コサナエの羽化に再チャレンジ

2018年4月28日 晴れ 気温 20℃(10:30)

 26日のコサナエの羽化見は、辛うじて1個体、それも飛び立つ直前を観れただけでしたが、
実は、同じ頃、30分ほど離れた所で、たくさんの羽化を観ていた方がいました。

 その方、Tさんは、私がN市にコサナエの羽化を観に来ていることと、低調であることも掴んでいて、
電話とメールを入れてくれていたのです。
 ところが、スマホに変えて2日目の私は、着信音設定が低かったのと、
仮に電話に気づいても、うまく話が出来るかどうかわからない状態で、
着信に気付いたのは、翌日の昼過ぎでした。
残念と言うほかありません。

 でも、通行料が、手前のインターで降りたとしても、片道2370円掛りますから、そう簡単に行けません。
来年の楽しみに…と、思っていたら、
カエルの分校生で、トンボ友でもあるIさんが、一緒に行ってくれることになり、
急遽、Tさんに詳しい情報を頂き、出掛けたのでした。



 現地へ着いたのは、8時を少し回った頃でした。
林に囲まれた池であることは、衛星写真で掴んでいましたが、
実際は、竹が侵入し、何の手入れもされなくなった荒れた林でした。

 東側から、池を目指したのですが、倒れたり倒れ掛った竹が、進路を妨げます。

 池は、イメージとは違い、岸が、すとんと落ち込んだ皿池で、
大きさは1000㎡ほど、
中央にガマがあることから、水深は最大でも70~80cmでしょうか。
岸辺は、長靴では沈してしまう位の水深でした。
底は泥質で、取水口の一部には、水面から15cmほどの土砂が堆積したところがあり、
西側の岸辺と共に、羽化のポイントになっている感じでしたが、
取り囲む林が荒れているため、池を一周することなく、
西側の岸辺20mほどと、取水口の土砂堆積部の2ヶ所で羽化の探索と観察をしました。
a0122264_22260821.jpg
↑ 池の東側です。所々に、わずかに木漏れ日が指す程度でした。
a0122264_22253855.jpg
↑ 西側です。
林の幅があまりないことと、西側が開けているため、東側よりは明るかったです。


 朝食前に、1時間ほど、池の西側を手分けして探したのですが、
見つかったのは、無数の羽化殻だけで、羽化中のコサナエは見つかりませんでした。( ↓ )
a0122264_22300019.jpg
a0122264_22295034.jpg
a0122264_22300877.jpg
↑ 羽化殻のほとんどは、同じ辺りで複数見つかりました。

 定位の時間が遅いのではと思った私は、暫く待つことにし、
遅めの朝食を取り、再び、羽化殻の多い所を重点に水際を観ていると、
定位のためにヤゴが上がって来るのが判りました。
a0122264_22274910.jpg
↑ 最初に見つけた陸へ上がろうとしているヤゴ。( 中央 9:44 )
a0122264_22284846.jpg
↑ 定位したヤゴ( 10:03 )
a0122264_22281697.jpg
↑ 定位したヤゴ( 10:11 )

私の予想とは違い、10時頃から次々とヤゴたちは上がって来るのでした。

 気温は、木陰のためか20℃しかありません。
始めのうちは、定位したヤゴを見逃さないように、シノダケを立てていましたが、
数はどんどん増え、その上、定位したヤゴは、羽化殻の見つかっていた所と重なることが判り、
目印を立てるのは止め、羽化が始まるまで、のんびり待ちました。

 個体数が多いので、一つの個体を観察し続けることは止めました。

 以下は、見つけた個体の一部です。

 私たちが探索と観察をした二つのポイントだけでも、
今日、80~100体の羽化があったかも知れませんから、
池全体では、すごい数が羽化している可能性が考えられます。

 忙し過ぎました。でも、思い出に残る、うれしい1日でした。
Tさん、Iさん、ありがとうございます。

a0122264_22542822.jpg
a0122264_22541267.jpg
a0122264_22535751.jpg
a0122264_22555385.jpg
a0122264_22560778.jpg
a0122264_22564786.jpg
a0122264_22562826.jpg

a0122264_22522259.jpg
a0122264_22524058.jpg
a0122264_22530151.jpg
a0122264_22531482.jpg
a0122264_22532673.jpg
a0122264_22554131.jpg
a0122264_23023036.jpg
a0122264_22534468.jpg

