タグ:コヤマトンボ ( 9 ) タグの人気記事

キイロヤマトンボ

2018年7月2日 晴れ 気温31℃(11:43)

 東京からトンボ友のTさんが見えました。
目的は、キイロヤマトンボです。
Tさんにとっては、1年前から楽しみにしていたトンボ見です。
新安城駅9:30待ち合わせで、私の車に乗って頂き、目的の川へ入りました。

 Tさんの日頃の行いが良いのでしょう。
心配していたキイロヤマトンボでしたが、川へ入ると直ぐに、出会うことが出来ました。
ただ、午後になると、あまり見ることはありませんでした。

 それでも、始めに楽しむことが出来たので、他のトンボたちも、ゆっくり楽しむことが出来ました。

a0122264_10032832.jpg
a0122264_10033612.jpg
a0122264_10034685.jpg
a0122264_10035497.jpg
a0122264_10040887.jpg
a0122264_10044883.jpg
↑ キイロヤマトンボの♂です。
2頭の飛翔を楽しむことが出来ました。

a0122264_10111482.jpg
a0122264_10112898.jpg
a0122264_10114124.jpg
↑ コヤマトンボの産卵です。

a0122264_10104684.jpg
↑ オジロサナエの羽化です。
他のトンボを見て、10ほどして戻ると、飛び立った後でした。

a0122264_10103136.jpg
↑ アオサナエの♂です。

a0122264_10143936.jpg
a0122264_10144510.jpg
↑ アオハダトンボの交尾と♀(下の写真)です。

a0122264_10162946.jpg
a0122264_10162092.jpg
↑ シオカラトンボの産卵です。
緩やかとはいえ、流れのある川での産卵は、あまり見かけません。
a0122264_10192999.jpg
↑ Tさんに気にいって頂いた川の景観です。







by tombo-crazy | 2018-07-31 10:20 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

カエル谷

2018年6月12日、13日 うすぐもり 気温 26℃(12日12:30、13日11:00)

 11日(月)は、カエル谷の作業日でしたが、
台風が梅雨前線を刺激し、東海地方は、所により150mm位の雨になるかも…との予報でしたから、
日曜の夜に、明日のカエル谷の整備は中止しますと、みなさんに連絡していました。
 と言うことで、12日(火)と13日(水)に、一人でカエル谷へ行って来ました。
日曜の夜中から月曜未明にかけて少し雨が降ったようですが、月曜の日中は雨が降らずに済みました。
それでも、8日(金)の雨の影響で、4ヶ所中、2か所の取水口が土砂で塞がれていたので、
その補修や、水草の間引きをして来ました。
a0122264_09143096.jpg
a0122264_09133444.jpg

 水草の間引きは、もしかしたらマルタンヤンマやタガメの卵塊が観れるかも…との期待を込めての作業です。

 幸い、どちらも見つけることが出来たのですが、マルタンヤンマは羽化に失敗したらしく、死体が水に浮いていました。
8日の雨の影響でしょうか? 翅が開かずに終わったようです。
a0122264_22202987.jpg
↑ 羽化に失敗したマルタンヤンマの♀
a0122264_22210886.jpg
↑ マルタンヤンマの羽化殻です。二つありました。
a0122264_22300677.jpg
↑ タガメの卵塊です。
後、2~3日で孵化すると思われます。
a0122264_22322522.jpg
↑ タガメの4齢幼虫です。

他にも、下記のような今シーズン初認のトンボがいました。
a0122264_22481251.jpg
↑ コオニヤンマの♂です。
a0122264_22492752.jpg
↑ 羽化して間もないオオアオイトトンボの♂です。
a0122264_22505074.jpg
↑ 羽化して間もないキイトトンボの♀です。
a0122264_22561849.jpg
a0122264_22564788.jpg
↑ モートンイトトンボの産卵も確認出来ました。



 今日のおまけです。

a0122264_09220434.jpg
a0122264_09221579.jpg
a0122264_09222776.jpg
a0122264_09223826.jpg
a0122264_09224402.jpg
↑ きれいなアオダイショウがいました。
カエルを探しているようでした。
パソコンで画像を拡大すると、眼の後ろ側や首筋にダニが付いていました。
蛇と言えども、ダニは付くようです。(トンボもですが…)

