タグ:ヒメクロサナエ ( 5 ) タグの人気記事

今日も渓流へ

  2019年5月12日(日)晴れ

 今日は、静岡のトンボ友Fさんと渓流に入りました。
 Fさんは、昨年、八重山を案内してくれた人です。
 自宅から90Kmの道を来てくれました。

 

 ポイント①

a0122264_17335037.jpg
a0122264_17123181.jpg
a0122264_17114793.jpg
a0122264_17034603.jpg
a0122264_17035959.jpg
↑ 車からすぐの所で見つけたクロサナエと思える羽化個体です。

a0122264_17132988.jpg
a0122264_17134417.jpg
↑ 定位しようとしているヤゴがいました。
a0122264_17142454.jpg
a0122264_17192403.jpg
↑ 他を見て、戻ると、右の方に移動してましたが、
5分ほど経って戻ると、???消えてました。
観察してれば良かったですが、タラレバでした。

a0122264_17063751.jpg
a0122264_17064556.jpg
a0122264_17223361.jpg
↑ 羽化殻もいくつかありました。


  ポイント②

a0122264_17340447.jpg
a0122264_17231594.jpg
↑ ヒメクロサナエの羽化殻です。

a0122264_17242406.jpg
a0122264_17252444.jpg
a0122264_17271130.jpg
a0122264_17244715.jpg
↑ 羽化中のヒメクロサナエです。

a0122264_17353737.jpg
↑ ムカシトンボの深雌飛翔です。

♀は、3度見たのですが、コケなどでほんの少し産卵をしただけで、
上流に行ってしまいました。


数は、少なかったですが、目的のトンボが観れて良かったと話すFさんでした。









by tombo-crazy | 2019-05-12 21:41 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ムカシトンボが産卵してました。

  2019年5月10日(金)晴れ 気温19℃(12:30)

 サナエ類の羽化状況確認で、渓流へ行って来ました。
途中立ち寄ったA川では、羽化中のヒメクロサナエらしい個体を2つ見つけましたが、
飛び立つところまで観ていては、目的としていた川の羽化が終ってしまうと考え、
10分ほどで、更に奥の、目的地にしていたT川へ移動しました。
が、T川では1時間半ほど探したのですが、羽化殻をひとつ見つけただけで、
サナエトンボも、ムカシトンボも姿がなく、空振りで、
昼飯を食べて帰ろうと思ったのですが、
A川の羽化が終ってない可能性があったので、再びA川へ行きましたが、
すでに飛び立った後でした。

 しかしです。早く戻って正解でした。
昼飯を食べていたら、目の前のオタカラコウで、ムカシトンボが産卵していたのです。
今シーズン初めてです。
私が入る前から産卵していたようで、ゆっくり観察出来ました。
a0122264_20205128.jpg
↑ サナエ類の羽化殻です。
a0122264_19195217.jpg
a0122264_19201981.jpg
↑ ヒメクロサナエらしい羽化個体2つ (A川にて9:45~10:03)
a0122264_20182757.jpg
a0122264_20184858.jpg
↑ 羽化個体の近くにいたサワガニ

a0122264_20260482.jpg
a0122264_20231873.jpg

a0122264_20261499.jpg
a0122264_20231873.jpg
a0122264_20225769.jpg
a0122264_20224220.jpg
↑ ムカシトンボの産卵です。(A川 13:05~13:28)
a0122264_20314190.jpg
↑ ムカシトンボの産卵環境です。
椅子に座って弁当を食べていたら、目の前のオタカラコウで産卵してました。
車にカメラを取りに行き、無事撮影。











by tombo-crazy | 2019-05-10 20:50 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ムカシトンボの産卵を観に

2017年5月21日(日) 晴れ


今日は、歩さんとムカシトンボの産卵を観に行って来ました。
途中、今後のために、二つのポイントを覗いて行きました。


その① O川の堰周辺

穴場の川で、これまでアオサナエ、オナガサナエ、ダビドサナエなどのサナエを観ています。
今日は、ダビドサナエがいました。
a0122264_15280602.jpg
↑ ダビドサナエの♀です。


その② N川

初めて覗いたポイントでしたが、車から降りてすぐに産卵中のムカシトンボを見つけることが出来ました。
見つけたのは、歩さんです。
a0122264_15465428.jpg
↑ 写真中央やや奥、倒木の左手、オタカラコウのある辺りにムカシトンボがいました。
a0122264_15461712.jpg
↑ 産卵ポイントです。
倒木は、写真を撮る前に、鋸で切って片付けました。

a0122264_15364676.jpg

a0122264_15371529.jpg
a0122264_15384364.jpg
a0122264_15440915.jpg
 


その③ T川  気温21~22℃ (13:40~15時)