 不思議な動きをしたトンボがいました。
始めは、定位した位置で、普通に羽化をしていたのですが、
翅が開くと、上へ上へと登りだしたのです。 ( ↓ )
a0122264_18080299.jpg
a0122264_18074719.jpg
↑ 見つけたときの位置。水面からは50cmほどでした。( 10:25 )
a0122264_22574450.jpg
↑ 水面から1mほどまで登りました。 ( 10:45 )
a0122264_22570867.jpg
↑ とうとう私の頭より上まで登ってしまいました。180cmはあると思います。( 10:51 )

ただ、惜しかったのは、処女飛行を撮ろうとしていたのですが、
カメラの部品を池の中に落としてしまい、探している間に飛ばれてしまいました。
人間だったら、登山家か、クライミングのアスリートになったかも知れません。
運動能力が素晴らしい彼女は、きっといい伴侶に出会え、より素晴らしい子孫を残すと思われます。
ちなみに、下で羽化していた個体(♀)は、定位の位置から飛び立ちました。

a0122264_18563687.jpg
a0122264_18565158.jpg
a0122264_18571672.jpg
a0122264_18574808.jpg
a0122264_18580560.jpg
a0122264_18582363.jpg
a0122264_18583351.jpg
a0122264_18584319.jpg
a0122264_18585699.jpg
a0122264_18590801.jpg
a0122264_18591837.jpg
a0122264_18593373.jpg
a0122264_18594454.jpg
a0122264_19000639.jpg
a0122264_19014569.jpg
a0122264_19015323.jpg
a0122264_19020362.jpg
a0122264_19021282.jpg
a0122264_19022955.jpg
a0122264_19024151.jpg
a0122264_19025384.jpg
a0122264_19030322.jpg
a0122264_19031465.jpg
a0122264_19032817.jpg
a0122264_19303056.jpg
a0122264_19304573.jpg
a0122264_19310758.jpg
a0122264_19312525.jpg
a0122264_19314201.jpg
a0122264_19315404.jpg
a0122264_19320669.jpg
a0122264_19321843.jpg
a0122264_19322724.jpg
a0122264_19323949.jpg
a0122264_19324721.jpg
a0122264_19330886.jpg
a0122264_19331632.jpg
a0122264_19341784.jpg
a0122264_19343182.jpg
a0122264_19344496.jpg
a0122264_19350573.jpg

a0122264_19353860.jpg
a0122264_19355319.jpg
a0122264_19362220.jpg
a0122264_19363509.jpg
a0122264_19364179.jpg
a0122264_19370111.jpg
↑ 次々と羽化するコサナエたちです。


 私の場合、羽化は、経過観察をすることが多いのですが、さすがにこれだけの羽化が次々とあると、個体確認だけでも、大変です。

 そんな中で、数枚ですが、処女飛行の瞬間を撮ることが出来ました。
a0122264_06550493.jpg
a0122264_06591527.jpg

 処女飛行後、最初に止まったと思われる個体も目にしました。( ↓ )

a0122264_19360484.jpg
a0122264_19351549.jpg



 羽化は、まだまだ続くのですが、疲れてしまい、12時15分に観察を止めました。
 こんな経験は、初めてのことでした。


 なお、今回の池で気づいたことがあります。
その一つは、波の浸食作用により、岸辺が、どこもオーバーハングしていて、
緩やかな駆け上がりになっていないことです。
 もう一つは、池の水位が、時々変化しているようなのです。
私たちがいる間にも、数cmですが、上がりました。
 これらのことは、定位した位置が水面に近い個体では、羽化の失敗につながります。
事実、羽化が失敗し、水に浮かんだ個体が多かったです。
a0122264_19480768.jpg
↑ 羽化に失敗し、水面に浮いたトンボたち。


 それと、ウシガエルが、かなりの密度で生息していることです。
水位の変化、捕食者の存在など、生息にとって不利な条件があるにも関わらず、
コサナエの羽化個体の多いことは、不思議でした。
一般的には、ウシガエルやザリガニ、コイ、ブルーギルなどがいると、
ヤゴが激減し、結果、トンボが激減すると言われているのですが…。