アオダイショウは、おとなしく有用な蛇で、田舎では、穀物をネズミの被害から守るために、
物置や、室で飼っている家が多かったです。(我が家の物置でも。)













by tombo-crazy | 2018-06-13 21:50 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

川と池と

2018年6月8日 うすぐもり 気温 27℃(11:30)

 今日は、先日の川へ行き、帰りに近くの池に寄って来ました。



 その① アオハダトンボのいる川

 川へは10時半頃入りました。
いつものポイントから川へ入り、上流へ向かって川の中を歩いていると、
意外なトンボがいました。
a0122264_10410586.jpg
↑ ホソミオツネントンボの♂です。
この川で見たのは初めてでした。


今日もアオハダトンボを観ることが出来ました。
a0122264_10444376.jpg
a0122264_10444970.jpg
↑ アオハダトンボの♀です。
a0122264_10462680.jpg
a0122264_10471558.jpg
↑ アオハダトンボの♂です。
a0122264_10482111.jpg
↑ アオハダトンボの♂(左)と♀(右)です。
a0122264_10515029.jpg
↑ アオハダトンボの連結です。
a0122264_10485326.jpg
a0122264_10491056.jpg
↑ アオハダトンボの交尾です。
a0122264_10493499.jpg
a0122264_10492917.jpg
↑ アオハダトンボの産卵です。
a0122264_10532691.jpg
a0122264_10533750.jpg
↑ ニホンカワトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_10562193.jpg
a0122264_10563159.jpg
a0122264_10564297.jpg
a0122264_10565815.jpg

a0122264_10570778.jpg
a0122264_10572216.jpg

a0122264_10573523.jpg
a0122264_10574209.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。
3頭いました。
a0122264_11070796.jpg
a0122264_11073653.jpg
a0122264_11080029.jpg
↑ 砂と川の流れが創りだす自然の造形です。
この川の流域は領家花崗岩類に属する花崗岩、花崗閃緑岩、石英閃緑岩類からなり、
長い年月にわたって土砂の流出が続き、独特の川の相を造り、
ある種のトンボたちには、良い環境になっているようです。




 その② 公園のため池

 かつては、トンボが30種類ほどいたため池ですが、
釣り堀化してしまい、水草が邪魔者として取り除かれたり、撒き餌などで池の富栄養化が進み、
オオマリコケムシも発生するなど、トンボの数も20種を切り、数も少なくなっています。
 そんな中で、見られたトンボです。  

↑ アオモンイトトンボの赤褐色型♀です。
a0122264_11421371.jpg
↑ 羽化間もないアオモンイトトンボの♀です。
a0122264_11423417.jpg
↑ アオモンイトトンボの♂です。
a0122264_11430123.jpg
↑ アオモンイトトンボの交尾です。

a0122264_11551300.jpg
a0122264_11550132.jpg
↑ コフキトンボの♀(上)と♂(下)です。

a0122264_12084073.jpg
a0122264_12085120.jpg
a0122264_12090288.jpg
a0122264_12090904.jpg
a0122264_12092674.jpg
↑ コシアキトンボの♂です。





 



by tombo-crazy | 2018-06-08 21:29 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

今シーズン初めての川へ

21018年6月1日 晴れ 気温24~25℃(10:30~14:30)

 アオハダトンボを見に、川へ行って来ました。
川のある流域は、お気に入りの所で、冬の間は、地形図とコンパスを使って、
道のない尾根や沢を歩いています。

 目的地の川には、10:30頃着きました。
このところの雨で水位が上がっていたので、胴長をはいて川へ入りました。
この川の特徴は、大量の砂が川に入り込んでいることです。
このことが、ある種のトンボたちには幸いしているようで、
他の河川であまり見ることの出来ないトンボを観ることが出来ます。
ただ、岩でなく砂ですから、大雨の後は、川の様相が一変します。

a0122264_18074891.jpg
a0122264_07251223.jpg
↑ 降り口付近は、例年より砂地が少なくなっていました。
a0122264_18063939.jpg
↑ 上流に向かうと、所々に増水の痕跡がありました。
写真は大量のツルヨシです。
a0122264_07250221.jpg