今日の本命のこの川は、例年来ていますが、ケガをしたので、今シーズンは初めてでした。
産卵基質となるオタカラコウやジャゴケなどのある、水が少量浸み出ているような所を数ヶ見て回り、
探雌飛翔の♂や、産卵を確認することが出来ました。

a0122264_15534213.jpg
a0122264_15543231.jpg
a0122264_16022763.jpg
a0122264_16025773.jpg
a0122264_16044822.jpg
a0122264_16052883.jpg
↑ 全身に水しぶきを浴びながら、身体を上下にしながら一生懸命産卵するムカシトンボです。
a0122264_16035524.jpg
↑ 探雌飛翔するムカシトンボ♂です。

a0122264_16072217.jpg
↑ ヒメクロサナエの♀もいました。



ケガが完治してなく、山間部と言うことで、家まで迎えに来てくれ、ザックも担いでくれた歩みさんに、感謝感謝の1日でした。
ありがとうございました。









by tombo-crazy | 2017-05-21 22:44 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

久しぶりの渓流

  2016年6月6日(月)うす曇り 気温19℃(11:30)

  梅雨に入り2日目ですが、雨が降らないようなので、トンボ見に出かけました。
  目的地はT渓谷です。
  現地へは11時に着き、30分ほど林道を歩き、目的の源流域のスポットへ入りました。
  覚悟はしていましたが、40分ほど待っても、たまにアサヒナカワトンボが姿を見せるだけでした。
  こんなときの心理は、釣れないときの魚釣りに似て微妙です。
  後、30分ほど待っても目指すサナエが出なかったら帰ろうと決めて、パンを食べながら待ちました。
  すると15分ほど経ったとき、目の前に、それらしいトンボが出て来ました。
  間違いありません。今シーズン初のヒメクロサナエです。
  神様は考えてくださっているようです。
a0122264_19393023.jpg
↑ 最初に現れたヒメクロサナエ♂ (12:26)
a0122264_19383127.jpg
↑ 一度飛んで戻って来たヒメクロサナエ♂ (12:29)
a0122264_19371573.jpg
↑ 別個体と思われるヒメクロサナエ♂ (12:48)



  更に30分ほど待ちましたが♀が来る気配がないので、ミヤマカワトンボ狙いで下流へ移動し、
  やはり今シーズン初めての♂、♀を観ることが出来ました。
a0122264_19375928.jpg
a0122264_20274009.jpg
↑ ミヤマカワトンボの♂です。
a0122264_20292455.jpg
↑ ミヤマカワトンボの♀です。


  ミヤマカワトンボは、まだ数が僅かでした。






 

by tombo-crazy | 2016-06-06 22:35 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

平地と山地でトンボを観る

2015年5月20日(水)晴れ その②


ムカシトンボのポイントへは12時半頃着きましたが、♂も♀も中々姿が見れず、持久戦になりそうでしたので、オタカラコウなどを観察しながら♀が入るのを待ちました。
13:51です。♀が入り、わき目も振らず、左奥のオタカラコウへ入り、産卵を始めました。
幸い♂はいません。
とても健気な♀で、ふらふらになりながらも、ちょっと休憩を入れては、30分ほど長い産卵をしてくれたのには感動しました。
a0122264_22053330.jpg
a0122264_22054880.jpg
▲ オタカラコウの茎に産卵するムカシトンボです。
a0122264_22063484.jpg
a0122264_09490860.jpg
▲ 茎だけでなく、葉の表や裏にも丹念に産卵する個体で、葉に産卵するのは初めて観ました。
a0122264_10180786.jpg
a0122264_10184474.jpg
▲ さらに驚いたことは、僅かばかりコケの着いてた小石の上に産卵していたのです。
a0122264_22374478.jpg
a0122264_09524686.jpg
▲ 時間を掛けて、いろんな所に丹念に産卵する健気な個体でした。

a0122264_09332090.jpg

▲ 最後は力尽きたのか、石の上で暫く休み、やっとのことで飛んで行きました。
それにしても健気な個体でした。 お疲れ様でした。 (14:21)

a0122264_09534183.jpg
a0122264_09533558.jpg
▲ 近くで咲いていたヤブデマリ(スイカズラ科)です。

時間があったので、モリアオガエルの産卵地へ寄り道をしました。
オタカラコウが群生してましたが、産卵痕はありませんでした。
でも、帰ろうとしたとき思わぬトンボに出会えました。ヒメクロサナエの♀です。
a0122264_10022602.jpg
a0122264_10035665.jpg
a0122264_10144526.jpg
a0122264_10040268.jpg










by tombo-crazy | 2015-05-20 21:48 | トンボ見て歩記 | Comments(0)