陽当たりの水面が少ないことが影響しているのか、トンボの姿がほとんどなく、
クロスジギンヤンマが1頭いただけでした。 ( ↓ )
a0122264_19595600.jpg
a0122264_20021989.jpg
ただ、シーズンが違うので、確認は出来ませんでしたが、
タカネトンボやヤブヤンマなどにとっては、良い池なのかも知れません。




今日のおまけです。

a0122264_20054019.jpg
a0122264_20051036.jpg
↑ オトコヨウゾメの花です。(スイカズラ科)









# by tombo-crazy | 2018-04-28 23:03 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

早起きしてコサナエの羽化を観に

2018年4月26日 晴れ 19℃ (10:30)

 5時起きして、有料自動車道を乗り継いで、隣の県の池まで行って来ました。
目的は、コサナエの羽化です。
目的地が近づくと、霧が掛っていて、楽しみにしていた山々は観ることが出来ませんでしたが、
朝露に濡れた新緑が清々しく、目を楽しませてくれました。

 目的地へは、7:25に着きました。
ところがです。いつもの所から池へ行こうとしたら、
池を取り囲むように柵がしてあり、池に近づけないのです。

 困りました。
ため池は落ちたら危ないからと、周囲を金網のフェンスで囲っている池は、各地で見かけますが、
 目的の池は、ちょっと違う感じでした。
使われている柵は、イノシシなどの獣害防止柵と同じような仕様の所と、
住宅を囲むとき使われたりする、ちょっとおしゃれな仕様の所がありました。
 柵がある以上、勝手に乗り越える訳にも行きません。
近くの農家の方に訪ねると、「人が池に近づけないように、向こうの家の人が設置した…」
とのことでした。

 と、言うことで、教えて頂いた家に行き、目的を告げて、中に入らせて頂きたい旨を告げると、
 「よその人には、一切入ってほしくない…。」とのこと。
特にトンボの人たちは、池に入ったり、カメラを我が家に向けるので、
入れないように、柵を設置したとのことでした。

 心を込めてお願いしたところ、はじめは1時間だけと言ってられたのですが、
こちらの希望の11時まで入ることを了解頂きました。

 詳しいいきさつは知りませんが、
池の所有者の方を、頑なにしてしまった行動を、何人かのトンボ観察者や撮影者がしてしまったようです。
 山登りでも、そうですが、池の場合でも、所有者がいますから、
私たちは、他人の土地に入らせて頂くとの意識を持ち、良識ある行動が必要に思いました。

 なお、今回の池に関しては、次回は、お断りとのことでしたから、
再度訪れることは難しいと思います。
a0122264_11163296.jpg
a0122264_11155798.jpg
a0122264_11161641.jpg
↑ 人が入れないよう設置されていた柵です。
なお、中には行って気づいたのですが、
山側には柵はなく、実際、獣の足跡などがありました。


 コサナエの羽化探しですが、
池の中に入り、自由に歩き回ることは出来ません。
なぜなら、一部の岸辺には、ハルリンドウなどの草花が咲いているのです。
恐らく、これらが踏み荒らされるのを気にされていると思われます。
と言うことで、出来るだけ、そのような岸辺には入らずに、羽化中の個体を探しました。
 探索出来る岸辺は限られ、おまけに、三つある池の一つは、漏水でほとんど水がありませんでした。(下の写真)
a0122264_11340912.jpg
 双眼鏡も使いましたが、羽化中の個体も、羽化殻も確認出来ず、時間だけが過ぎて行きました。
 天気も気温も悪くありませんが、コサナエに限らず、なぜか、トンボの姿がないのです。

 遅目の朝食を済ませ、探索を続けました。

 9時25分頃、カワトンボが池を横切って田んぼのほうへ消えました。
 9時半を過ぎた頃、シオカラトンボの姿が見えました。
止まった所へ行って見ると、シオカラトンボの成熟♂でした。
今シーズンの初認です。
a0122264_11414143.jpg
↑ シオカラトンボの♂です。(9:39)

 10時少し前に、小さなサナエらしいトンボが飛んで来て止まるのが見えましたた。
静かに近づくと、タベサナエでした。
a0122264_11474103.jpg
↑ タベサナエ♂です。(9:54)

