タグ:ハグロトンボ ( 3 ) タグの人気記事

今日のカエル谷

2018年9月3日 晴れ 気温 27℃~29.2℃ (9:50~13:06)

 台風の後片付けで、Sさんと、カエル谷へ入りました。

 車道もそうでしたが、車を降りてカエル谷へ向かう道の上も、台風で落ちた枝や木の葉で一杯でしたが、
昨年の台風のときのように倒れている木はなく、小屋も、物置も無事でした。
ただ、雨量はあったようで、草地に水が流れた跡や、どの取水地も土砂で流れが変わったり、パイプが詰まっていました。
a0122264_19203242.jpg
a0122264_19253159.jpg
a0122264_19272718.jpg
 
 一通り処置を済ませて、Sさんは用事があり帰りましたが、
私は、先日のベニイトトンボを探したり、トンボを観て過ごしました。

 畔から見た範囲では、ベニイトトンボは見つかりませんでした。

 お昼頃、小池にヤブヤンマ♂が1頭入り、止りましたので、写真をとっていると、
更に2頭入って来ましたが、
1頭は沢の上に止ったものの、直ぐに逃げられ、もう1頭は、林の中へ消えました。
a0122264_19365417.jpg
a0122264_19372074.jpg
a0122264_19372812.jpg
a0122264_19363032.jpg
↑ ヤブヤンマの♂たちです。 (12:05~12:15)

ご飯をたべているとき、オニヤンマの♂が近くに来て、止ってくれました。
a0122264_19401521.jpg
↑ オニヤンマです。
a0122264_19490253.jpg
a0122264_19484334.jpg
a0122264_19483823.jpg
↑ マユタテアカネです。
a0122264_19504320.jpg
↑ ハグロトンボです。
a0122264_19512295.jpg
a0122264_19522265.jpg
↑ モノサシトンボとミズオオバコの花です。





今日のおまけです。

a0122264_19593515.jpg
↑ オオカマキリです。
林へ入ったヤブヤンマを眼で追っているとき、
飛んでいて軟着陸したので、行ってみると枝に止まっていました。
a0122264_20104230.jpg
↑ ニホンカナヘビです。
a0122264_20150817.jpg
↑ サワギキョウの蜜を吸いに来たキタキチョウです。

a0122264_20183965.jpg
a0122264_20190984.jpg
↑ 朝、玄関を出て、車に乗ろうとした時、目の前を横切ったイトトンボがいました。
アジアイトトンボの♀でした。
庭の池で生まれたトンボのようです。





 





by tombo-crazy | 2018-09-05 20:21 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

ふるさとのトンボ

2018年9月3日 曇り時々雨 気温24℃(7:10)

 法事のため、新幹線を乗り継ぎ、久々に帰省しました。
一泊だけでしたので、ゆっくり観察とは行きませんでしたが、
朝食前の時間を使い、子どもの頃に遊んだ池へ行ってみました。

a0122264_05244962.jpg
a0122264_05251286.jpg
↑ 温泉宿から10分ほど歩き、振り返ったところです。

朝日が城山の影から昇り始めていました。
霧が掛っていて良かったです。
小学校は城山の登り口にありました。






 その① 四角池  (正式名は不明ですが、子どもたちはそう呼んでました。)

a0122264_16063418.jpg
↑ 水質の変化なのか、今年の暑さのためなのか判りませんが、
ウキクサで開放水面が消えていた四角池。
家からは、バスが通る坂道を25分ほど歩くと着ける所でした。

(参考) 
当時のバスは、車掌さんのいるボンネットバスでした。
時代が変わり、車社会となった今は、バスは走っていません。
a0122264_17242856.jpg
↑ 四角池近くの貝山集落です。
左手には、かつて分校がありました。
a0122264_17253711.jpg
↑ 子供の頃に見た蔵と物置ですが、どちらも2011年の震災のためか、傾いていました。



 すぐ傍を磐越自動車道が通るなど、すっかり景色が変わっていましたが、
子どもの頃の記憶を頼りに、辿りつけました。
宿からは15分ほどで着きました。

 当時の池は、町の新聞店の管理で、フナやコイがたくさんいたのですが、
小学生だった私たちは、捕獲禁止の看板を横目に、内緒で釣っていました。
たまに、おじいさんが見周りに来ることがあったのですが、
田んぼの中だったので見通しが良く、早くおじいさんに気づき、逃げたものです。
それに、子どもの足のほうが早かったので、背中にどなり声だけを聞いただけでした。
 普通の子とは思ってましたが、けっして良い子ではなかったですね。

