タグ:サラサヤンマ ( 6 ) タグの人気記事

サラサの湿地とカエル谷

2018年4月18日 くもり時々雨のち晴れ 気温16℃(サラサの湿地10:40) 18℃(カエル谷15:30)


 今日は雨の予報でした。
それで、8時半まで、寝てました。(二度寝)
ただ、昨夜から明け方にかけては、たくさん降ったようです。(本人は爆睡で知らず。)

 朝、ブラインドを開けたら、池の水がオーバーフローし、庭のあちこちに水たまりが出来ていました。
ただ、庭の地中には、排水のためのネトロンパイプを敷設しているため、
朝食を終える頃は、庭の水は引いていました。
それと、うれしいことに、パラパラだった雨も止み、空が明るくなって来ました。

 天気予報を改めて確認すると、今から晴れて来るとのこと。
と、言うことで、家でのんびり過ごす予定を急遽変更。

 隣町へ入る頃、一度雨が降って来ましたが、
空は明るいので、天気予報を信じて、そのまま湿地へ向かいました。
着く頃には、雨も止み、晴れ間が出てました。



その① サラサの湿地

 湿地へは、10時40分に着きました。
先週の雨と、昨夜からの雨で、湿地の水位が更に上がっていて、
長靴が沈する深さの所もありました。
転ばぬ先の杖は、深さチェックにも有効でした。 
でも、そんな中で、羽化していたサラサヤンマがいました。
トンボは雨の日でも羽化することがあるとは聞いていたし、
実際、数回見たことがあるのですが、翅の開き具合からすると、
強い雨の中で羽化していたと思われます。
トンボは、どんな思いで羽化していたのでしょうか?
a0122264_19453703.jpg
a0122264_19455389.jpg
a0122264_19455795.jpg
↑ 雨の中、羽化していたサラサヤンマです。(11:03~12:17)
黄色のテープは、調査のための標識です。

 更に驚いたことがありました。
昨日、見つけていたサラサヤンマが、飛び立つことなく、同じ所にいたのです。
アリなどもたかってなく、どこも問題はなさそうです。
気温が低く、飛ぶのを躊躇っているうちに雨になったので、一晩中じっとしていたようです。
a0122264_19492301.jpg
↑ 夜を明かしていたサラサヤンマです。(4月18日11:20)
すごい生命力です。
a0122264_19545987.jpg
↑ 昨日見たときの同じサラサヤンマです。(4月17日10:36)

a0122264_20015842.jpg
a0122264_20022971.jpg
a0122264_20024374.jpg
↑ 今日の湿地です。

 車へ戻る途中、各1頭ですが、サラサヤンマ以外のトンボがいました。
何年かサラサの湿地へ来ていますが、初めてのことです。
a0122264_20130561.jpg
↑ シオヤトンボです。
a0122264_20143694.jpg
↑ アオモンイトトンボです。



一度帰宅。



 その② カエル谷

 雨がだいぶ降ったようなので、カエル谷へ水周りの点検に行って来ました。
カエル谷には、15:30に着きました。
東の取水口近くに、新しい流れが出来ていましたが、取水口は、塞がってはいませんでした。
南の取水口、西の取水口、畔なども観て回り、東の取水口周辺を補修しました。

 シオヤトンボが、数頭、日向で休んでいました。
成熟個体も、数頭いました。
小さな生きものは、成熟が早いです。
a0122264_20222743.jpg
a0122264_20223980.jpg
a0122264_20225102.jpg
↑ ウワミズザクラ(バラ科)です。









 

by tombo-crazy | 2018-04-18 20:24 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

今日もフタスジサナエを求めて

2018年4月17日 くもりのち雨 気温16℃(10:30)

 週間予報では、雨の予報でしたが、昨夜の予報では、3時頃までは曇りの予報。
と言うことで、サラサヤンマの湿地→フタスジサナエのK池の順で回って来ました。


その① サラサヤンマの湿地 

 湿地には、9時半に着き、先日決めた調査エリアを確認。
 羽化中のサラサヤンマを2頭見つけることが出来ました。
a0122264_22075465.jpg
a0122264_20183654.jpg
a0122264_20191524.jpg
a0122264_20192491.jpg
↑ 羽化中のサラサヤンマです。
調査のため、標識を付けて来ました。