 暫くすると、また、サナエらしいトンボが、数頭、飛んで来ました。
止まった辺りに行って探すと、コサナエでした。
a0122264_11512147.jpg
a0122264_11515290.jpg
↑ コサナエの♀です。 (10:01)
a0122264_11555094.jpg
↑ コサナエの♂です。 (10:01)
a0122264_11541279.jpg
↑ コサナエの♀です。 (10:05)

 ただ、長居はせずに林の方へ飛んで行ってしまうのですが、
時々、別個体と思えるトンボが飛んで来るので、羽化を探しながら、中継地にしているポイントを探す私でした。
a0122264_11562082.jpg
↑ コサナエの♂です。 (10:34)
a0122264_12043131.jpg
↑ コサナエの♂です。 (10:35)

 羽化探索時、目にしたものや、近づけなかった個体も含めると、
コサナエらしきトンボは、7~8頭はいたように思います。

 さて、肝心な羽化ですが、諦めかけていたとき、
対岸の辺りから、翅の光った処女飛行と思われる個体がふわふわっと飛び立つのが見えました。
時間は、10時20分頃のことです。

 ハルリンドウがたくさん咲いていたのと、池の所有者の方の家に近かったので、あまりしっかり見てなかった所です。
 ハルリンドウを踏まないよう、足元に気を付けて探すと、
羽化殻を一つ見つけることが出来ました。
勿論、今日初めてのことです。

 目を皿のようにして探すと、念願の羽化個体を見つけることが出来ました。
ハルリンドウの手前1mほどの所で、位置的にも良く、しっかり観ることが出来ました。
 ただ、発見が遅かったので、見つけたときは、翅が広がり、今にも飛び立ちそうな感じでしたが、
初めて観れたコサナエの羽化個体で、とても嬉しかったです。
a0122264_12282227.jpg
↑ コサナエの羽化殻です。 (10:25)
a0122264_12254197.jpg
羽化中のコサナエです。 (10:25)

 










# by tombo-crazy | 2018-04-27 12:30 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

今日も早起きしてカエル谷へ

2018年4月23日 晴れ 気温 20.5℃(12:10)

 今日は、カエル谷の作業日です。
昨日に続き、早めにカエル谷へ行きました。
カエル谷へ着いたときは、7時半頃です。
羽化中のクロスジギンヤンマが、まだ残っている時間です。
それに、昨日から、市街地では、真夏日のような天気ですから、
早めに行くことで、涼しい時間帯に作業が出来ます。いいことづくめなのです。

a0122264_19273666.jpg
a0122264_19275760.jpg
↑ トンボ池です。

水周りの点検後、羽化中のクロスジギンヤンマを探しました。
ポイントは、昨日の探索で絞り込んでいます。
a0122264_19295159.jpg
a0122264_19573939.jpg
a0122264_19571639.jpg
↑ 最初に見つけた羽化中のクロスジヤンマ♀です。(個体①)
a0122264_19321999.jpg
↑ 次に見つけた個体②です。
アクシデントがあったらしく、右の翅の一部が折れています。
a0122264_19335556.jpg
↑ 個体③です。
a0122264_19525421.jpg
↑ スゲガヤの茂みの中にいた個体④です。
a0122264_19535136.jpg
↑ ヨシの奥にいた個体⑤です。

なお、飛ばれてしまい、写真に撮れなかった個体もいました。
と、言うことで、7時半からの羽化探索でしたが、6個体の羽化に出会うことが出来ました。

a0122264_20110616.jpg
↑ 今日、私がヨシやスゲを間引きながら回収した羽化殻です。
ざっと60ヶほどありましたから、カエル谷全体では、どれだけ羽化していることやら…。


 ヨツボシトンボもいました。
うっかり、草と共に間引いてしまうところでした。
a0122264_20000051.jpg
a0122264_20001220.jpg
a0122264_20002268.jpg
↑ 羽化中のヨツボシトンボです。

a0122264_20012457.jpg
↑ シオヤトンボの成熟♂です。
写真には撮れませんでしたが、産卵個体も数頭いました。

a0122264_20025431.jpg
a0122264_20030321.jpg
↑ 今日、作業に来てくださったみなさんです。

女性の方々は、元教師で、
休憩タイムは、個人と、集団の中での生活などについて、
語り合いました。



 今日のおまけです。

 私が気に入ったらしく、飛んで来て止まり、離れませんでした。
何と言う虫かは判りません。カミキリムシの仲間のような気もしますが、
意外と毛深い虫でした。
どなたか、教えて頂けますか?
a0122264_20091691.jpg
a0122264_20092894.jpg
a0122264_20093761.jpg
a0122264_20095440.jpg