それでも、観たかったアオハダトンボをはじめ、たくさんのトンボを観ることが出来ました。
a0122264_18123274.jpg
a0122264_18124608.jpg
a0122264_18125662.jpg
a0122264_07214364.jpg
↑ 白い縁紋が特徴のアオハダトンボの♀です。
a0122264_18141022.jpg
a0122264_18142420.jpg
a0122264_07230329.jpg

午後になるとアオハダトンボの交尾も観ることが出来ました。(14:16~14:17)

a0122264_18141775.jpg
↑ 翅と腹部の色合いがきれいなアオハダトンボの♂です。
a0122264_18160192.jpg
a0122264_18160848.jpg
↑ 交尾しようと♀にアタックする♂です。
a0122264_18162228.jpg
↑ ♀に受け入れてもらえ、交尾態の完成です。
a0122264_19212282.jpg
a0122264_19213157.jpg
a0122264_19213891.jpg
a0122264_19214561.jpg
↑ 今日見た♂は、とても♀想いのようで、産卵する♀の傍を離れませんでした。
他の♂が近づくと、果敢にアタックを繰り返していました。
どんな生きものも、子孫を残すことは大変ですね。

a0122264_20155344.jpg
a0122264_20160009.jpg
↑ ♂が消えた後も、産卵を続ける♀。
a0122264_20185300.jpg
a0122264_20183001.jpg
a0122264_20190025.jpg
a0122264_20190996.jpg
↑ アオサナエの♂です。
a0122264_20192489.jpg
↑ 腹部挙上姿勢をとっていたアオサナエの♂です。
しばらくして
突然、スクランブルしたと思ったら…
a0122264_20193499.jpg
↑ 虫を捕まえ、元の位置に戻り、再び腹部挙上姿勢をとりました。
虫を食べながらです。
落ちた翅を見ると、テントウムシのハラグロオオテントウのようです。

a0122264_20184722.jpg
a0122264_20182154.jpg
↑ 縄張りをパトロール?するアオサナエの♂です。
♀を探しているのかも知れません。
a0122264_20334909.jpg
a0122264_20335528.jpg
↑ ヤマサナエの♂です。
a0122264_20344016.jpg
↑ ヤマサナエの♂とアオハダトンボの♀です。
種が違うせいか、どちらもおとなしくしてました。
a0122264_20363919.jpg
a0122264_07235502.jpg
a0122264_20362642.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂(上)と♀(下)です。
a0122264_07243682.jpg
a0122264_07240814.jpg
↑ ニホンカワトンボの産卵です。
a0122264_20374661.jpg
↑ 下流から来て対岸に止まったトンボがいました。
ホンサナエの♀でした。(トリミング)
卵塊が付いています。
a0122264_20400170.jpg
a0122264_20412372.jpg
a0122264_20395710.jpg
a0122264_20394766.jpg
a0122264_20411565.jpg
a0122264_20394015.jpg
a0122264_20412372.jpg
a0122264_20400942.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。

ワンドになった所には、シオカラトンボやハラビロトンボがいました。
a0122264_20450982.jpg
a0122264_20442455.jpg
↑ シオカラトンボの♂です。
a0122264_10265054.jpg
a0122264_07490822.jpg
↑ ハラビロトンボの♂(上)と♀(下)です。



 今日のおまけです。
a0122264_20463766.jpg
a0122264_20464719.jpg
↑ イシガメです。
昨年、今回の半分ほどのカメを観た所と、同じ辺りでした。

a0122264_07494951.jpg
↑ キタキチョウです。濡れた砂地で水?を吸っていました。
a0122264_20481107.jpg
↑ ヤマボウシの花がきれいでした。


以下は、今年の2月に川を挟む山へ登った時の写真です。
a0122264_17485305.jpg
a0122264_17511145.jpg
a0122264_17521073.jpg
a0122264_17473075.jpg
a0122264_17581416.jpg
a0122264_17560526.jpg
a0122264_17585946.jpg
↑ 眼下の谷間が、今日の川の上流域になります。
a0122264_17550334.jpg
a0122264_17565309.jpg
a0122264_17563270.jpg
↑ 今日の川の南側の支流です。
たくさんの土砂の流出が認められました。






by tombo-crazy | 2018-06-01 21:31 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