 その② フタスジサナエのK池

 池には、11時に着きました。
 今にも降りそうな空模様ですが、とりあえず、羽化個体を探索。20頭ほど見つけましたが、
羽化個体は、胸の筋が不明瞭で識別が難しい。
とりあえず、フタスジサナエらしいのを以下にアップします。

a0122264_20265669.jpg
a0122264_20271002.jpg
a0122264_21074103.jpg
↑ 上の写真の個体の処女飛行です。
a0122264_20273993.jpg
a0122264_20280816.jpg
a0122264_20282245.jpg
a0122264_20284095.jpg
a0122264_20285227.jpg
↑ フタスジサナエと思える個体です。

a0122264_20303930.jpg
a0122264_20312356.jpg
a0122264_20313569.jpg
a0122264_20314724.jpg
a0122264_20320256.jpg
a0122264_20322530.jpg
a0122264_20324007.jpg
↑ フタスジサナエかも知れない個体です。

a0122264_20343679.jpg
a0122264_20344589.jpg
a0122264_20342442.jpg
a0122264_20350868.jpg
↑ タベサナエの羽化です。


もう少し、調べて確定します。
とりあえずは、仮のアップです。


 追記:
 tomboさんに同定して頂いたら、フタスジと思える個体も、かも知れない個体も、
フタスジサナエとのことでした。

 羽化中の個体は、成熟個体と違って、胸側の黒条が不明瞭なので、
前肩条や尾部付属器、ヤゴの第10節の形状などで判断するようにはしていますが、
羽化中の個体は、手に取って確認出来ないことなどから、現場での確認は困難です。

 タベサナエに遅れること約2週間、当地でも、フタスジサナエの羽化が始まったと言える嬉しい日になりました。

 池畔に迫っていた竹を除伐していたら、雨が降って来たので、1時に池を後にしました。


















by tombo-crazy | 2018-04-17 20:37 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

サラサヤンマが羽化しました。

2018年4月14日(土) 曇り 気温14℃(8:40)~16℃(10:30)

 土日は雨の予報でしたから、家でのんびり過ごすつもりでしたが…
昨夜9時半頃、大阪から戻るtomboさんからのメールで変更しました。
雨と思っていたのですが、パソコンで明日の天気予報を確認すると、
日中は、曇りです。
と言うことで、2人ともトンボ観に出掛けることにしました。

 tomboさんの予定ルートは、サラサの羽化→アオサナエの羽化…です。
同じルートでも良いのですが、月曜の作業で使うため、昨日、ウェーダーをカエル谷に置いて来たので
ワンドへ入るのは無理です。
と言うことで、私のルートは、サラサの羽化→フタスジサナエの羽化として、家を出ました。




 目的地 その① サラサヤンマの湿地

 気温が低い上、どんよりとした曇り空です。羽化があったとしても始まりが遅くなるとの予測で、7時半に家を出ました。

 最初の目的地まで、後、5分位の所へ来たら、
   「サラサの羽化は、まだでした。」 とのtomboさんからのメール。
   「近くまで来ているので、田んぼの所まで行きます。」と、返信。
 車から降りて、目的地へ急ぐ途中、
   「1頭みつけました。」 とのメール。
 急遽、車へ戻り、身支度をし、カメラを持って現地へ。
 気温は、14℃です。

 私が合流したとき、tomboさんは、既に2頭見つけてました。

a0122264_17510362.jpg
a0122264_17514439.jpg
↑ tomboさんが見つけていた個体①と②のサラサヤンマです。(8:51)

a0122264_18103582.jpg

2人で手分けして探すと、計4頭の羽化を見つけることが出来ました。
この辺としては、例年より1週間早いサラサヤンマの羽化の初認です。
a0122264_17581951.jpg
a0122264_17573133.jpg
a0122264_17581370.jpg
↑ 個体②の続きです。
a0122264_18021698.jpg
a0122264_18022486.jpg
↑ 個体③です。
a0122264_18034359.jpg
a0122264_18040645.jpg
↑ 個体④です。(10:08)