# by tombo-crazy | 2018-04-23 20:12 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

クロスジギンヤンマの羽化を観に

2018年4月22日 晴れ 気温 9.5~19.0℃(6:00~8:40)


目的地 その① カエル谷

 昨日、下見をしておいたので、今日は、早起きしてカエル谷へ行きました。
目的は、クロスジギンヤンマの羽化を観て、写真に撮ることです。

 カエル谷には6時少し前に着きました。
でも、クロスジギンヤンマのヤゴたちは暗いうちから定位していたようで、
どの個体も翅を伸ばしていました。
a0122264_17341117.jpg
↑ カエル谷へのアプローチです。
正面奥で左に曲がり、谷へ下りて行きます。

  個体①と②
a0122264_17382610.jpg
a0122264_17383625.jpg
a0122264_17384744.jpg
a0122264_17385362.jpg
a0122264_17390249.jpg
a0122264_17391796.jpg
a0122264_17400890.jpg
↑ 個体①の処女飛行です。
a0122264_17415327.jpg
a0122264_17420118.jpg
a0122264_17420805.jpg
a0122264_17421673.jpg
a0122264_17422486.jpg
a0122264_17425770.jpg
a0122264_17430773.jpg
↑ 個体②の処女飛行です。

 個体③
a0122264_17442645.jpg
a0122264_17443622.jpg

 個体④
a0122264_17454655.jpg
a0122264_17455471.jpg
 個体⑤
a0122264_17463532.jpg
 個体⑥
a0122264_17472019.jpg
なお、個体①~④はトンボ上池で、個体⑤と⑥はトンボ上池で羽化してました。

a0122264_17494295.jpg
a0122264_17495483.jpg
↑ 今朝のカエル谷の水辺です。


 おまけです。
a0122264_17511343.jpg
↑ ガの幼虫のようですが、名前は判りません。と、アシナガグモの仲間
a0122264_17515255.jpg
↑ コバノガマズミ(レンプクソウ科)




 目的地 その② Y池

 途中、ムカシヤンマのスポットに寄ったので、池には、10時半頃着きました。

 期待したトラフトンボの姿はありませんでしたが、複数のフタスジサナエや、飛び立ちそうな羽化中のヨツボシトンボを観ることが出来ました。
a0122264_17574100.jpg
a0122264_18023474.jpg
a0122264_18025556.jpg
a0122264_18031216.jpg
a0122264_18031602.jpg
↑ フタスジサナエ♂

a0122264_18044498.jpg
a0122264_18043944.jpg
a0122264_18042458.jpg
↑ ヨツボシトンボ♂
a0122264_18054029.jpg
↑ 処女飛行間近のヨツボシトンボです。
a0122264_18065244.jpg
a0122264_18070375.jpg
↑ アジアイトトンボです。下はテネラル。

他には、ホソミイトトンボやホソミオツネントンボがいました。


 おまけです。

a0122264_18084955.jpg
↑ アシナガグモの仲間のようです。
a0122264_18084234.jpg
↑ マツバウンラン(オオバコ科)


家には、昼前に帰ることが出来ました。









# by tombo-crazy | 2018-04-22 18:25 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

今日のカエル谷

2018年4月21日 晴れ 25℃(12:30)

 昨日は、トンボ友と終日、トンボを楽しませて頂いたので、
今日は、のんびり起きて、私たちのフィールドであるカエル谷へ行って来ました。
目的はクロスジギンヤンマです。
先日の作業のとき、Iさんたちが姿を観ているのです。
天気が良く気温が高いので、時間的に羽化は期待出来ませんが、
運が良ければ、木陰のような所で羽化している個体に出会えるかも知れません。

 谷の入口に着いたのは10時少し前でした。
支度をして、歩きだすと、目の前にひらひらするトンボがいます。それも3頭です。
アサヒナカワトンボで、今シーズンの初認です。
a0122264_18372388.jpg
↑ アサヒナカワトンボの♂