 池の周囲の小川には、小ブナやドジョウなどがたくさんいて、「ざっこ」と言ってた網で、小魚などを捕って遊びました。

  注) 「ざっこ」は雑魚を捕る網の意と思われます。
    全国的には、「押し網」とか「さで網」と言われているようです。
    当時の釣り具店では「ざっこ」と書かれていました。

 当時は、ざっこの中に入ったゲンゴロウやヤゴは戻し、フナなどは持ち帰りましたが、
タガメが入ると、足で踏みつけ、捨てていました。
なぜかと言うと、フナやドジョウやカエルを殺すことを知っていたからです。
当時は、タガメが絶滅危惧種になってしまうなどとは、夢にも思いませんでした。
と言うか、絶滅危惧種なんて言葉も聞いたことがありませんでした。
無理もありません。農薬もほとんど使われず、圃場整備もされてなかった60数年前のお話です。

 「ざっこ」の使い方は、小川の中に入って、網で獲物を追うのではなく、
網を岸辺の草むらの根もと付近に固定し、底辺部は川底に付けた状態で、
下流側から、足を使って、網の中に獲物を追い込むやり方でした。
草の根もとに隠れていた、魚や水生昆虫たちが、面白いように捕れました。


 かっての小川も消え、暗渠と、コンクリートの三面張りになっていましたから、
今も、タガメがいるかは?でしたが、
水はきれいで、小魚やオニヤンマがいました。

 この池では、苦い思い出もあります。

 冬のことです。
 いつもの遊び仲間と、雪道をのろのろ走るトラックの後にロープを結びつけさせてもらい、
坂道を上がり、帰りは、手づくりのスキーで滑って来る遊びをしていた時、
池に氷が張っているはずだから、滑りに行こうと四角池まで行きました。
雪で、真っ白になった景色の中に、凍りついた四角池がありました。
 スケートは、ありませんが、すり減った長靴で滑らして遊ぶのです。
スキーとは別の感触があるので、楽しく遊んでいたのですが、
池の真ん中あたりへ行ってたミーちゃんが、バリバリと言う氷の割れる音と共に、
池の中へ落ちてしまったのです。
 小さな池でしたが、真ん中辺は深さがありましたから、
暫くもがいていたミーちゃんが、氷の下に入ってしまい、見えなくなって、さすがにびっくりでした。

 田んぼの周囲にあった、はざ掛け用の竹ざおを持って来て、消えた辺りに突っ込み、
運よくミーちゃんが、竹ざおを掴んでくれたので、4人で力を合わせ、
無事助けだすことが出来たのですが、真冬にずぶ濡れになってしまい、
みんなでミーちゃんを家まで送り、お母さんに、池に落ちて濡れたことを話し、謝ると、
「助けてくれて、ありがとね。…」と、
お礼に飴玉を頂いたまでは良かったのですが、
翌日、学校で、先生からしっかり叱られました。
ミーちゃんが死なないで、本当に良かったです。
もしも、死んでいたら、とても四角池へは行けません。
当然ですよね。
 いろいろあった思い出の四角池です。






  その② 大池

 四角池より、バス道を更に奥へ向かい、左手の谷間へ入った大池です。
家からは、40分位でした。
 すり鉢池とも言われていて、時々、犠牲者が出ていたので、「大池は気をつけろ!」と言われていましたが、
釣り禁止でなかったことや、水がきれいだったこと、景色が良かったこと、
それに、フナがたくさんいて、イモリやゲンゴロウもいたので、お気に入りの池でした。
だから、一人でも、たびたび行ってました。

a0122264_17354391.jpg
↑ 右手上の堤がある所が大池です。
左手を歩いて大池を目指しました。
道筋には、数種類の赤とんぼがいました。
a0122264_17355740.jpg
↑ 左手上に、大池の堤が見えます。
a0122264_17364588.jpg
a0122264_17373920.jpg
a0122264_18544289.jpg
↑ 石をくり抜いて造られていた水位調整用の縦樋です。
大池は江戸時代に造られたとのことでした。
a0122264_17372483.jpg
↑ なつかしの大池です。
ただ、ウキクサで水面は見えませんでした。
子どもの頃は、こんなことはなかったのですが…。
周囲の林はキノコの宝庫でした。