コヤマトンボの羽化

2017年5月27日(土) 晴れ

今日は、歩さん、イヨさん、モンさんのトンボ狂会のみなさんと一緒のトンボ観です。
目的のS川には、8時頃入りました。

a0122264_09435285.jpg
↑ 入川地点から上流側を見たところです。
a0122264_09453882.jpg
↑ ワンドです。水がないときもあります。

時間的には、羽化中の個体が観れる可能性があったので、
探しながら400mほど上流まで川の中を歩きました。

a0122264_09535595.jpg
a0122264_09552993.jpg
a0122264_09555959.jpg
↑ コヤマトンボの羽化殻です。

先日より水かさが増していて、トンボの姿も多く感じました。

目の前を横切り、岸辺の木に留まったトンボがいました。
ホンサナエの♀でした。 ↓
a0122264_11011494.jpg
a0122264_11074164.jpg
↑ ヤマサナエの♂です。
a0122264_11101527.jpg
↑ アオサナエの♂です。
a0122264_11114608.jpg
a0122264_11134589.jpg
↑ アオハダトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_11181894.jpg
a0122264_11172288.jpg
↑ ニホンカワトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_11205087.jpg
↑ ヨツボシトンボの♂です。
a0122264_11223321.jpg
a0122264_11300747.jpg
a0122264_11292657.jpg
↑ ハラビロトンボの♀(上)と若い♂(中)と成熟♂(下)です。
a0122264_11443882.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。

11時頃、トンボ界の大先輩、Uさんが見えました。
羽化状況調査と言うことで、羽化殻を同定しながらカウントし、回収されていました。
Uさんは、ムカシトンボの研究を20数年やってられる方です。
以後、S川の以前の様子やトンボのお話を伺いながら、一度上流へ行き、
戻って来るとき、諦めかけてた羽化個体を見つけることが出来ました。
死角になっていたのです。
a0122264_11510747.jpg
a0122264_11524643.jpg
a0122264_11531704.jpg
a0122264_11542808.jpg
↑ 羽化中のコヤマトンボ♂です。


 おまけ

アオサナエ、アオハダトンボと青が続いたので、トンボではありませんが青つながりでアオダイショウです。 ↓
a0122264_12005177.jpg
もうひとつは
a0122264_12034903.jpg
↑ 何グモでしょうか?
始め、コヤマトンボのヤゴかと思い、近づいたらクモでした。


a0122264_12155525.jpg
a0122264_12162636.jpg
a0122264_12171828.jpg

みなさんと一緒のトンボ観で、楽しい1日でした。















by tombo-crazy | 2017-05-27 22:23 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

再び池めぐり

2017年5月18日(木) 晴れ

鎖骨骨折で安静?の身には、
家から1時間ほどで行けて、里山の雰囲気も良く、トンボが観れ、ほどほど歩くことの出来る旧藤岡町のため池群には、
つい足が向きます。
今日は、二つの池に行きました。

その① K町K池

    池には、10時半頃着きました。
a0122264_17204289.jpg
a0122264_17251266.jpg
↑ 今日一番楽しませてくれたオオヤマトンボの♂です。
上の写真の一番奥、崖に挟まれた所と左手の堤体の間を行き来してくれました。
a0122264_17321027.jpg
↑ タベサナエ♂です。
a0122264_17334258.jpg
↑ ムカシヤンマ♀です。
大きく、姿も色合いもいいトンボですが、このように地べたやガードレールなどに止まることがあり、
写真を撮るときは、木や岩に止まってくれ…と言いたくなる不思議なトンボです。
a0122264_17512941.jpg
a0122264_17524937.jpg
↑ ヤマサナエの♂(上)と♀(下)です。
写真からは、♂(上)と♀(下)の翅胸前面条は違って見え、
♀(下)の翅胸前面条が、キイロサナエに似ていますが、
産卵弁がありませんから、どちらもヤマサナエと言えます。

a0122264_18151639.jpg
↑ ホソミオツネントンボの交尾です。
a0122264_18153167.jpg
↑ ホソミイトトンボ♂です。

植物も良かったです。

a0122264_18185172.jpg
↑ ガクが5枚でないので、コツクバネウツギかも知れません。
a0122264_18192678.jpg
↑ ヤマツツジです。
a0122264_18202115.jpg
↑ 花後のコウヤミズキです。
a0122264_18221003.jpg
↑ カザグルマです。
a0122264_10225866.jpg
↑ シライトソウです。
a0122264_10253804.jpg
↑ 山頂からの眺めです。
正面左に猿投山、戸越峠、三国山が見えます。
眼下の田植えが済んで間もない田んぼと、山裾の集落がきれいです。