 カエル谷へ来たとき、私たちが最初にやることは、水周りの点検です。
水辺に生きる生きものにとって、水は命なのですから、問題ないかを確認しておく必要があるのです。

 問題がありました。
南沢からの取水している小川に、水が流れてないのです。
先日来てから、雨が降ってなく、地震も起きてませんから、考えられることは、イノシシです。

 小川を辿って行くと、派手にやられていました。
食べ物を漁ったにしては、久々の派手さです。
イノシシたちに、ストレスが溜まっているのだろうか、猟期は済んだのですが…。
a0122264_21055735.jpg
↑ イノシシが破壊した取水口です。
堰にしていた土のうは崩され、配管はむき出しです。


 トンボを観ているわけには行きません。ひと汗かいて、修復しました。
a0122264_21121980.jpg
a0122264_21130770.jpg
↑ 土のうを積み直し、砂で押さえて修復した取水口です。



 と言うことで、小一時間ほど遅れてのトンボ観になりましたが、収穫がありました。
a0122264_18481377.jpg
a0122264_18484548.jpg
↑ ヨツボシトンボです。 やはり今シーズン初認です。
下の写真の個体は、今朝、羽化したようですが、翅が1枚欠損していて、思うように飛べませんでした。
a0122264_21303146.jpg
↑ ヨツボシトンボの羽化殻です。
トンボは、写真を撮る前に飛ばれてしまいました。

a0122264_21195510.jpg
↑ クロスジギンヤンマの♂です。
他の方は、先週見たとのことですが、私は今シーズン初でした。
羽化後、10日は経っていると思われます。

羽化殻もたくさんありました。20は越えてました。(↓)
a0122264_21225102.jpg
a0122264_21225728.jpg
a0122264_21231165.jpg
a0122264_21232500.jpg
a0122264_21233386.jpg
a0122264_21240956.jpg


 初認のトンボ以外も、トンボがいました。
a0122264_21263506.jpg
↑ シオヤトンボの成熟した♂です。
写真に撮れませんでしたが、産卵も観ることが出来ました。

a0122264_21315525.jpg
a0122264_21320435.jpg
↑ ホソミイトトンボです。

a0122264_21333567.jpg
a0122264_21335355.jpg
a0122264_21342190.jpg
a0122264_21343565.jpg
↑ 成熟間近ちのタベサナエたちです。

a0122264_21374368.jpg
↑ カエル谷風景です。(トンボ池)
a0122264_21375393.jpg
↑ これからの季節は、ほっとするヤナギオアシスです。
a0122264_21371122.jpg
↑ 満水になった南谷池です。



 今日のおまけです。

a0122264_21412500.jpg
↑ ノミノフスマ(ナデシコ科)
a0122264_21414135.jpg
↑ ムラサキサギゴケ(サギゴケ科)
a0122264_21415449.jpg
↑ ゲンゲ(マメ科 レンゲ、レンゲソウとも呼ばれる)
a0122264_21440918.jpg
↑ キツネノボタン(キンポウゲ科)
a0122264_21420927.jpg
↑ ノダフジ(マメ科)
a0122264_21431344.jpg
↑ 花の蜜を求めクマバチ(ミツバチ科)の動きも目立つようになって来ました。
a0122264_21425278.jpg
↑ メダカ(メダカ科)は、産卵行動が始まっていました。
a0122264_21443755.jpg
↑ シュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の抱接です。
上が、赤ちゃんではなく、♂です。



 今日は、今シーズン初のトンボが3種見ることが出来、嬉しい1日となりました。




 カエル谷のこと

 なつかしい生きものたちが絶えないようにと、
20年ほど前から実践している自然再生の、一つのフィールドです。
かつては田んぼでしたが、山間にあることや、耕作者の高齢化などで、
米づくりを止めた所を、周囲の山ごとお借りして、友人たちと、水辺として整備し、維持しています。
 トンボは、これまで65種確認されています。

 カエル谷は、時々、子どもたちに開放し、生きものを捕まえたりして、遊んでもらっています。

 毎年、季節が巡るたびに、生きものや、植物たちと出会えることは、とても幸せで、やりがいを感じます。
 それに、私たち人間にとっても、汗を流した後の語らいや、お弁当などは、
心身共に、リラックスさせてくれますから、続けて来て良かったなあと思うこの頃です。





# by tombo-crazy | 2018-04-21 22:01 | トンボの棲む環境 | Comments(0)