周囲では、草花や、秋の木の実、トンボなどが観れて、うれしかったです。

a0122264_17513650.jpg
a0122264_17515763.jpg
a0122264_17514565.jpg
↑ ノシメトンボです。
a0122264_17521255.jpg
↑ マイコアカネもいました。
a0122264_17523666.jpg
a0122264_17524816.jpg
↑ マユタテアカネです。

今回は、法事のための帰省でしたから、一眼レフは持って行かず、
全てコンデジのオートフォーカスで撮りました。
トンボにピントが中々合ってくれず、困りました。

イネの上には、真っ赤になったアキアカネやナツアカネ、マイコアカネなども止っていたのですが、
撮ることが出来ませんでした。
トンボの撮影はマニュアルモードですね。


a0122264_17443595.jpg
↑ ツリガネニンジン(キキョウ科)です。
a0122264_17444850.jpg
↑ ツルボ(キジカクシ科)の花とアマガエルです。
a0122264_17450152.jpg
↑ ノコンギク(キク科)です。
a0122264_19184327.jpg
↑ ワレモコウ(バラ科)です。
a0122264_17481739.jpg
↑ キキョウ(キキョウ科)です。
a0122264_17452178.jpg
↑ 花は終わっていましたが、オカトラノオ(サクラソウ科)の群生です。
a0122264_17453020.jpg
↑ 1輪だけ花が咲いてたウツボグサ(シソ科)です。
a0122264_17455089.jpg
↑ ノブドウ(ブドウ科)の実です。
a0122264_17461589.jpg
↑ 色づき始めていたガマズミ(スイカズラ科)です。
a0122264_17464523.jpg
↑ シバグリ(ブナ科)です。
a0122264_17482730.jpg
↑ ヤマボウシ(ミズキ科)の実です。
a0122264_17463236.jpg
↑ ヤマナシ(バラ科)の実が落ちていました。
子どもの頃は、かじって味わいました。
長十郎の芯のような味がしましたが、美味しく感じました。


5時少し前から、朝露の中を歩いたため、靴やズボンの裾が濡れましたが、
久々のふるさとの自然に触れることが出来、うれしかったです。






朝食後

a0122264_19293648.jpg
↑ 兄の家の庭先にいたノシメトンボです。

オニヤンマもちらっと見ました。







通学路の川 (桜川)

かつての我が家から小学校へ行く道筋には、桜川と言う小さな川があります。
名前も良く、ちょっとした小滝などもあり、川沿いの古い街並みと共に、
学校の往き帰りに楽しめた川でしたが、
町中を流れていることもあり、生活排水が流れ込み、
そんなにきれいな川ではありませんでした。
その上、一部の心ない大人(本人はそう感じてなかったと思いますが。)が、
大雨で、川が増水すると、ゴミなどを平気で流すのでした。

「水に流す」という言葉は、こんな日本人の風習から来ているのかと、
小学校の高学年になった私は、さみしく感じたものでした。

ところが、以前と比べ、とてもきれいになっていました。
それで、お寺へ真っ直ぐ行かず、寄り道したら、うれしいことが、ありました。
町の人たちが、行政による洪水対策のための桜川の改修に合わせ、
浄化に取んでいるとのことで、
水がきれいになり、川魚やハグロトンボなどを観ることが出来たことです。

今回の帰省で、一番うれしかったことです。

a0122264_19390430.jpg
a0122264_19395291.jpg
a0122264_19400960.jpg
a0122264_19393012.jpg
↑ 桜川と界隈です。

左手奥の大神宮のある山の下に、我が家がありました。
今は、長男の家が建っています。
小学校へは、川の右岸を歩いて行くのですが、
時々、山越えなどをして道草をして帰りました。

女性で初めてエベレストに登った淳子さんの家は、上の写真の辺りにあり、
活版印刷屋さんで、ガッチャンガチャガチャの音がしてました。
お父さんは、サイドカー付きのハーレーに乗っていて、
ゴーグルを着けて走る姿はかっこよく、乗せてもらったことがあります。
淳子さんはお父さんの血を引いたと思われます。
印刷屋さんの眼の前には、不動山があり、僕らの遊び場でした。
a0122264_06251793.jpg
↑ 不動山の登り口です。

山の下の川べりには、「三道館」と呼んでいた武道場があり、
学校帰りには、恰幅の良いおじいさんたちが羽織袴で弓を射るのを観てました。
僕も剣道や柔道、弓道を楽しみました。





お寺 ( 臨済宗妙心寺派 恵日山 福聚寺 )

a0122264_06435244.jpg
a0122264_06461024.jpg
a0122264_06451812.jpg
a0122264_06453057.jpg
a0122264_06455132.jpg
a0122264_06445303.jpg