その② I町K池

   3Kmほど戻った、K池にも寄って来ました。
a0122264_10312217.jpg
↑ K池です。
灌漑用ため池としての役割は、だいぶ前に終わったようで、山の中にひっそりと佇む古池です。
周囲の様子から、水深は今よりも3~4mはあったようです。
シーズンになると、ジュンサイやヒルムシロが水面を覆い、釣り人が入り込まないこともあり、
トンボにとっては良い環境となっています。

a0122264_10511125.jpg
↑ オオイトトンボです。
a0122264_10564791.jpg
↑ クロスジギンヤンマの産卵です。

a0122264_11004398.jpg
↑ タベサナエ♂です。
a0122264_11015890.jpg
↑ フタスジサナエ♂です。
a0122264_11034045.jpg
a0122264_11041005.jpg
↑ ホソミイトトンボです。

a0122264_11061755.jpg
↑ ホソミオツネントンボです。
a0122264_11091187.jpg
↑ 羽化間もないモノサシトンボです。


途中、弁当を食べ、家には、3時前に戻りました。







by tombo-crazy | 2017-05-18 22:05 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

A川通い

  2016年5月27日、29日、6月1日 

  アオハダトンボとコヤマトンボなどの写真を撮るため、A川通いをしています。
  A川は、標高370~150mの山間を緩やかに流れる全長7Kmにも満たない小河川ですが、
  上流域が、かつて御料林や国有林となっていたことで、多様な自然が残っていること、
  花崗岩地帯のため、良質な砂が常に供給され続けていること、
  コンクリート護岸がないことなどから、トンボに限らず魅力的な生物相を保持しています。
  哺乳類ではニホンジカやカモシカも生息しています。
 

  アオハダトンボ

  子どもの頃、田舎では神様トンボと呼んでいたこともあり、このトンボだけは、翅をむしったりのいたずらはしないで眺めるだけにしていました。
  それにしてもきれいなトンボです。
  青肌トンボの名前通り、腹部は光の当たり方によって、古名の青(緑)に輝いたり、現在の青色に輝いて見えます。
  生息環境も、水質の良い、自然度豊かなところにいますから、毎年、このトンボを観ることが楽しみの一つになっています。
  ただ、各地でその数を減らしているのは残念です。 不必要な護岸や、水質悪化をさせないよう私たちは努めたいと思います。
a0122264_22153717.jpg
a0122264_22315081.jpg
a0122264_07135179.jpg
↑ ♀です。
a0122264_22170835.jpg
a0122264_22302832.jpg
a0122264_10464718.jpg
↑ ♂です。
a0122264_10401281.jpg
a0122264_10412083.jpg
a0122264_10413610.jpg
↑ ♂たちのテリトリー争いです。

a0122264_22193204.jpg
a0122264_22471655.jpg
a0122264_22475010.jpg
a0122264_22465294.jpg
a0122264_10062750.jpg
a0122264_10065090.jpg
↑ 求愛行動です。
時々、♂は水面に落ちて流され、♀の気を引こうとする不思議な行動をします。
a0122264_22224804.jpg
a0122264_22233877.jpg
↑ 交尾です。
交尾は♀主導で成立します。♂がどんなに求愛しても気に入らないときは、♀は受け入れません。
また、上の写真に見るように、アオハダトンボの♀は、♂の翅の中に頭を入れていることがたびたび見られました。
恥じらい?…でしょうか?

a0122264_22275003.jpg
a0122264_22281797.jpg
a0122264_10131818.jpg
a0122264_10132963.jpg
a0122264_10135712.jpg
↑ 産卵です。 潜水産卵も観ることが出来ました。(TG-870で撮影)


