、安全の確保に努め、
工事の妨げにならないようお願いします。
カエル谷へ降りるときは、開かれた所をダイレクトに行かず、
昔からの小道を通ってください。
工事の方が、重機を停めて、誘導してくれます。
a0122264_12312626.jpg
a0122264_12305550.jpg
a0122264_20574774.jpg
a0122264_12320769.jpg




by tombo-crazy | 2019-08-05 08:15 | トンボの楽園づくり | Comments(0)