法事は11時からでした。
一連の法要が済み、庫裡での精進料理の会食までの間に、
お寺の池を見せて頂きました。

お寺は、3年ほど前から大改修中で、池のある裏庭も立ち入り禁止になっていたのですが、
特別に、ご案内頂きました。

拝見したかった理由は二つです。
一つは、ため池の研究者としての立場と、
8月の中日新聞に載っていた住職でもある玄侑宗久さんの連載エッセー「うゐの奥山」第74回に、
「池さらい」で、この池が載っていたので、興味があったのです。

a0122264_20311462.jpg
a0122264_20312562.jpg
a0122264_20313823.jpg
↑ お寺の池です。

エッセイに書いてあったように、ヘドロが取り除かれ、とてもきれいになっていて、
マユタテアカネなどが止っていました。
お庫裡さんのお話では、コシアキトンボもいるようですが、
雨が降っていたためか、姿がありませんでした。


周囲は山で、水草などもありますから、トンボにとっては中々の生態系です。
お庫裡さんは、ホタルを復活させたいと考えられてました。
池の周りの環境と、池には貝(タニシにカワニナ)がいますから、
ヘイケボタルなら可能性があります。

ただ、将来的に危惧するのは、コイが放流されることです。
コイは大食漢の上、悪喰で、特に貝が好物ですから、
ヤゴは勿論、ホタルのエサとなる貝も食べてしまいます。
その上、泥と一緒に吸い込みながら食べますから、
たくさん食べた分、排出し、水は濁り、ヘドロが溜まります。

お庫裡さんは、コイは入れたくないので、説得してと言ってられましたが、
宗久さんの顔には、コイもいいのでは…との意が汲み取れました。

お二人で、時間をかけてお決めください。

a0122264_20502351.jpg
↑ 山門横に止まっていたノシメトンボです。
a0122264_06432149.jpg
↑ お寺さんへの道沿いにあった手押しポンプの井戸です。
震災の時は、大活躍したようですが、放射能のことがあったので、
飲むことは出来なかったようです。








ちなみに、福聚寺の敷地内には、たくさんのしだれ桜があり、
桜のお寺としても、いいところです。
見ごろは4月半ばから20日頃でしょうか。



数年後、また、寄らせて頂きますね。






















by tombo-crazy | 2018-09-04 20:51 | つれづれ感じるままに | Comments(0)

ついでのトンボ見

  2016年7月23日(土)うすぐもり 気温30℃(14:15)

  先日、長久手の帰りに某地へ寄ったら、道がどこにあるか判らないくらい草が茂っていたので、草を刈りに行き、
  ついでに、車で10分ほどの隣町の河川を覗いて来ました。この河川は1年ぶりです。
  tomboさんの最新情報では、夜7時頃になると、たくさんのコシボソヤンマが摂食飛翔で乱舞しているようですが、
  明日が早いので、コシボソヤンマ目的ではありません。川の様子を覗きに来ただけでしたが…。
a0122264_04113531.jpg
a0122264_04115459.jpg
a0122264_04122572.jpg
↑ 昨年とさほど環境の変化は、さほどありませんでしたが、コシボソヤンマの産卵基質が減っていました。
a0122264_04163576.jpg
a0122264_04165845.jpg
a0122264_04172908.jpg
↑ ハグロトンボが増え始めていて、捕食者も通っているようで、あちこちに翅が落ちていました。
a0122264_04194433.jpg
↑ 捕食者のひとつコオニヤンマです。むしゃむしゃ食べる音が聞こえました。
a0122264_04214858.jpg
↑ 1頭だけでしたがオナガサナエ♂もいました。彼らも捕食者なのかも知れません。
a0122264_04234285.jpg
a0122264_04243390.jpg
↑ 停まっているウスバキトンボも観ることが出来ました。
a0122264_04290436.jpg
↑ 帰り際、何気なく堰近くの木々に目をやると、ヤンマが停まっていました。
夜、tomboさんに見て頂くと、コシボソヤンマの♀とのことでした。ラッキーでした。
ただ、側面から見ると以外に寸胴で、コシボソのイメージはありませんでした。


草刈りと移動時間も入れて、4時間ほどの、ついでのトンボ見でしたが、まあまあの成果でした。





by tombo-crazy | 2016-07-23 22:00 | トンボ見て歩記 | Comments(0)