 
 アオサナエ

  アオサナエも好きなトンボのひとつです。 こちらの場合、名前の青は古名の青(緑)から来ているようです。

a0122264_10205633.jpg
 ↑ アオサナエの♂です。
たいていは2~3頭いるのですが、いない日もありました。


  ホンサナエ

  ホンサナエと言う名前はなぜ付いたのかな?といつも思うトンボです。
  他のサナエと比べ、ずんぐりした感じで、不思議です。
  名前が付いた頃の日本人の体形に近いとの想いだったのでしょうか?
  どなたか知っている方がいたら教えてください。

a0122264_11252578.jpg
a0122264_11275216.jpg
a0122264_11222302.jpg
a0122264_11224551.jpg
a0122264_11225838.jpg
↑ ホンサナエの♂です。


 
  コヤマトンボ

  正直、キイロヤマトンボとコヤマトンボの同定に自信がありませんが、とりあえず、自分なりの層別ですが…。  
  エゾトンボの仲間は、シルエットと色彩がきれいで、どれも好きです。

a0122264_11331388.jpg
a0122264_11335855.jpg
a0122264_11341614.jpg
a0122264_11343418.jpg
a0122264_11344715.jpg
a0122264_11350064.jpg
a0122264_11353155.jpg
a0122264_11355922.jpg
↑ コヤマトンボ?の♂です。
a0122264_11380144.jpg
↑ コヤマトンボの産卵です。



  キイロヤマトンボ
a0122264_11401264.jpg
↑ キイロヤマトンボの♂でしょうか?
捕まえて、図鑑と比較しないと判断出来ない私でした。 








by tombo-crazy | 2016-06-01 22:24 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

もう一つのアオハダトンボの川へ

  2016年5月26日(木)うす曇り 気温 25℃(13:15)

  今日は、K池でオオイトトンボを見てからA川へ行き、アオハダトンボの状況を見て来ようとの計画で、
  家を9時少し過ぎに出ました。 K池へは10時着。 このところ続いた忘れものもありません。
 
  K池

   オオイトトンボの潜水産卵を期待してのK池でしたが、産卵はあるものの潜水してくれるペアはなし。
   と言うことで、早めにA川へ移動。
a0122264_17274156.jpg
↑ オオイトトンボの羽化です。
a0122264_17313495.jpg
↑ キイトトンボの羽化です。
a0122264_17293705.jpg
a0122264_17345202.jpg
↑ モノサシトンボです。
a0122264_20472928.jpg
a0122264_20475220.jpg
a0122264_20481987.jpg
↑ オオイトトンボです。


  A川

    加茂地域を代表する矢作川の支流の一つです。
    全長は7Km弱ですが、標高370mから150mほどの山間をゆったりと流れ、
    上流域は、かつて御料林時代を経て国有林だったこともあり、水質が良いこと、川砂が多いことなどから、
    トンボに限らず、動植物相の良い川と流域です。上流域にはニホンジカも生息しています。
    近くには、兄貴分と言えるA川がありますが、こちらは集落などの関係で、所々コンクリート護岸になっています。
a0122264_17361232.jpg
a0122264_21023663.jpg
↑ トンボ相の良いA川です。
一シーズンぶりに訪ねました。

a0122264_21190489.jpg
↑ アオサナエの♂です。
a0122264_21204186.jpg
↑ アオハダトンボの♀です。
a0122264_21213844.jpg
↑ アオハダトンボの♂です。
a0122264_21235140.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。
a0122264_21264731.jpg
↑ ホンサナエの♀です。卵塊が出来つつありました。
a0122264_21322764.jpg
a0122264_21383519.jpg
↑ ホンサナエの♂です。
♂たちは中洲の砂の上や、川べりの木の枝に止まって♀の来るのを待っていました。
a0122264_21404807.jpg
↑ ヤマサナエの♂です。

他にはニホンカワトンボなどがいましたが、アオハダトンボは先日の二つの河川同様、数はいませんでした。
どうやらこれから羽化のピークに入るようです。


  今日のおまけは、川べりに自生していたヤマボウシ(山法師)です。
  私のお気に入りの樹木の一つです。 実は食べれます。
a0122264_22060701.jpg









    

by tombo-crazy | 2016-05-26 22:20 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

