タグ:コノシメトンボ ( 4 ) タグの人気記事

今日も赤とんぼ探しに

2018年10月14日(日) うす曇り 気温24℃(13:40)

 午後から赤とんぼ探しに行って来ました。
例年たくさんのアキアカネの産卵が観れる田んぼも、今年はなぜか空振り続きです。
8月の猛暑続きで、イネの実りが半月ほど早くなり、その分稲刈りも早くなり、
二番穂が伸びていることや、秋の長雨が影響しているのでしょうか??
米づくりの仕方や、周囲の環境に大きな変化はないのですが…。
a0122264_21163077.jpg

 産卵は空振りでしたが、数種類の赤とんぼがいました。
a0122264_21072150.jpg
↑ アキアカネの♂です。
a0122264_21061694.jpg
↑ マイコアカネの♂です。
a0122264_21055443.jpg
↑ ナツアカネの♂です。
a0122264_21090423.jpg
a0122264_21091998.jpg
↑ コノシメトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_21105031.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_21120456.jpg
↑ マユタテアカネの♀です。




近くの鉱山跡地の水辺に行くと、少数ですが、コノシメトンボが産卵してました。
a0122264_21140218.jpg
a0122264_21140696.jpg
a0122264_21141805.jpg
a0122264_21141269.jpg
↑ コノシメトンボの連結産卵です。




やはり近くの小さな湿地へ寄ると、オツネントンボがいました。( ↓ )
白い花は、シラタマホシクサです。
a0122264_21173114.jpg
a0122264_21173943.jpg
a0122264_21225886.jpg
 









by tombo-crazy | 2018-10-15 20:53 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

今日も山の中の湿地へ

   2016年10月5日(水)曇り 気温27℃(11:40)

   今日も、山の中の湿地へ行って来ました。
   道草をしないで行ったため、湿地へは10:27 に入ることが出来ました。
a0122264_19051232.jpg
a0122264_19065740.jpg
a0122264_19075856.jpg
   
   ↓ キイトトンボが不思議な動きをしてました。
     イトトンボの仲間に時々見られるお腹くねくね運動?です。
     ストレッチなのでしょうか? 
a0122264_19121578.jpg
a0122264_19110717.jpg
a0122264_19093569.jpg
a0122264_19164820.jpg

a0122264_19184578.jpg
 ↑ コノシメトンボが水辺に入りりましたが…。

a0122264_20144710.jpg

 ↑ ネキトンボの縄張り内だったため、水の中へ叩き落とされてしまいました。
a0122264_19212140.jpg
 ↑ 可哀そうだったので掬いあげてやったら、間もなくして林の上の方に飛んで行きました。
a0122264_19374891.jpg
↑ コノシメトンボを叩き落としたネキトンボ♂です。
トンボの世界では、大きさよりも、先に縄張りを張っていたほうが強く出るようです。
a0122264_19412232.jpg
a0122264_19425240.jpg
↑ ヒメアカネはたくさんいて交尾態のものもいました。

a0122264_19444744.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。
どういうわけか、今日はマユタテアカネの数が少なかったです。
a0122264_19470226.jpg
↑ アキアカネも数頭いました。 写真は♀

今日も観たかったトンボは確認出来ませんでした。
蒸し暑くなったので、12時少し前に湿地を後にしました。


   車へ戻り、ため池の畔でお弁当を食べていると、交尾態のトンボが横切って行きました。
a0122264_20021662.jpg
↑ マユタテアカネの交尾です。
a0122264_20033561.jpg
a0122264_20042780.jpg
↑ リスアカネの♂もいました。





    今日のおまけです。
a0122264_19505047.jpg
↑ 虫を捉えたカナヘビです。











by tombo-crazy | 2016-10-06 20:51 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

今日も山の中の湿地へ

   2016年10月5日(水)曇り 気温27℃(11:40)

   今日も、山の中の湿地へ行って来ました。
   道草をしないで行ったため、湿地へは10:27に入ることが出来ました。
a0122264_19051232.jpg
a0122264_19065740.jpg
a0122264_19075856.jpg
   
   ↓ キイトトンボが不思議な動きをしてました。
     イトトンボの仲間に時々見られるお腹くねくね運動?です。
     ストレッチなのでしょうか? 
a0122264_19121578.jpg
a0122264_19110717.jpg
a0122264_19093569.jpg
a0122264_19164820.jpg


a0122264_19184578.jpg
 ↑ コノシメトンボが水辺に入りりましたが…。
a0122264_19232912.jpg
 ↑ ネキトンボの縄張り内だったため、水の中へ叩き落とされてしまいました。
a0122264_19212140.jpg
 ↑ 可哀そうだったので掬いあげてやったら、間もなくして林の上の方に飛んで行きました。
a0122264_19374891.jpg
↑ コノシメトンボを叩き落としたネキトンボ♂です。
トンボの世界では、大きさよりも、先に縄張りを張っていたほうが強く出るようです。
a0122264_19412232.jpg
a0122264_19425240.jpg
↑ ヒメアカネはたくさんいて交尾態のものもいました。

a0122264_19444744.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。
どういうわけか、今日はマユタテアカネの数が少なかったです。
a0122264_19470226.jpg
↑ アキアカネも数頭いました。 写真は♀