 曇り空なので飛び立つまで時間がかかりそうなのと、後、10日ほどは観れそうなので、処女飛行を待たず、次の目的地へ移動しました。


 なお、サラサヤンマの羽化を観ていて、不思議に感じたことがあります。
ヤゴの生息環境が、泥が堆積したような所にもかかわらず、どの羽化殻もきれいなことです。
色が赤っぽいのは、土壌に鉄分が多いことと関係していると思われますが、
ヤゴに泥が着いてなく、きれいなのは、新たな疑問になり、調べてみたいと思いました。





 目的地 その② フタスジサナエの池 

 池は、隣の市の山間部にあるので、有料道路を使い時間短縮をし、池には、11時頃、着くことが出来ました。

a0122264_18151793.jpg
↑ K池です。

 目的だったフタスジサナエの羽化は見つけることが出来ませんでしたが、
羽化殻をひとつ見つけることが出来ました。
来週の天気の良い日に、また、来たいと思います。
a0122264_18221713.jpg
↑ フタスジサナエの羽化殻です。

生憎の天気でしたが、タベサナエの羽化は7頭観ることが出来ました。

a0122264_18302793.jpg
↑ 池に着いて最初に見つけた個体です。
水際の羽化地点から堤の上に向かって歩いていました。(11:01)
a0122264_18243908.jpg
a0122264_18253519.jpg
a0122264_18260410.jpg
a0122264_18263485.jpg
a0122264_18305781.jpg
a0122264_18312766.jpg
a0122264_18305781.jpg
↑ 定位したばかり、翅が伸びたところ、翅が開き飛行待ち…と、
それぞれのシーンのタベサナエです。

 
 もしかしたら…の期待はしたものの、
あまり良くない天候の中、サラサヤンマの羽化に出会うことが出来、嬉しい日となりました。
と、言うことで、今日のトンボ見は、K池で終わりとしました。



  今日のおまけです。
a0122264_18413810.jpg
↑ 田植えをしていました。当地としては、早いです。
先日、セイタカシギを見た田んぼとは、県道を挟んで100mほどの所でした。
早めの田植えは、田んぼを生息地とする赤とんぼのヤゴたちには、助かります。







by tombo-crazy | 2018-04-14 18:43 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

サラサヤンマを観に

2017年6月1日(木) うすぐもり

午後から時間が取れたので、サラサヤンマを観て来ました。今シーズン初めてです。
a0122264_08173406.jpg
a0122264_08181161.jpg
a0122264_08185257.jpg
a0122264_08192534.jpg
a0122264_08195099.jpg
a0122264_08201636.jpg
a0122264_08202798.jpg

by tombo-crazy | 2017-06-01 21:33 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

隣町へ

  2016年4月30日(土)うすぐもり


  その ① N市

  今日は家でのんびりと思っていたのですが、天気が良くなったので、
  ヤマサナエの羽化狙いでN市に行きました。現地には9時10分着。
  とりあえず短いレンズだけを持って川岸を見て歩いたのですが、外れ。
  時間だけでなく、時期や天候も今一だったようです。
  辛うじて羽化殻ひとつ見つけただけでした。
a0122264_21395898.jpg

  上流へと歩いているとき、80mほど北側に見覚えのある車。近づいて確認するとtomboさんの車でした。
  影になってましたが、夢さんのバイクもあります。
  と言うことで、サラサヤンマの湿地へ行くと、3人で羽化の写真を撮っていましたので、合流。
a0122264_21482483.jpg
a0122264_21485488.jpg
↑ サラサヤンマの羽化です。


  10時半頃、早くから来ていたみなさんたちはY池に行くとのことで、同行させて頂きました。



  その ② S市

  途中、早めの昼食をとり、Y池には11時40分頃着きました。
  Oさんがいました。 昨年のサラサヤンマの羽化以来だったでしょうか?
  フタスジサナエやトラフトンボを楽しみました。