気を付けて帰ろう…その③


6月4日(木) うす曇り  その③

15時を回ったところでT川を離れ、S川へ向かいました。
今回のA川、T川、そして最後に行ったSの三つの川は、いずれも加茂地方の旧東加茂郡にある川で、最後は矢作川経由で三河湾へとつながります。

S川のポイントへは、16時少し前に着きました。
17日に来た時と比べ、水位が上がり、ホンサナエが休憩に使っていた中洲が消えていました。
コヤマトンボが川の上を行ったり来たり飛んでいました。 エサと♀を探しているのでしょうか? 全部で3頭いました。
何とか、飛翔写真を撮りたいのですが、ホバーリングはしないし、コースをいろいろ変えるので、中々でした。
でも、今日は勉強の日になりました。
Hさんはトンボの飛翔撮影の名人ですから、下手な私には、Hさんが撮る様子を間近で観察できるのです。
撮影の邪魔にならない辺りにいて、じっくり観させて頂き、トライをしたのですが…、
a0122264_06315207.jpg
▲ 置きピンで撮れたと思ったら、久々の置きピンなので下になってしまいました。 (言い訳無用。実力でした。)
a0122264_06314750.jpg
▲ まあまあの位置に入ったのですが、大海人皇子(おおあまのおうじ)です。(=ピントが甘いの意)
でも、背中を観て学べとか、習うより慣れろとも言います。 めげずに頑張りますので、ご指導よろしくです。

さて、目的のアオサナエでが、16:30頃から増えて来て、砂地で休んでいます。
♀が来るのを待っているようです。 待っているのですからストーカーとは言いません。( ね。)
砂地にはホンサナエもいましたが、先日しっかり観させて頂きましたので、今日はアオサナエです。

と言うことで、アオサナエを狙っていたのですが、私の足元にホンサナエの♂が来ました。
そして、以外だったことは、砂地に止まらず、タデ科のママコノシリヌグイに止まったのです。
砂地と比べたら不安定で、トゲはあるし、どんな選択なのでしょうか? 不思議です。 ちなみに他の4~5頭の個体は全て砂地に止まっていました。
a0122264_07024159.jpg
▲ ママコノシリヌグイに止まったホンサナエの♂です。
▼ 以下、アオサナエの♂たちです。
a0122264_07053274.jpg
a0122264_07053513.jpg
a0122264_07055405.jpg
a0122264_07055769.jpg
今朝、Hさんと話しているとき、アオサナエの♂たちは砂地に2~3mの距離を置いて止まり、互いに牽制していると聞いていたので、ひらめいたことがありました。
岩の上に止まってくれたら絵になるのになあ…。
それで、家を出るとき、庭の石を二つ持って来ました。
本当は岩がいいのですが、クレーン車はありませんから、水面から15cmも出ていれば何とかと…手で持てる細長い石を持って来たのです。
Hさん用の石にはすぐに止まってくれたのですが、下流にセットしたMY石には中々です。
位置を変えようと、川の中へ入り、中洲だった所の砂を盛っていたときのことです。
すぐ近くにアオサナエが来て、ホバーリングを始めたのです。「ん!」
急いで石をセットし、カメラを置いていた所へ戻ったのですが、ホバーリングを続けています。
何だろう? 初めて観るアオサナエの単独空中産卵だったのです。
a0122264_07060311.jpg
a0122264_07060542.jpg
▲ アオサナエの単独空中産卵です。(17:10~17:12)
ただ、残念だったのは、上流にあるもう一つの産卵ポイントに行っていて、Hさんがいなかったのです。
a0122264_07061399.jpg
▲ MY石にも止まってくれたアオサナエの♂です。
一度認知すると、他の♂が来て離れてもすぐに戻り止まってくれました。 
a0122264_07275002.jpg
a0122264_07310847.jpg
▲ 砂地でなく用意した二つの石に止まってくれたアオサナエです。
なお、景観と環境に配慮し、石は片づけておきましたが、ちょっと、やらせの撮影でした。

今日の私は、本当にツキまくりでした。
ただ、このようなツキまくりの日はタガが緩みますから、帰りは気をつけて帰ります。
Hさん、今日はありがとうございました。 お先に。 (18:32)









by tombo-crazy | 2015-06-05 22:52 | トンボ見て歩記 | Comments(0)