今日も観たかったトンボは確認出来ませんでした。
蒸し暑くなったので、12時少し前に湿地を後にしました。


   車へ戻り、ため池の畔でお弁当を食べていると、交尾態のトンボが横切って行きました。
a0122264_20021662.jpg
↑ マユタテアカネの交尾です。
a0122264_20033561.jpg
a0122264_20042780.jpg
↑ リスアカネの♂もいました。





    今日のおまけです。
a0122264_19505047.jpg
↑ 虫を捉えたカナヘビです。











by tombo-crazy | 2016-10-06 20:51 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

もしかしたら…

   2016年9月30日(金)うすぐもり 気温25℃( 11:40 )

  昨年の冬に見つけた山の中のO湿地へ行って来ました。
  ここへは、4月6日と4月11日にトンボ観察に入ってます。
  シーズンを通して行けば良いのですが、道のない山を、地図とコンパスを頼りに辿りますので、
  夏場は暑いので秋になるのを待っていました。
  それでも、冬場に何度か通ったことで、地図やコンパスなしでも、目的地へ着けるようになりました。

  ゆっくり登って行ったのですが、尾根へ辿り着いた時は、汗汗汗でしたが、
  このところの長雨で出たキノコや、秋の草花などが観れて、疲れを感じることなく、目的地へは11:20着。


  確認出来たトンボ

     ① マユタテアカネ
a0122264_19080962.jpg
a0122264_19130786.jpg
a0122264_19191559.jpg
a0122264_19132562.jpg
↑ マユタテアカネの♀たちです。 山の中も含め所々で観ることが出来ました。
ノシメ型が多いように感じました。 ( 3:1 位 )

a0122264_19090374.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。
a0122264_19203777.jpg
a0122264_19212788.jpg
a0122264_19225712.jpg
a0122264_19222933.jpg
↑ マユタテアカネの連結産卵も、2ペア観ることが出来ました。


      ② ヒメアカネ
a0122264_19275466.jpg
↑ シラタマホシクサにとまるヒメアカネの♂です。
a0122264_19294081.jpg
↑ ヘビノボラズにとまるヒメアカネの♂です。
a0122264_19321109.jpg
a0122264_19332867.jpg
a0122264_19335535.jpg
a0122264_19342034.jpg
a0122264_19345204.jpg
a0122264_19370187.jpg
a0122264_19372596.jpg
a0122264_19374572.jpg
a0122264_19384174.jpg
a0122264_19391670.jpg
↑ 交尾態のヒメアカネがたくさんいました。


      ③ コノシメトンボ
            
a0122264_19442788.jpg
a0122264_19432786.jpg
a0122264_19435760.jpg
↑ コノシメトンボの♀です。 面白いことに草へとまっている個体はいませんでした。
a0122264_19520177.jpg


      ④ ノシメトンボ
a0122264_19552132.jpg
a0122264_19554551.jpg
↑ 1頭だけ、帰り際に出て来たノシメトンボの♂です。


     
      ⑤ アキアカネ
a0122264_19591716.jpg
↑ やはり1頭だけいたアキアカネの♂です。

写真に撮ることは出来ませんでしたが、ネキトンボ連結ペア 1が、一度水辺へ入り、消えました。
と言うことで、この日確認出来た赤とんぼ(アカネ属)は6種類でした。

アカネ属以外では、オオシオカラトンボ2、オオルリボシヤンマ1、キイトトンボ産卵ペア1、オツネントンボ1がいました。
何度か来ることで、もう少し全貌が判りそうです。

日差しが強くなり暑くなったので、13:20に現地を後にしました。


   おまけ
   
     今回であったキノコや植物の一部です。
a0122264_20082555.jpg
↑ シロオニタケ(毒)です。
a0122264_20112402.jpg
↑ ムラサキシメジ(食)です。
a0122264_20122800.jpg
↑ イグチの仲間です。 ( ヤマドリタケ? )
a0122264_20134960.jpg
a0122264_20140602.jpg
↑ オケラです。
a0122264_20155951.jpg
↑ キキョウです。
a0122264_20171760.jpg
↑ オミナエシです。
a0122264_20182138.jpg
↑ カモメヅルです。
a0122264_20264938.jpg
↑ ガマズミです。
a0122264_20275435.jpg
↑ サワヒヨドリです。
a0122264_20300781.jpg
↑ ミミカギグサです。
a0122264_20285870.jpg
↑ ホザキノミミカギグサです。
a0122264_13005341.jpg
a0122264_13013589.jpg
↑ スイランです。ニガナに似ています。背丈は30cmほどで長細い葉で、湿地の所々にありました。
a0122264_13402419.jpg
↑ サワシロギクです。 スイランよりは少なかったです。

a0122264_12590789.jpg
a0122264_20450229.jpg
↑ ヒツジグサです。 ( なお、下の写真は別の所で撮ったものです。 )



   道がなく、あるのはけものみ(獣道)だけに、
今では見かけなくなった植物がたくさんあり、楽しいトンボ見となりました。
   その中でも圧巻だったのは下記のシラタマホシクサの大群落です。
a0122264_20231582.jpg
a0122264_20235163.jpg
a0122264_20241939.jpg
a0122264_20253859.jpg
a0122264_20255833.jpg



  

by tombo-crazy | 2016-10-01 20:31 | トンボの棲む環境 | Comments(0)