  ・Y池
a0122264_08384052.jpg
a0122264_08393745.jpg
a0122264_08400076.jpg
a0122264_08411851.jpg
a0122264_08423084.jpg
↑ 上の写真はいずれもフタスジサナエです。
a0122264_08440979.jpg
↑ ヨツボシトンボです。

  他には、トラフトンボ、クロイトトンボ、ホソミイトトンボ、アジアイトトンボなどがいました。
  Oさん、夢さんは夕方まで粘るとのことでしたが、オグマサナエが観たかった私は、tomboさんの案内で、山道を30分ほど奥のS池に移動。


  ・S池
  
  あいにく、オグマサナエの産卵は見れませんでしたが、♂と、羽化中シオカラトンボを見ることが出来ました。
  往きの坂道は大変でしたが、S池はとても雰囲気が良く、テント泊で2日ほど過ごしながらトンボを見てみたくなる所でした。
  来シーズンは、ぜひ、オグマサナエの羽化と産卵を観に来たいです。
a0122264_08565020.jpg
a0122264_08553964.jpg
a0122264_08545797.jpg
↑ オグマサナエです。
a0122264_08585511.jpg
a0122264_08591103.jpg
a0122264_09011035.jpg
↑ シオカラトンボです。
もう少し早く気づいていれば良かったですが、それでも久々のシオカラトンボの羽化で、うれしかったです。


  tomboさんはじめ、みなさんのおかげで、今日も楽しいトンボ見が出来ました。
  感謝感謝です。




 






by tombo-crazy | 2016-04-30 21:45 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

サラサヤンマの羽化を観に…


4月27日(月)晴れ

 昨日、みなさんとトンボ観をした時、夢さんからサラサヤンマの羽化が始まったとの情報を頂いたので、早起きして観に行ました。
現地には7:25に到着。三つ目の羽化個体を探しているとき、Oさんも来られ、二人で探しました。
なお、Oさんは仕事の都合で途中で帰られましたが、サラサヤンマの羽化を観ると言う楽しい時間を共有できて良かったです。 
a0122264_14475566.jpg
a0122264_20322878.jpg
▲ かつて田んぼだったサラサヤンマの生息地です。
ここへ来たのは2012年6月にサラサヤンマの産卵(左クリックすると当時の様子が分かります。)を観に来て以来です。
a0122264_20461739.jpg

▲ 最初に見つけた個体①♂です。(7:33)

a0122264_20560235.jpg
▲ 個体①♂のその後です。(9:40)             
a0122264_20581879.jpg
▲ 個体①♂のその後です。(10:58)

a0122264_20511352.jpg
▲ 次に見つけた個体②♀です。(7:49)
a0122264_21015771.jpg
▲ 個体②♀のその後です。(9:23)
a0122264_21071736.jpg
▲ 個体②♀のその後です。(10:50)
a0122264_21041329.jpg
▲ 個体②♀が処女飛行して、最初の休憩です。(11:18)

a0122264_08440254.jpg
▲個体③♀です。 ( 9:02)
a0122264_08463808.jpg

▲ 個体③♀のその後です。 (10:49)

a0122264_08500768.jpg
▲ 個体④♂です。Oさんが合流してから見つけました。(7:59)
a0122264_08521933.jpg
▲ 個体④♂のその後です。(10:56)

a0122264_08571993.jpg
▲ 個体⑤♀です。 (7:58)
a0122264_09024656.jpg
▲ 個体⑤♀のその後です。 (8:13)
a0122264_09025960.jpg
▲ 個体⑤♀のその後です。 (10:29)
a0122264_09150395.jpg
▲ 個体⑥♀です。 (7:59)
a0122264_09150866.jpg
▲ 個体⑥♀のその後です。 (10:46)
a0122264_09205093.jpg
▲ 個体⑦♂です。 (9:14)
a0122264_09215627.jpg
▲ 個体⑦♂のその後です。 (10:54)
a0122264_09312968.jpg
▲ 個体⑧♂です。 (9:02)
a0122264_09290087.jpg
▲ 個体⑧は♂なので、④⑦同様、腹部第2と3節の部分の副性器が、白いおしべのように開いて見えました。 (9:15)
a0122264_09541713.jpg
▲ 個体⑧♂のその後です。 (11:03)

帰り支度をして少し歩き出したときです、前方でキラリと光るのものがありました。
羽化中のサラサヤンマでした。(個体⑨♂)
a0122264_10490500.jpg
a0122264_10491245.jpg
▲ 個体⑨♂です。 (11:10)
ちょうど翅をブルブルし始めている時でした。飛んでしまう前でラッキーでした。

と言うことで、実質3時間45分で、Oさんと一緒に探せたこともあり、♂5、♀4の計9個体のサラサヤンマの羽化に出会うことが出来ました。
どの個体も飛び立つ瞬間を観たかったのですが、一部を除き、足場の悪い湿地の中に点在していて、一巡して来ると飛んだ後だったりと中々でしたが、泥だらけになりながらも、楽しく貴重な体験をすることが出来ました。
なお、湿地の中央付近にあったサクラバハンノキの根元の、直径1.5mほどの所には、羽化中が4個体(④⑤⑥⑦)と羽化殻が2個ありました。
また、上記サクラバハンノキの根元から3mほどの株立ちした大径木の間と(③)、2.5mほどの草地(⑧)に羽化中の個体がいて、他は7~15mほど離れていたことなどから、このハンノキの根元付近の落ち葉の下などでヤゴたちが越冬していた可能性があります。
これまで、友人のHさんは何度かヤゴを見つけてますが、サラサヤンマのヤゴは見つけ難いとのことで有名です。
この秋から来春にかけて、今回のサクラバハンノキの根元のような所をガサ入れすれば、ヤゴがたくさん見つかるかも知れません。
とは、言うものの、自然界は不思議が一杯ですから、そう簡単に見つからないと思います。
だからこそ、見つけた時の感動があるのですが…
この冬にでも、越冬トンボを探しながらトライしてみたいです。

a0122264_15252789.jpg
▲ 手前中央のサクラバハンノキの根元に集中して羽化個体やや羽化殻がありました。

おまけです。
a0122264_15271839.jpg
▲ ニホンノウサギの糞です。 数か所にあり、まだ、柔らかいものもありました。

 生活様式の変化や農業の近代化に伴い、堆肥が化学肥料にとって代わり、農耕用の牛や馬が耕運機などに代わり、茅葺き屋根も激減し、薪炭は石油や電気に代わったことで、人間が里山と関わることがなくなり、草地も激減しています。
草地を頼りにして来たノウサギたちは天敵のキツネが減っているにも関わらず、その数を減らしています。
たくさんのトンボが舞い、いろんな生きものが生息出来、安心して世代交代出来る環境を、何とか後世に残したいものです。
休耕田に限らず、森林なども、放置しておくと荒廃し、自然の遷移が進み、かつての里山のような、水辺もあり、明るく多様性に富み、景観的にも世界に誇れる日本の里山は、消えて行きます。
ぜひ、生きものがたくさん棲めて人間にも安らぎを与えてくれる里山を残したいと思います。
キーワードは、楽しむだけでなく、町の人も汗を流すことの様に感じています。
それと、ご飯を食べましょう。
そうしないと、コメ余りや、米価の下落で、コメ作りと共に生きて来たトンボたちは、遠からずジリ貧です。
 何とかしなくてはと、「カエルの分校」を友人たちとやって来ましたが、山間部の農家と同じで、高齢化、担い手不足、イノシシとの格闘で四苦八苦しています。
放置田や休耕田は各地で増えていますから、全国のトンボ屋さん、仲間を誘ってトンボが棲める水辺に再生しましょう。
ちなみに耕作を止めたかつての田んぼを水辺として再生した「カエル谷」では、これまで飛来種を含めて62種のトンボが確認されています。











by tombo-crazy | 2015-04-28 20:20 | トンボ見て歩記 | Comments(0)